財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

マーメイド クロニクルズ 第二部再編集版 序章〜エピローグ バックナンバー

2017-03-31 00:00:01 | 私が作家・芸術家・芸人
語り部の財部剣人です。ついに第二部完結しました! 最後まで読んでいただいた方々、本当にご支援ありがとうございました。よろしければ第一部は書籍化されているので、こちらもお読みください。第三部でまたお会いしましょう!

          

「第一部 神々がダイスを振る刻」をお読みになりたい方へ

「第二部 序章」

「第二部 第1章−1 ビックアップルの都市伝説」
「第二部 第1章−2 深夜のドライブ」
「第二部 第1章−3 子ども扱い」
「第二部 第1章−4 堕天使ダニエル」
「第二部 第1章−5 マクミラの仲間たち」
「第二部 第1章−6 ケネスからの電話」
「第二部 第1章−7 襲撃の目的」
「第二部 第1章−8 MIA」
「第二部 第1章−9 オン・ザ・ジョブ・トレーニング」

「第二部 第2章−1 神々の議論、再び!」
「第二部 第2章−2 四人の魔女たち」
「第二部 第2章−3 プル−トゥの提案」
「第二部 第2章−4 タンタロス・リデンプション」
「第二部 第2章−5 さらばタンタロス」
「第二部 第2章−6 アストロラーベの回想」
「第二部 第2章−7 裁かれるミスティラ」
「第二部 第2章−8 愛とは何か?」

「第二部 第3章−1 スカルラーベの回想」
「第二部 第3章−2 ローラの告白」
「第二部 第3章−3 閻魔帳」
「第二部 第3章−4 異母兄弟姉妹」
「第二部 第3章−5 ルールは変わる」
「第二部 第3章−6 トラブル・シューター」
「第二部 第3章−7 天界の議論」
「第二部 第3章−8 魔神スネール」
「第二部 第3章−9 金色の鷲」

「第二部 第4章−1 ミシガン山中」
「第二部 第4章−2 ポシー・コミタータス」
「第二部 第4章−3 不条理という条理」
「第二部 第4章−4 引き抜き」
「第二部 第4章−5 血の契りの儀式」
「第二部 第4章−6 神導書アポロノミカン」
「第二部 第4章−7 走れマクミラ」
「第二部 第4章−8 堕天使ダニエル生誕」
「第二部 第4章−9 四人の魔女、人間界へ」

「第二部 第5章−1 ナオミの憂鬱」
「第二部 第5章−2 全米ディベート選手権」
「第二部 第5章−3 トーミ」
「第二部 第5章−4 アイ・ディド・ナッシング」
「第二部 第5章−5 保守派とリベラル派の前提条件」
「第二部 第5章−6 保守派の言い分」
「第二部 第5章−7 データのマジック」
「第二部 第5章−8 何が善と悪を決めるのか」
「第二部 第5章−9 ユートピアとエデンの園」

「第二部 第6章−1 魔女軍団、ゾンビ−ランド襲来!」
「第二部 第6章−2 ミリタリー・アーティフィシャル・インテリジェンス(MAI)」
「第二部 第6章−3 リギスの唄」
「第二部 第6章−4 トリックスターのさかさまジョージ」
「第二部 第6章−5 マクミラ不眠不休で学習する」
「第二部 第6章−6 ジェフの語るパフォーマンス研究」
「第二部 第6章−7 支配する側とされる側」
「第二部 第6章−8 プルートゥ、再降臨」
「第二部 第6章−9 アストロラーベ、スカルラーベ、ミスティラ」
「第二部 第6章ー10 さかさまジョージからのファックス」

「第二部 第7章ー1 イヤー・オブ・ブリザード」
「第二部 第7章ー2 3年目のシーズン」
「第二部 第7章ー3 決勝ラウンド」
「第二部 第7章ー4 再会」
「第二部 第7章ー5 もうひとつの再会」
「第二部 第7章ー6 夏海と魔神スネール」
「第二部 第7章ー7 夏海の願い」
「第二部 第7章ー8 夏海とケネス」
「第二部 第7章ー9 男と女の勘違い」

