福岡だいの動画と、同人誌の販売

同人誌 動画 プログラム 情報処理 アート グラフィックス 有償 2018年創業

日記 ハデスという愚か者の包囲網と強欲な野心 校正済み

2022-12-04 15:37:10 | 日記
幻聴で思った事その4
2023.01.06(Fri)
福岡大

ハーデス|ハデス|ビルゲイツ|裁判|独占|独占禁止法|反トラスト法|チーフサポートアドバイザー|マイクロソフト|プラットフォーム裁判|裁判所|アメリカ連邦地裁|ハデスの死刑


今日本日ハデスとビルゲイツ連盟が負けたが、ハデスを名乗ったバートという前世の酒井猛を許さない。わたくしは、紛争であるトラブルがあった事実を此処に記そうと思う。

現在時間2022年12月4日10時54分である。現在名Mr.Dai Fukuokaは、本日口頭弁論を終結しているが、民事訴訟法263条に基づく主文は発行していない。

わたくしは、ビルゲイツに開発言語を侵略しようと求めたバートというハデスを許さない。わたくしは、バートというのは吟遊詩人の名前であるが、呪歌という権利をディナールである神社から譲る権利を認めない。

わたくしは、前セントドラゴンプリーストであった八神のよしのかみであったものであるが、決して、同一番号の誕生日ばかり支援しようとする。八神は10月15日、ナナナは4月21日、レオは、4月20日、そしてわたくしは、7月26日である。

メリオダスが4月21日生まれで、エルのみがメリオダスの豚の帽子亭キッチンカーの権利を擁護したが、フランシズには野垂れ死にがあった。フランシズは、イージスの主権で7月26日であるが、友好は同一誕生内で結ぶべきである。

とはしても商業界は統一された権利下にあり、わたくしは後世の自分及び、ベンチャーである新興企業新興産業の犠牲に使われなければならない。

わたくしは、ルビーの誕生石、エル、メリオダス、ルシファー、ナナナ、小林桐は、ダイア誕生石である。

わたくしは金の熾天使ルシファーと、火の熾天使ケリーニテスアレイナの間で締結した士気と徳を得て、全ての女性霊を火の属性にできた。

岸田内閣は、確かにリーダーシップや、采配はある有能な内閣であるが、決して、安倍内閣とは別人である。安倍内閣が、19350万円の日進裁判課である東郷警察署株を買い付けて、行政学会の森友を擁護したにもかかわらず、

岸田は此れを、国葬に帰属するべき安倍内閣と提唱して、家庭裁判所連合を弾圧したと見た。家庭裁判所は、国葬の否かによって、民間が自由に葬儀する権利を奪い、安倍組織を排除して国葬など言語道断。

そして、ビルゲイツは、ウインドウズ11の創業者となったが、これはマイクロソフトの責任で在り、アルゴノミックスと、パネルディスカッションと、グラフィックデザインと、オフィスワーカーである営業格で、評論家の前権利でこれをチーフサポートアドバイザーである当人が、ITストラジストに就く、

しかしITストラジストは、一つの部門に複数就く事は認め得るが、決して、複数の部門に担当しては成らないほか、複数の会社組織に、同職である、ITストラジストをしては成らない。

わたくしは、一回の開発で後任のITストラジスト担わないので出来た。

そして、ハデスは、全の譲った魔法をトロフィーマジックとアタックで返却させ、全知全能の神ゼウスに勝てないようにして遣った。

ハデスが、要求した、ファラリスとの交渉や、岸田、ビルゲイツ、ゼロフスキー、バート同盟をハデス本人であるバートが申しでた。

更に、ゼロフスキー討伐や、敵対指名をおこなった相手方全てを許し得ない。

わたくしは、決闘を魔法でハデスに圧勝し、憑依及び意識を奪ってリモコンするハーデスの支配権を徐々に解いてゆき勝っていった。

バートにはドイツでは死刑執行確定や、射殺が決まったが、バートはドイツ反政府であるのだという。

ハデスは、全ての学習環境および死霊、魔法全てを失い悪魔以下で在り、神ではない。そもそも統一教会が、霊感道具を売るなどや、霊性や魔力を付与するなどフランシズのエッチャントマジックを肯定する等言語道断で在り、安倍内閣をフランス国内で養うよう保護した。

