福岡だいの動画と、同人誌の販売

同人誌 動画 プログラム 情報処理 アート グラフィックス 有償 2018年創業

VC講座 Cプログラミング入門 N88Basic←→C++ 翻訳

2022-05-11 00:31:59 | 日記
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>



<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY>

Cを翻訳するにあたって、注意点や、互換点をBasicに比較します。Basicは、CommonGateWayInterfaceほど難しいプログラミングですが、初心者向けに作られているべーシックは、頭文字の意味は、ビギナーのBであり、まず初めにプログラミングを教習するのに、学校などの支援もあり、捕捉されます。Cからは、本格的なアプリケーションプログラミングインターフェイスをもち、専門学校以上で教習できます。
Translate of C hit Tips with Point Decision After Compare Basic, Basic Diffence of Common Gate Way Interface(CGI NetWork Programming) Equivalent Level It,Make on Biginner's Edition Basic is Prefix of B mean is by Easy with Biginner's,First Plan Learn Program Starter Support School Use Target It,C Bigin Expart have API with Proffesional School Over Learn C .

一方向の評価
C
if(D==0){D=1};
Basic
IF D=0 Then D=1
表記の注意点は、Cは、等価評価することに、==と2文字使うほか、ステートメントにあたるifに条件枠を数括弧”()”つかい、中括弧”{}”の中には、条件が成立した場合、書かれたコードを実行します。ここでは、変数”D”が”0”と等価の場合、変数”D”に”1”を代入しています。最後の区切りは、Cは何時も”;”セミコロンを使い、セミコロンで区切ってあれば、2行を1行にセミコロン2つを1行で表記できます。
This wrote Statement Funcion Appointment is C is Equivalent by "==" Dublue Equal Symbol use else hit Statement "if" at Terms Trim Border of "()" use After Middle Class Border "{}" to Contein Complate Terms in Case,Wrote Program Code on Execute, This Section "D" Variable by Equivalent "0" in Case "D" Variable In put "1", Last Divition is C by SemiCoron ";" Carrige and 1 Line Addition Program Code Can Wrote It .



二方向の評価
C
if(D==1){D=0} else {D=1}:
Basic
IF D=1 Then D=0 ELSE D=1
これは、2巡すれば、変数”D”は、”0”になります。この構文は、変数”D”が”1”の時、変数”D”を”0”に初期化します。二方向評価するにあたり、このコードは、1以下1以上で変数”D”を”1”とします。構文をセミコロンで区切ります。
This is 2 come round by "D" Variable Equivalent Value is "0" Result, This Word is "D" Variable is Then "D" Variable Bigin Setting of "0", Hit 2 Way Decision less than with more than by "D" Variable "1" Value,This String word is Shut SemiCoron .

多方向の評価
C
if(D==0){D=1} else if(D==1){D=0} else {D=1};
Basic
IF D=0 Then D=1 Else IF D=1 THen D=0 Else D=1
3段階の評価は、値”0”と”1”だけです。値が”0”の時、変数”D”を”1”とし、”D”が”1”であれば”0”に反転します、もし、値”0”と”1”以外が代入に値したときは、”0”と”1”以外の場合、変数”D”を”1”に設定後、2巡から、2方向の評価となります。
3 Way Decision is Value "0" and Value "1" Only, Then Value by "0" to "D" Variable Reply "1" Vakye,Then Value by "1" to "0" Reversed,IF Case is Out Of Value with not "0" or "1" to "D" Variable Set Value "1" After Repeat Count 1 ForWard Run 2 Count After 2 Way Decision .


繰り返し
C
int D=9;while (D>=0){D--};
Basic
LET D=9:WHILE(D>=0):D=D-1:WEND
関数のintとLETの違いに注目してください。Cは、プロトタイプ宣言を必要としており、明確なキャストで有っても、型変換はできません。よって、数字型のintに数字変数”D”に”9”から始まり、関数”while”と”WHILE”の大文字と小文字は区別されるケースセンシティブを採用しています。”while”関数により、”D”が”0”と等価かそれ以上の時繰り返し、ベーシックは、同じ様に見えても、違う点は、コロンとセミコロンの使い方に注意してください。ベーシックは、必ず、”WEND”で折り返し点を確認していますが、Cは、関数”WEND”がありませんが、”{}”によって中身を実行すると、Dをデクリメントするにあたり、ここもベーシックと表記の違いを注意してください。Cは、”D--”と、することで、べーシックの表記では、”D=D-1”としなければなりません。
This Compare Function "int" and "LET" Defficult Pointment Attention,C by Declaration Need It,Exactness have by Cast No Exchange,Therefore Number Value of "int" Bigin "D" Variable Start"9" Repeat "-1" Value Morethan Between Statement Function "while" by Capital Letter size Compare Reverse Capital Letter size Each Difficult Adoption "CaseSencitive",Basic is Look at Something by Difficult "coron" and "SemiCoron" Attention use It,Basic must Repeat End at Need Carrige "WEND" System Check Compare C Nothing "WEND" Function by Turn Point,Middle Quart "{}" in Execute After "D" Variable Value Hit Decrement,This Location by Attention Compare Basic and C Difficult,C is "D--" Equivalent Basic must "D=D-1" .