「第二部 第8章ー1 魔女たちの二十四時」
「第二部 第8章ー2 レッスン会場の魔女たち」
「第二部 第8章ー3 ベリーダンスの歴史」
「第二部 第8章ー4 トミー、託児所を抜け出す」
「第二部 第8章ー5 ドルガとトミー」
「第二部 第8章ー6 キャストたち」
「第二部 第8章ー7 絡み合う運命」
「第二部 第8章ー8 格差社会−−上位1%とその他99%」
「第二部 第8章ー9 政治とは何か?」
「第二部 第8章ー10 民主主義という悲劇」

「第二部 第9章ー1 パフォーマンス開演迫る」
「第二部 第9章ー2 パフォーマンス・フェスティバル開幕!」
「第二部 第9章ー3 太陽神と月の女神登場!」
「第二部 第9章ー4 奇妙な剣舞」
「第二部 第9章ー5 何かが変だ?」
「第二部 第9章ー6 回り舞台」
「第二部 第9章ー7 魔女たちの正体」
「第二部 第9章ー8 マクミラたちの作戦」
「第二部 第9章ー9 健忘症の堕天使」

「第二部 第10章ー1 魔女たちの目的」
「第二部 第10章ー2 人類は善か、悪か?」
「第二部 第10章ー3 軍師アストロラーベの策略」
「第二部 第10章ー4 メギリヌ対ナオミと・・・・・・」
「第二部 第10章ー5 最初の部屋」
「第二部 第10章ー6 ペンタグラム」
「第二部 第10章ー7 ナオミの復活」
「第二部 第10章ー8 返り討ち」
「第二部 第10章ー9 最悪の組み合わせ?」

「第二部 第11章ー1 鬼神シンガパウム」
「第二部 第11章ー2 氷天使メギリヌの告白」
「第二部 第11章ー3 最後の闘いの決着」
「第二部 第11章ー4 氷と水」
「第二部 第11章ー5 第二の部屋」
「第二部 第11章ー6 不死身の蛇姫ライム」
「第二部 第11章ー7 蛇姫ライムの告白」
「第二部 第11章ー8 さあ、奴らの罪を数えろ!」
「第二部 第11章ー9 ライムの受けた呪い」

「第二部 第12章ー1 ライムとスカルラーベの闘いの果て」
「第二部 第12章ー2 責任の神の娘」
「第二部 第12章ー3 リギスの戯れ唄」
「第二部 第12章ー4 唄にのせた真実」
「第二部 第12章ー5 アストロラーベの回想」
「第二部 第12章ー6 勝負開始」
「第二部 第12章ー7 逆襲、アストロラーベ!」
「第二部 第12章ー8 スーパー・バックドラフト」
「第二部 第12章ー9 さかさまジョージの魔術」

「第二部 最終章ー1 魔神スネール再臨」
「第二部 最終章ー2 ドルガのチョイスはトラジック?」
「第二部 最終章ー3 ナインライヴス」
「第二部 最終章ー4 ドルガの告白」
「第二部 最終章ー5 分離するダニエル」
「第二部 最終章ー6 ドルガの回想」
「第二部 最終章ー7 ドルガの提案」
「第二部 最終章ー8 ドルガの約束」
「第二部 最終章ー9 ドルガの最後?」

「第二部 エピローグ 神官マクミラの告白」


ランキングに参加中です。クリックして応援お願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 エピローグ 神官マクミラの告白(再編集版)

2017-03-30 00:00:47 | 私が作家・芸術家・芸人
 こうして人間界に来てから二十年目のわたしのクリスマスが終わった。
 冥界時代には、誰も愛さず誰からも愛されなかったわたしが、愛に人生をかけるとは夢にも思わなかった。もっとも生きながら死んでいるヴァンパイアの生き様を、仮に「人生」と呼べるのならばだが。おろかだ。まるで、わたしがおろかだと嫌っていた人間だ。これまでは、キル、カル、ルルだけが側にいてくればよいと思っていたが・・・・・・

