財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

第二部(トミーのイメージソング)

2011-07-31 00:02:59 | 私が作家・芸術家・芸人
 語り部のアヴァンです!

 今日は、夏海の息子トミーのイメージソングですが、やはりThe Who―“Tommy"しかありえません。ロックロール・オペラ「トミー」は何回見ても最高の映画ですが、当時のロジャー・ダルトリーの美男子振りは、レッド・ツェッペリンのロバート・プラント並の太陽神振りですね。(Laura Manilowさんからクレームがつかないといいですが、笑)。





ランキング参加中です。はげみになりますので、以下のバナーのクリックをお願いします
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第二部(スカルラーベの闘い... | トップ | 第二部(ケネスのテーマ&仮... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それじゃ冥界の王は・・・ (Laura Manilow)
2011-07-31 20:16:04
ブロンド、長髪系のロックミュージシャンから太陽神アポロンを考えていたのですが、思いついた候補はロバート・プラントかロジャー・テイラーでした。ただ、ロジャーの場合、彼はアポロンというよりは「ベルサイユのばら」のオスカルなので、笑。

冥界の王ハデスはジーン・シモンズってことにしましょうか?「すっぴん」の(笑)。
冥界の王 (アヴァン)
2011-07-31 23:44:32
Laura Manilowさん、いつもながらマニアックなコメントありがとうございます。たしかにロジャー・テイラーだとアンニュイすぎるかも? ジーン・シモンズは、昔のKISSのインタビューを集めたDVDで司会者に「そのメークの意味は?」と聞かれて、「メークじゃねえよ!」と突っ張っていました。若い時ですが・・・。ただし、彼も年をとって(?)少しおとなしくなったらしく、後年、MTVのインタビューで「俺たちがデモーニッシュ(悪魔崇拝主義者的)だと誰かが言うことはコワくない。コワいのは、それを人々が信じることだ」と暗に彼のメークが「悪魔」だというのはシャレだと言っていました。たしかにポール・スタンレーは「星の王子様」だし、エース・フューレーは「宇宙人」だし、ピーター・クリスは「猫」ですもんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私が作家・芸術家・芸人」カテゴリの最新記事