繰り返し2
C
for(int D=9;D>=0;D--){TextOut(hdc,0,0,D,1);D--;}
Basic
FOR D=9 TO 0 Step -1:LOCATION 0,0:PRINT D:NEXT
今度は、少し高度なCの繰り返しに挑戦してみました。”int”を”for”の内部で宣言され、変数"D”が”0”以上の間、変数”D”は、一づつ数を減らし”0”の値の後止まります。”{}”の中のコードは、Cの”TextOut”は、ベーシックの”PRINT”に相当するものです、”TextOut”にて、Dの値をカウントダウンします。ベーシックで、デクリメントを行うにあたり、”STEP"パラメーターを”-1”は、1づつ設定しなければなりません。
This Round is Any High Repeat by C Challenged,Declaration Private Internal Satement Function from "for" in "int" Function Declaration "D" Variable,"D" Variable MoreThan "0" Between by CountDown Result is LessThan "O" Stop, Middle Quate "{}" InSide Programming Code is Development Language "C" by "TextOut" Function is Equivalent Basic Language "PRINT" Function Value, Basic Declement Execute "Step" Parameter "-1" is must Each Setting .

繰り返し3
C
int D;do{TextOut(hdc,0,0,D,sizeof(D));}D++;while(D<10);
Basic
LET D:WHILE(D<10):LOCATION 0,0:PRINT D:D=D+1:WEND

こんどは、Cによる”do”に開始し、テキストアウト関数にて、ハンドル”hdc”と、変数”D”のバイト数を”sizeof”関数でデータ容量を量り、文字数と同じ文字の長さを指定しています。ベーシックは、”LOCATION”関数で”PRINT”の位置が動きません。今度は、Cが”while”で閉じている事が、”WEND”との違いです、変数”D”のインクリメントは必ず必要です。加算しないと、”for”関数と違い、無限ループに陥ります。
This Stage is Development Language by C and Begin "do" Start ForWard "TextOut" Function by with "hdc" HANDLE and Variable "D" Value Count of Byte by "sizeof" System Call Code,String Text Length SomeOne,Basic is "LOCATION" Function Show "PRINT" Function No Move It,This Round C is Close of "while" Function,This Thing Compare "WEND" Difficult, "D" Variable Need Inclinement, This "do" Difficlut "for" Statement Function and No Count Addition Value is Endless Loop .

配列と文字列
C
int IdNum[10] ; char Names[25] ; float Coordinate[100][11] ; char Comeon[30]="Yes Go" ;
Basic
DIM IDNUM(10):DIM NAMES$(25):DIM COORDINATE(100,11):DIM COMEON$(30):LET COMEON$(1)="Y":LET COMEON$(2)="e":LET COMEON$(3)="s":LET COMEON$(4)=" ":LET COMEON$(5)="G":LET COMEON$(6)="o"
Cとベーシックの違いは”char”が1字づつのカウントを”30”回数えるほか、合わせるためには、煩雑です。”COMEON$(1)=”Y” ”と出来るほか、ベーシックの配列変数は、文字数に制限がないので、”COMEON$(1)=”Yes Go””とすることもできます。”float”にて宣言されているのは、ベーシックの”DIM”関数に相当する、2次元配列です。これを”DIM”は、”(100,11)”とします。
C Development Language Difficult Basic to "char" by 1 Count to "30" Hit Count Else Combain Thing are Bad, "COMEON$(1)="Y" " Can It, Else Basic is Arregement Variable is Word Count No Count,This Thing is Can Difficult by "COMEON$(1)="Yes Go"" , Declaration "float" Function is Doublue Dimention Variable is Arregement, This is by "DIM" Equivalent "(100,11)" Decision .