 四つの部屋の闘いの後のことも、話しておこう。
 兄上たちと妹は、フェスティバルの後、冥界に帰って行った。
 アストロラーベ兄さんは、人間界での体験がよほど楽しかったようだ。お前がうらやましいなどと、おかしなことを言っていた。
 美丈夫に生まれ変わったスカルラーベ兄さんは、蛇姫ライムとの結婚を決めた。さぞかし強くて、美しい子供たちが生まれるだろう。ただしライムが離れてしまうと踊り子シェラザードを殺してしまうため、彼女の寿命がつきてから冥界で結婚することになった。一人で待つのはさびしくないかと尋ねられて、いったい俺が何千年の間、孤独だったと思ってるんだ、と答えていた。
 妹のミスティラは、人間界で過ごしてから少し自信がついたようだ。くだらない男たちであっても、ちやほやされたのが効いたのだろうか?
 唄姫リギスは、踊り子ザムザとして人生を過ごすことになった。ミュージカルの舞台が気に入ったようだ。元々能天気だったのが忘却の川レテの水を注入されてから、さらに能天気になったらしくザムザの寿命が尽きてからのことはその時考えると言っている。
 氷天使メギリヌも、踊り子ユリアとして人生を過ごすことになった。ユリアの寿命が尽きた後は、闘いを通じて尊敬するようになったシンガパウム殿の下で海神界のために働きたいと思っているようだ。
 悪魔姫ドルガに取り憑かれていた夏海は、踊り子として活躍しながらトミーと仲良く暮らしているようだ。
 ナオミとは会場で別れたきりで、その後のことは知らない。まあ、元気でやっているだろう。
 わたしのことも聞きたい?
 自身をあれこれ語る趣味はないが、ここまでつきあってくれた礼に少し語っておこう。「ゲーム」のコマとして最低の人間たちとつきあうことは、願い下げと決めた。冥主の怒りを買おうが、刺客を送り込まれようがかまいはしない。ダニエルは、人間の姿のときはなんとかなっているが、もはや堕天使に変身してミックスト・ブレッシングを使わせるわけにはいかない。側にいて、様子を見てやらなくては・・・・・・
 だが、勝利の安堵感で心眼に曇りが生じていたのか、わたしは見落としをしていた。アポロノミカンの予言は、やはり当たっていたのだ。

新たなる終わりが始まりを告げて
すべての神々のゲームのルールが変わる

 一年後、「新たなる終わりが始まりを告げて」すべて変わってしまったルールの下で、わたしたちは再び「神々のゲーム」を闘うことになるのだった。気が向けば、いつかその物語について語ることもあるかも知れない。
 我が名はマクミラ。
 意味ある人生を生きるために、自らの意思で生きると決心した元冥界の神官!

          


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン

コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−9 ドルガの最後?(再編集版)

2017-03-29 00:00:49 | 私が作家・芸術家・芸人
「気持ちだけもらっておくとしよう。自ら命を絶つは、死を最上の体験と位置づける死の神の一族にとって最大の罪。それゆえ、よみがえることはできなくなる。我が望むのは、『不死身の悪魔姫』の伝説のみじゃ。伝説になってしまえば、未来永劫に名誉を得ることがかなう。人間共はわかっていないようだが、死はけっして恐れるべきものではない。意味のある死を生きるため、生のすべてはあるのじゃ。無意味な生にしがみつくことなどに何の意味がある? それに我が取り付いた夏海という娘、精神力がなかなか強い。すべてを取り込んだつもりが、完全には取り込めなかったようだ。日に日に息子トミーを思う気持ちが我の心中にも育ちつつある。フン、くだらない母性愛やらと笑うがよい。さあ、もうおしゃべりは終わりだ」
 ドルガが上空に向かって叫んだ。ターナートーース!
 暗雲が立ちこめると青白いドクロの面をかぶった死神タナトスが、蒼ざめた馬に乗ってこつ然と現れた。ドルガが語りかける。
「我は、死の神トッドの娘ドルガなり。我が命を断ち、夏海という娘の魂に再びこの身体を与えんと欲す。四人の魔女の内、精神世界の闘いに独り勝利したのだ。我が父の名においてなされた気まぐれを聞いてもよいであろう」
 一瞬、迷ったタナトスだったが、切れ味するどい大鎌を振り上げるとドルガの首を落とした。なぜか仮面であるはずの目から、涙が一筋流れた。
 タナトスはおそば仕えだった頃から、ドルガをずっと愛していたためだった。ドルガはそうした気持ちを知ってか知らずか、自らを愛する相手に命を奪う役を演じさせた。タナトスはドルガの見開かれた両眼を手で閉じると、暗雲の中に立ち去って行った。
ドルガの死を見届けたアストロラーベの行動は、すばやかった。
時空変容ミラージュの儀式の終わりを告げる呪文が始まった。

   大いなる時よ、再びその歩みを始めよ
   大いなる時よ、しばしの眠りを解き
   大いなる時よ、我らを元の世界に戻すがよい
   大いなる場よ、再びその動きを始めよ
   大いなる場よ、しばしの眠りを解き
   大いなる場よ、我らに人間界への帰還を許すがよい
   メギリヌ、ライム、リギス、アストロラーベ、スカルラーベ、マクミラ、ミスティラ
   そしてすべての神界に所縁あるものたちよ
   いざ、我とともに人間界へ戻り行かん!