統一教会は神ではないから、霊感しないし、魔力が宿ることはない。わたくしは、魔法を始めたのは、Heである、第二番目の中性子の頃のビクトリーである勝利の女神で在り、その軌跡は貴金属および宝石を擁護した後、オガネソンである毒ガスに、中性子118で就いた。

わたくしは、元素時代から魔法で活動して、人の属に何も魔法も、憑依も霊感も、魔力も何もない、統一教会など無い。統一教会は韓国首位の教会であるが、統一教会は神ではないから、霊感が宿る道具などない。

酒井猛であったハデスのバートは、12億マナを吸精し、6億人の人口を、別の誕生日時代、これはダイアと、ルビーに課された死について、セントレイリアは、此れを吸精を拒否し、滅びの誓いを交わし、2000マナを上回るコスト50のフェアリードラゴンを手放し、リバースして追放して、タロットを再建しないよう、ハデスに利用させないようにした。

メリオダスと、レイリアにハデスは、各3億人ずつ盗んだが、全てのタロットに意識が芽生えた。わたくしがトロフィークリーチャーを設立して、攻撃したところハデスは、酒井猛時代に、6億人を返還したが、大昔、死に課していた、ハデスであったので、ロシアの住民の3割り3分がわたくしのカオスに応じ残りが死に応じたので、死をロシア兵に全員出ていくよう拒否した。しかし、3割り3分のわたくしの側である者の死は、中立に課せられ、産業に生き、戦死を避けて生きる試練に代えた判断をロシアはした。

決してハデスを許すに値しない。マイクロソフトのビルゲイツは、ウインドウズ11の創業者であったが、マイクロソフトがわたくしがバイオレスキュー開発時代の小林桐を経験し、ウインドウズのソフトの無いシェルを開発し、リカバリと、修復と、反撃を通信に行うためのファイヤーウオールをウインドウズ7で建てた。その後、ウインドウズ2000からファイヤーウオールは導入された。

わたくしは、此の裁判の論争について、ビルゲイツは狡猾な独占欲で開発を自己所有化しようとしたことを許さないので和解の申し出でも応じる必要はない、此の対応に、すなわちマイクロソフトを捨てる決定をしたが、マイクロソフトは取り消すよう言っている、利益は、ビルゲイツの創業に投資したウインドウズ11に利益が無くなった。更にわたくしが居なくなると桐がウインドウズ7からOSを創業しているのに、IBM のOEM時代のMS-DOSはビルゲイツは居なかったとIBMは証言しているほか。

IBMはPC-DOSを建設して、マイクロソフトがMS-DOSが出来ないよう勝てないようにした。そして、IBMは人間工学と、ウインドウをマイクロソフトウインドウズの権利だとしてレッドハッドリナックスを建て、ウインドウのOSを付けて対抗したが。

マイクロソフトウインドウズ及びマックOSは、元型をナナナのジーズスタッフキッドというソフトで導入していたが、第三者経緯者であるマイクロソフトのウインドウといったIBMが、マイクロソフトからウインドウを奪うと言ってOSの主導権を全面的に取得しようとしたほか、マイクロソフトのインターフェイスの権利ではない。

また、わたくしが居なくなると、マイクロソフトは破産覚悟であると言っており、ビルゲイツは創業者ではないと何処の主任も答える。ビルゲイツには、評論家のITの道は譲ってもシステムアーキテクトであるシステムエンジニアと、基本情報技術者であるプログラマーはお断りなので開発言語はやらせない。

これについて、MicrosoftWindowsC4.0について16ビットでポーランドCと競合しているウインドウズCをビルゲイツは3.1から始めさせたが、わたくしは、ウインドウプロシージャというウインドウ訴訟法という悪質なものを認識しないビジュアルCプライマーのラーニングエディっションをわたくしがやらせ、ウインドウプロシージャという違法なコンパイラを32ビットクラスプログラミングで叩き潰して再建できないようにした、わたくしは旧世代機であるとして助けてもらった。

コメント    この記事についてブログを書く
avchd726さんの出品
他の出品作品をマルシェルで見る
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« マルシェル 展示用 画像 ... | トップ | 日記 天国の戦争は楽園の死... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事