クラスの定義
C Only
Class And_Day {Public: And_Day(int YY,int MM,int DD);void ShowDay;~And_Day;Private: int Year,Mounth,Day; }
”~”チルダにて、宣言後の自作関数を削除します。他のクラスに継承するためのパブリックが設けられています。パブリックは、引数を持つAnd_Day”クラスであり、YYとMMとDDで継承されます。”void”は実行型関数を意味し、”CONST”は、固定値で有る事を意味しています。一つ一つ宣言することもできますが、”int”型は、一つで一斉に定義できます。”int”型は、”Year,Mounth,Day”として宣言できますが、プライベートは、内部変数で使われるので、クラス内部で使われる値なので、他のクラスに干渉関係がありません。実行型の”void”と判定型の”BOOL”と、パラメーター型の”int”があります。主に引数を引かない”void”は、メンバ関数他を、メンバ変数と言います。”return”関数で戻り値を持ち実行後の結果を引数を返します。主に”void”は、戻り値の必要無いグラフィック制御等に使われています。
Destructer Type Tilder Declaration Behind Make My Function at Deleate,Other Class Inheritance by "Public:" Install,"Public:" is Pull Value of Parameter have Exist Class "And_Day", Variable "YY","MM","DD" in Inheritance to New Class,"void" is Execute Function Mean UnderStand,"const" is Fix Control Value Mean UnderStand,Many One Can Declartion Each Difficult,"int" Type Fuction is Can All in One Definition,"int" Type Function is Can Variable "Year","Mounth","Day" Value by Declartion Execute And Too,"Private:" Was Inside Used Class Value, Other Class Relation No Bridge,Execute Type "void" Type and Reverse and Reverse "BOOL" Type Value and "int" Type Exsistance, No Return Value "void" is Member Function and Other Class Factor Return Value with Member Variable,"return" Function have Return Value and Result Execute Pull Value,Mainning "void" by No Return Control Graphics Userful .

列挙型
C
enum coloring {"Red","Yellow","Green","Blue","Violet"};void main(){coloring Favorite; Farvorite="Violet"};
Basic
DIM COLORING$(5):LET COLORING$(1)="Red":LET COLORING$(2)="Yellow":LET COLORING$(3)="Green":LET COLORING$(4)="Blue":LET COLORING$(5)="Violet":FAVORITE$=COLORING$(5)
Basic
DIM COLORING$(1,1,1,1,1):LET COLORING$(1,0,0,0,0)="Red":LET COLORING$(0,1,0,0,0)="Yellow":LET COLORING$(0,0,1,0,0)="Green":LET COLORING$(0,0,0,1,0)="Blue":LET COLORING$(0,0,0,0,1)="Violet":LET FAVORITE$="COLORING$(0,0,0,0,1)

一個づつの定数で、深い配列が可能です。”enum”は、ベーシックで、”DIM”関数で、DIM A$(1,1,1,1,1)とすることもでき、一定の互換性があります。多次元配列を1までの定数として、複数列挙が可能ですが、本コードは、BasicとCの解釈は変わりません。ベーシックでも列挙はできますが、前のベーシックの方がスマートです。
Many one Can Fix Value with High Arragement,"enum" is Equivalent Baisc "DIM","DIM" Function Can "DIM A$(1,1,1,1,1)" Compatible, This Function Can Many Dimention Arragement Made List of Variable Value,This Code Program is Basic and C Development Language is No Change UnderStand,Basic "DIM" Function Can Made List of
Value,BackWard Basic by Smart .

ポインタデストラクタ
C
numOne=new int[10];
if (numOne)
{
delete [] numOne;
};
C
GetPointer() *numOne;
numOne = new GetPointer(1,2,3);
int i;
i=numOne->GetPointer();
numOne.delete
Basic
DIM NUMONE$(100):ERASE NUMONE$
最初のものは、動的に”int”型で10バイト確保し、”if”関数にて”numOne”が否定系でなければ、”elete”関数にて、取得バイト数にかかわらず、”numOne”を削除します。次のものは、ポインタを用いた例です、”numOne”のクラス”GetPointer”を呼び出し、”numOne”のポインタに置き換わります。また、動的に”numOne”に”GetPointer”が取得され、変数”i”を宣言し、”i”に、”numOne”は、”GetPointer”クラスにポインタします。最後に、デストラクタとして、”numOne”が削除されます。
Begin Thing Dynamic "int" Type Function by 10Byte Get It,"if" Statement Function by "numOne" No not at Delete No Much Arragement Value,Next Thing is Use Pointer Exsample,"numOne" Call Class "GetPointer()" and Replacement "numOne",


論理演算
C
if (!hwnd)
{
HWND hwnd;
};
C
BOOL Reversible;
if (Reversible==-1||Reversible==0)
{
Delete Reversible
};
Basic
IF NOT HWND=0 THEN HWND=1
Basic
IF REVERSIBLE=0 OR REVERSIBLE=1 THEN ERASE REVERSIBLE
論理否定は、”if”関数にて”hwnd”が空の時、”HWND”ハンドルを、”hwnd”にコピーします。論理和は、”BOOL”にて”0”と”-1”の何れかです。”BOOL”値がある場合”Delete”関数で削除されます。Basicのものは、”AND”と、”OR”を使います。

</BODY>
</HTML>


最新の画像もっと見る

コメントを投稿