 気がつくと、全員がパフォーマンス・フェスティバルの舞台に戻っていた。
 マクミラがアストロラーベに聞いた。「どうするの?」
「知れたこと。ショーは続かねばならぬ(“The show must go on.”)。大丈夫だ。観客の記憶は第四幕直前で止まっている」
 全員がアストロラーベの答えにうなずくと、「砂漠の魔人の城〜ミラージュの伝説」の後半部分が始まった。
 だが、アストロラーベは安心のあまり気づかなかった。
 ミラージュの儀式が終わる瞬間、666分間のタイムリミットをコンマ6秒すぎてしまっていた。
 さらに、涙で目を曇らせたタナトスが大鎌の手元を狂わせたため、精神世界に残されたドルガには首の皮が一枚残っていた。
 誰もいなくなった精神世界で一陣の突風が吹いた時、一度閉じられたはずの悪魔姫の充血した双眼が見開かれた。


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−8 ドルガの約束(再編集版)

2017-03-28 00:00:09 | 私が作家・芸術家・芸人
「四番目の部屋の闘いの褒美は、我ら四人の自由であったな」
「その通りだ」
「我の不戦勝を認めるなら、ここで闘いをやめてもよい。悪い話ではあるまい。知っているぞ、666分間のタイムリミットも。今、闘いをやめれば時空変容ミラージュの儀式を解くにはちょうどよいではないか。堕天使ダニエルは、分裂寸前。マクミラは、命がけで最後の賭に出ようとしている。無敵の悪魔姫の伝説を知るものなら、二人に万に一つの勝ち目もないことを知っておろう」
「最初の三つの部屋の勝負は、こちらの勝利か引き分けになっている。あえてお前たちの自由を奪うために、危険をおかす必要性はたしかにもうない」
 マクミラがおこりだす。「同情などまっぴらだ。正々堂々闘わせろ」
「聞き分けのない女だな。我は死の神の娘。死を軽々しく扱う奴には、一番腹が立つ。お前たちは、たった一度きりの命をどうしてもっと意味のあることに使おうとしない。まあいい・・・・・・愚か者とは、これ以上議論しても始まらぬ。もうすべてがどうでもよくなったのじゃ」
「どうでもよくなった?」
「スネール様は、アポロノミカンを見てもいまだにお前に未練タラタラ。お前はお前で、愛に生きるとか歯の浮くようなセリフをはく有様。誇り高き悪魔姫が相手をするには、ふさわしくない。それに、我はこの闘いの前からすでに死ぬことに決めていたのだ」
「あと8回殺されなければ、死ねないはずではなかったか?」
「我ら死の神一族は、自ら死を選んだ時にだけはよみがえらずに死ねるのだ」
「まったく面倒くさい一族だな。せっかく拾った命だ。以前のように、魔女四人組で自由にあばれまわったらどうだ」
「そうはいかぬ。精神世界に来た時、我が夏海の声でトミー坊主に言ったことを覚えていないか」
「たしか・・・・・・坊や、これは夢の中なのよ。すべて終われば、ベッドの中で目覚めることができるわ、とか」
「さすがは元冥界の神官。りっぱな記憶力だ」
「世辞を言っている時ではないだろう。だが、そのセリフがどうした」
「神には二言はない。たとえ墮天使に落ちても、まだ神のプライドを失っていはいない。たとえ小僧との約束でも、一度ちぎった約束は守られねばならぬ。そのために、自ら命を絶つことが必要なのだ。魔女に取り憑かれた人間は、魔女が離れる時にその人間は死ぬ運命にある。呪われた魔女は、地上のとどまるためにまた別の取り憑くべき人間を求めてさまよう。唯一、取り憑かれた人間に魔女が身体を返す手段がある。それが自ら望んで死神タナトスの死の鎌によって首を落とされることじゃ」
「よいのか、それで?」
「お前らしくもない。情けをかけるのか」
「情けなどと、そんなことではない。だが、お前ほど憎らしい相手には滅多に会えぬからな。あっさり死なせるのはもったいない」にやりと笑ったマクミラのするどい犬歯がのぞいた。


