財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

マーメイド クロニクルズ 第二部 第1章−4 堕天使ダニエル(再編集版)

2016-12-06 00:09:39 | 私が作家・芸術家・芸人
「う~ん、いいにおいがする。まずは腹ごしらえといくか」グリッドが突然、気づいたように言った。
 他の二匹もうなずくと、飛び跳ねるやいなやストリート・ギャングたちを頭からバリバリ食べ出す。メンバーたちは、あまりの恐怖に腰が抜けている。
「おい、お前の相手はこっちだ!」ダニエルは、ヒードンに言い放つと、セラフィムだけが持つ6枚の羽を広げて飛び上がった。ただし、羽は金色ではなく、暗い黒色だったが。
「なんだ、このオーラは! まさかセラフィム(織天使)が地上に? なぜ黒い羽?」
 ダニエルは、マクミラを傷つけると言ったヒードンを許せなかった。
「地獄で後悔しろ! ミックスト・ブレッシング!」ダニエルの右眼から白い熱線が、左目から黒い熱戦が発せられた。黒い熱戦は、黒色火薬のようにヒードンの身体を幾重にも包むと、一瞬後に白い熱戦が時限爆弾のように発火した。
 ヒードンは、丸焦げになって絶命した。
 今度は、マクミラの番だった。
 真っ赤な鞭をグリッドに向け振り下ろすと、鞭自体が巨大な炎を生み出した。サラマンダーの血を強く引く兄たちと比べて、発火能力の弱いマクミラが編み出したピュリプレゲドン・フィップである。
 グリッドの甲羅にヒビが入り、次の瞬間、内部から地獄の劫火が吹き出した。グリッドはのたうち回りながらも、今度は殺してくれるのか? おお、お主に殺されるなら本望ではないか、とつぶやきながら燃え尽きていく。
 一人残されたワンブリッジを、マクミラとダニエルが挟む格好になった。
「油断するなよ」ダニエルが声をかける。
「わかってる。待たせたわね。お前は、簡単には殺さない。なんで冥界に閉じこめた魔物たちが、こうも急に人間界に来るようになったかを教えてもらうよ」
「色男が一緒で強気になったか。もしこの星が消滅したとしても、お前になど何か教えてやるつもりはないわ」
 だが、すでにマクミラは手を打っていた。
 ジュニベロスの三首の口から、瘴気(しょうき)がはき出されて立ちこめていた。瘴気を吸い込むと神々でさえ意識が失われて、魔界の狼よりも鋭い牙に噛みつかれ振り回され、冥界親衛隊の前に引き出されてしまう。



 ワンブリッジも、マクミラと話をしている内に自分の周りが瘴気で覆われていることに気づいた。「しまった! してやられたか」
「成長しない悪鬼だね。ジュニベロス、押さえつけて!」
 一声、叫ぶとジュニベロスはワンブリッジの上に飛び乗って、首にするどい牙を押し当てた。巨大な悪鬼も、ジュニベロスの前には赤子のようであった。
「た、助けてくれ!」
「もしも秘密を話すのなら、冥界の牢獄に送り返すだけで許してあげる。なぜ人間界に、次々と魔物が現れるようになったの?」


ランキングに参加中です。クリックして応援お願いします!
          にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
            人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーメイド クロニクルズ 第... | トップ | マーメイド クロニクルズ 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私が作家・芸術家・芸人」カテゴリの最新記事