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−7 ドルガの提案(再編集版)

2017-03-27 00:00:50 | 私が作家・芸術家・芸人


 気づいた時には、本性であるレッド・ドラゴンに変身した父トッドの口から、火の川ピュリプレゲドンの業火が吐き出されていた。炎は、彼女の身体を着実に焦がしていった。まず美しい翼が焼けただれ、髪の気が燃えさかり、着飾った服が燃え上がり、皮が剥け、肉が焼けこげ、最後には骨まで炎に溶けていった。
 しかし、ドルガは、生まれてからこれほどの陶酔を感じたことはなかった。死とは、これほどまでに甘美なのか。これほどまでに、自らを解き放ってくれるのか。これほどまでに、父の愛を感じることができるのか。
 最後に目の前にあったのは、怒りが解けて死の神の姿に戻って自分の娘を殺したことに茫然自失とするトッドの顔であった。それでもトッドは、ドルガを許さなかった。
 理由は、父を殺そうとしたためではなく、不意打ちをくわせたためであった。卑怯と非難されるとは、ドルガは夢にも思わなかった。ただ子供なりに、確実に父を殺してやろうとしただけだった。最初の死を迎えてドルガは、死神の姫としてでなく、父の怒りを吸い取ったかのような「悪魔姫」として転生した。彼女は、父の愛とひきかえに、秘技ファイナル・フロンティアを身につけた。
 父トッドは、ドルガに短い別れの言葉を残した。
「よく聞くがよい。これが、我が親としてお前に話しをする最後の機会である。死とは、崇高なものであり、軽々しくあつかったり、ましてやもてあそんだりするものではない。人間はもちろんたとえ神々であっても、一つの生において一つの死しか得ることはできぬ。その重い価を持つ死を司る死の神一族だけが、9つの魂を持つことを古より許されている理由だ。闘いを挑むのは、かまわぬ。だが、たとえ何も分からぬ子供であったとしても、父に平静を与えようとしたのであったとしても、不意打ちで死を与えようとしたことはけっして許せぬ。これより父でもなければ娘でもない。悪魔姫として、勝手に生きてゆくがよい」

「おい、どうした」
 ドルガは、マクミラの声で我に返った。
「マクミラ、お前は兄たちと比べるとサラマンダーの血が薄いのであろう? 数千度の炎に耐えるアストロラーベや一万度の熱さえもろともしないスカルラーベと比べて、お前が自らを炎の化身とするなど自殺行為ではないか」
「大きなお世話だ」
 ドルガがアストロラーベの方を振り向いた。「おい、軍師殿。話がある」
「いったいなんだ?」


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−6 ドルガの回想(再編集版)

2017-03-26 00:00:34 | 私が作家・芸術家・芸人
 マクミラが、一瞬沈黙した後、言った。「今、わかった。ずっと考えていた問いの答えが。プルートゥは、素晴らしいことをしてくれたのだ。わたしを不死者にしなかった。偽りの人生を不本意に生きるよりも、偽りのない愛に死にたい。もうゲームのコマとして生きるのはやめだ。わたしは、これから生きたいように生き、死にたいように死ぬ」
 マクミラが宣言した。「ドルガ、勝負だ!」
「冥界時代の万分の一のすごみもないお前が勝てると思っているのか? ピュリプレゲドン・フィップ程度の技では、蚊に刺されたほどにも感じぬ」
「リギスのまねごと、ピュリプレゲドン・フィップのようなねむたい技を使う気はない。数段進化したマキシマム・ピュリプレゲドンでお相手しよう」
「なんだ、それは?」
「自らを炎の化身として相手を焼き殺す技だ」
「ムダだ」
「なに?」
「ムダと言っているのだ。火の川ピュリプレゲドンに関連したいかなる技でも、我は殺すことはできないのだ。さっきは言わなかったが、我が父トッドは我をピュリプレゲドンの業火で焼き殺した。我ら死の神の一族は一度殺されれば、同じ方法で二度殺すことはできない。そして殺される度に新しい能力をもって、より強い姿で再生する」

 ドルガは、自らが死の神トッドに殺された時のことを思い出していた。かつて彼女は、気高い雰囲気を持った長い黒髪が自慢の美しい娘だった。父の部下で当時は、まだハンサムな顔を持っていたタナトスや召使いたちに囲まれて、冥界のプルートゥ宮殿で何不自由ない毎日を送っていた。きびしいがドルガに愛情をそそいでくれる父が失った母からの愛を求めて苦しむ姿を見ることが、彼女にはつらかった。死こそ安らぎ、すべての苦しみからの解放と教わって来たドルガは、トッドに死を与えてやろうと思った。
 プルートゥの閻魔帳を見る権限を付与された数少ない一人であるトッドは、家でも閻魔帳と首っ引きで仕事をしていることが多かった。
 ある日、音もなく後ろに回ったドルガは、いきなりトッドの後頭部から背中にかけて真っ二つに裂けよと猛禽類のするどい爪を引き下ろした。高速で走っていた列車が、急ブレーキをかけたようなすさまじい音が響き渡った。ドルガのするどい爪も冥界屈指の強者トッドの背中には、一筋の傷を残したにすぎなかった。


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−5 分離するダニエル(再編集版)

2017-03-25 00:00:13 | 私が作家・芸術家・芸人

   すべてを燃やし尽くす蒼き炎が
   すべてを覆い尽くす氷に変わり
   猛々しき白骨が愛に包まれて石に変わり
   冥界の神官が一人の人間の女に変わる時
   巨大な合わせ鏡が割れて
   太古の蛇がよみがえり
   新たなる終わりが始まりを告げて
   すべての神々のゲームのルールが変わる

 ここまでは、アストロラーベの思い通り進んでいる。
 時空変容ミラージュの儀式によって起きた「すべてを燃やし尽くす蒼き炎が」、第一の部屋で「すべてを覆い尽くす氷に変わり」ナオミが氷天使メギリヌに勝利を収めた。第二の部屋では、「猛々しき白骨が愛に包まれて石に変わる時」、スカルラーベが蛇姫ライムと引き分けた。だが、第三の部屋では、アストロラーベが唄姫リギスに辛勝したものの「冥界の神官が一人の女に変わる時」などなかったではないか? だが、「巨大な合わせ鏡が割れて」しまっても「太古の蛇はよみがえり」をするどころか、異次元空間に飛んで行ってしまった。「新たなる終わりが始まりを告げて、すべての神々のゲームのルールが変わる」とは、いったい・・・・・・
「心配するな」気がつくと、アストロラーベが近くに来ていた。「ここまでは計算通り。ケネスが身を犠牲にしてシンガパウムを呼び出したことも、スカルラーベの呪いが解けたことも、唄姫リギスにかろうじて勝利したことも。だが、ダニエルとペルセリアスに身体を提供しているクリストフが、精神世界でどうなるかは予測できなかった。ここは、精神がすべてを支配する世界。ミックスト・ブレッシングのように相反する精神体から発せられるエネルギーの技は、とても危険なのだ。よいか、アポロノミカンの予言は当たっている。愛に目覚めたお前は、すでに冥界の神官から一人の人間の女に変わっているのだ! これ以上、ダニエルに技を使わせると身体が分離してしまって完全体では元の世界に戻れなくなるぞ。マクミラ、愛するもののために全力で闘ってみろ!」
 アストロラーベの言葉を聞いて、マクミラは飛び出した。
 マクミラが傍らに寄り添うと、ダニエルがしぼり出すように言った。
「まだ終われぬ。こんなところでは。お前は、冥主からしたら取るに足らない汚れ仕事を与えられて、最低の人間たちとつきあわされて・・・・・・俺以外は、知らない。お前が、最低の人間たちと気分が悪くなり、吐き気が止まらなくなりながら、与えられたゲームの役割を演じるために、どれだけ苦しんでいるか。必ず生き残って、汚れ仕事はすべて俺が引き受けてやる。マクミラ、見てろよ」


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−4 ドルガの告白(再編集版)

2017-03-24 00:00:14 | 私が作家・芸術家・芸人
「お主たちの言葉で言えば、そうなるのかもしれぬ。当時は、9つの魂のことは知らなかったから・・・・・・我ら一族から見れば、死こそ究極の安楽であり憩いの場なのだ。真意がわからなかった父は襲われた時、本気でやり返してきた。最初の死を迎えた我は、悪魔姫ドルガとして生まれ変わった。それからのことは、お主の方がくわしいであろう」
「なるほど。死の神トッド様が、お主のことを黙して語らぬわけだ」
「同情など犬も食わぬぞ。最後の闘いを始めようではないか」
 般若の形相になったドルガが、スッと飛び立った。暴風雨をもろともしないどころか、暴風雨が友人であるかのようなすずしい顔である。
 ダニエルも、セラフィムが持つ6枚の羽を広げてスッと飛び上がる。ただし羽は金色ではなく暗黒色。こちらも暴風雨を苦にしていない。
 二人の回りの暴風雨が、一気に激しくなった。まるで二人が、激しい風雨をすいよせるかのように。
「感じるぞ。墮天使ダニエル、お前の精神力が強まって行くのが。だが、天使と墮天使とヴァンパイアという三つの力が一つの身体で勢力争いをするのに、もう耐えられないのではないか?」
「大きなお世話だ。俺の命は、お前を倒すまで持てばそれでいい」
「まずは小手調べと行こう」
 言うが早いか、ドルガの鋭い爪がダニエルに襲いかかる。
 だがダニエルが、ドルガの手首をつかむ方が先だった。ヴァンパイアの鋭い爪がドルガの肌に食い込んで行く。
「ほう、金色の鷲と呼ばれたペルセリアスの業は衰えてはいないか」
「そんな名は忘れた。俺は、今では墮天使ダニエルだ!」
「たしかに、もう金色ではなくなったな」
「時間がない。いろいろな意味で。勝負を急がせてもらうぞ。地獄で後悔しろ! ミックスト・ブレッシング!」
 ダニエルの右眼から白い熱線が、左目から黒い熱戦が発せられた。
 黒い熱戦が黒色火薬のようにドルガを幾重にも包むと、一瞬後に白い熱戦が時限爆弾のように発火した。煙と暴風雨のせいで、立会人たちにはまだはっきりと見えないが、ダニエルの必殺技が炸裂したことだけはわかった。
 煙が消え去ると、羽がすすけただけのドルガが中に浮いていた。無敵の悪魔姫には、やはりかなわないのかと皆が思った瞬間、ダニエルをみて絶句した。ダニエルの右半身が金色の鷲ペルセリアスに戻り、左半身が暗黒の墮天使ダニエルになっていた。
 心眼で右半身と左半身が分離したダニエルを感じて、マクミラは気が気でなかった。おかしい!? アポロノミカンの予言が外れるのか?


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−3 ナインライヴス(再編集版)

2017-03-23 00:00:41 | 私が作家・芸術家・芸人
 伝説の魔人の強さを知るマクミラがつぶやいた。
「おどろいた。魔神スネールさえ、異次元空間へ送り込んでしまうとは・・・・・・」
 ドルガが振り向いた。「よいか、ここまでは想定内。お前にすがるスネール様のなさけない姿を見ることで、汚れた世界で落ちぶれた我の力は完全復活した。貴様の愛しいダニエルなど、ひとひねりにしてくれる」
 普段でも青白いマクミラの顔が、蒼白になった。
 精神世界に来て以来、頭痛の止まらないダニエルが絞り出すように言った。「俺は、そんなに簡単にやられるつもりはないぜ」
「さあ、嵐が吹き荒れる部屋へ移動だ!」アストロラーベが宣言する。

 嵐の吹き荒れる部屋は、立っていられないほどの暴風雨だった。例によってアストロラーベが、立会人たちのためにセイフティゾーンを作る。
 アストロラーベが語りかけた。「死の神トッドの娘ドルガよ。プルートゥ様の遠縁にあたるお主は、冥界でも名門中の名門の出。なぜ魔人スネールなどと組むようになったのか、語ってはくれまいか?」
「よかろう。冥界の貴公子が、人間界まで追って来てくれたのだ。それくらい教えてやってもバチは当たるまい」
 マクミラは、また悪い癖が出たと舌打ちしたい気分だった。
 第三の部屋の勝負が終わった時点で111分あった時間は、さかさまジョージの手出しで99分に減っていた。無駄にする時間は、一分どころか1秒もありはしないというのに・・・・・・しかし、アストロラーベは不利になればなるほど、意識的なのか無意識的なのか余計な手間をかけたがる癖があった。これまでは、そうした余裕が裏目に出たことが無いにしても、今回は胸騒ぎがしてならない。
「その前に確認しておきたい。最後の闘いに勝利したならば、我らに自由を与える約束だったな?」
「神に二言はない」
「よし、知りたいのは、なぜスネール様と関わるようになったのかだったな。よいか。我ら死の神の一族は、9つの魂を持っている。だから、8回までは殺されても生き返る」
「死の神一族の9つの魂の噂なら、聞いたことがある。今回の闘いでは、どうすればよいのだ。お主を9回殺さなければならないのか? それとも、一度でも殺せば我らの勝ちなのか?」
「もちろん、一度でも殺せればお主たちの勝ち。ただし、9回殺すことはできない。なぜなら我は、すでに生涯に一度殺されたからだ」
「その相手が魔人スネールだったのか?」
「違う。我が父じゃ!」
 ドルガが実の父に殺されたと聞いて、さすがに皆が息を飲む。
「どうした。父の我に対する仕打ちを知って臆したか、冥界の貴公子殿」
「なぜ、そんなことを?」
「父は、母の堕天使ダラミスと地上で契りを結んだことを後悔していた。母は美しかった。美しすぎたと言ってもよいほどに。美しいが移り気な母は、我を産み落とすと次の恋を求め、父の元を去って行った。捨てられた父は、表面的には仕事をこなしていたように見せていたが、独りになると会えなくなった母を忘れられず苦しんでいた。そんな父があわれでならなかったから、我は救ってやろうと思ったのだ」
「つまり、殺してやろうと思ったのだな?」


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
コメント

マーメイド クロニクルズ 第二部 最終章−2 ドルガのチョイスはトラジック?(再編集版)

2017-03-22 00:00:07 | 私が作家・芸術家・芸人
「スネール様!」翼竜の羽ばたきのたびに小さい竜巻が起こるドルガが、アポロノミカンを差し出す。「こちらをご覧ください」
 左の鏡から右の鏡に移ろうとしていたスネールの目が、釘付けになった。
 グムオーーン!
「オオ、スネール様が進化される・・・・・・」
 悪鬼の形相をした蛇が、巨大化、凶悪化し始めた。次にスネールの口から出た言葉は、ドルガの想定外だった。
「マ、マ、マクミラ・・・・・・」
「マクミラだと!? やはりアポロノミカンをもってしても、ダメか・・・・・・」
「マクミラはどこじゃ? 我は、マクミラを守るために人間界で待っておった。おお、愛しいマクミラよ。そこにおったか」
 マクミラが、ハスキーボイスで言い放つ。「魔人ともあろうものが、時と場所をわきまえろ。緊張感のない奴め。せっかく三つの部屋の闘いで場が盛り上がっていたのに、台無しではないか! わたしは誰も愛さず、氷結地獄に送り込んだ悪鬼以外は誰からも愛されぬ運命。いちいちお前たちの求愛を受けていたら、いくつ身体があっても足りない」
「恥を知れ」そこまで聞いていたドルガが、「爆破するもの」の本領を発揮した。死の翼の羽ばたきが強まる度、起きる竜巻も大きくなっていく。両眼が輝いた瞬間、自ら意志を持ったかのように翼から生じた竜巻がスネールを襲った。
 バリ、バリ、バリ・・・
 ドリルのような音を立てる竜巻が爆発すると、スネールが巻き込まれて異次元空間に飛んでいってしまう。冥界最強技の一つとおそれられた、ファイナル・フロンティアであった。跡形もなく消え失せた魔人がどこにいくかは、ドルガ自身にもわからない。だが、彼がもう二度とこの世界に戻ってくることはない。それもこれまでは・・・・・・であったが。
「魔人よ、待つんだ! このままじゃ、無駄死にじゃないか。ボクと合体だ!」言うが早いか、さかさまジョージが逆立ちのままスネールに向かって飛び出す。
 ウウウッ、マクミラ・・・・・・。スネールは、つぶやき続けていた。
 さかさまジョージはアポロノミカンをドルガの腕に残したまま、スネールと共に合わせ鏡の中に消えていってしまった。
 アポロノミカンをマクミラへ放り投げながら、ドルガが言う。「さあ、最後の部屋へ行こう。これは返しておく。目障りな合わせ鏡など、こうしてくれる」ひときわ強い羽ばたきを見せると、ファイナル・フロンティアが発生して二枚の巨大な鏡は異次元空間へと吸い込まれていった。


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン

コメント