財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

第三部闘龍孔明篇 第4章-8 王子トリトンの決意

2018-05-26 00:29:33 | 私が作家・芸術家・芸人

 親衛隊の一員として北門を守る責任者トリトンは、「助くるもの」であった。いつも遠くを見るような瞳からは、心の内は探れなかった。
 しかし、いったん剣を振るえば、流れる大河さえ切り裂かれたことを忘れて流れ続ける達人。気品、威厳、高潔。そうした言葉が似合う神だった。
(王子よ。今度の闘いこそ、人間界、神界、さらに魔界の将来を決める闘いとなろう。勝利どころか、無事に海神界に戻れる保証さえないぞ)
(そうした状況で、ナオミはがんばってきたではないのですか。ここで「助くるもの」である私が出て行かなければ、後世までのわらいものとなりましょう)普段なら海主ネプチュヌスに逆らうことのないトリトンが、怒ったような思念を返す。
 トリトンは、今度こそナオミを助けに行きたかった。
 ネプチュヌスのお気に入りのナオミと幼少時から共に遊んだトリトンは、気がつけば兄妹のような関係になっていた。
 ナオミにとってトリトンは、なんでも話せて頼りがいのあるやさしい兄だが、美しいマーメイドに成長したナオミに彼は兄妹以上の感情を持つようになった。だが、いつも目の前で無防備に振る舞う「妹」に、絶対権力を持つ最高神の子である「兄」が愛の告白などできただろうか?
 これまでなら愛を告白出来ぬ立場なら、せめて兄として妹を助けてやりたい一心であった。だが、今回は事情が違った。
 魔界からの脱獄者ジェノサイダス、シュリリス、ビザード、さらにトリックスターと「絶対悪」の誕生まで予想される状況では、ナオミの命が危険にさらされること必死であった。
 海神界最強の戦士シンガパウムは、すでに前回助っ人として降臨しており、再度の降臨はまかりならなかった。
(王子よ)ネプチュヌスが思念を送る。(どうやって人間界に降臨するつもりだ? お主は儂の後を継いで海神界を束ねる立場じゃ。ナオミのように黄色いカプセルを飲んで人間になってしまうことは許されぬぞ)
 トリトンは、だまりこくった。
(ネプチュヌス様、ご心配は無用かと)トーミが思念を伝えた。
(おばば、どうゆう意味じゃ?)
(ナオミの育ての父ケネスは、ネプチュヌス様の祝福により子をなす力を復活させたようです。夏海が生んだ子トミーの真の父はケネスです。ケネスがシンガパウム様を降臨させる力を持っていたように、トミーもトリトン様の降臨を手助けできましょう)
(・・・・・・)ネプチュヌスが決断を下す。(よし。ナオミが危機を迎えた時、トリトンは人間界に降臨する。ただし、降臨できるのは一度きりとする! ナオミを助けた暁には、必ず海神界に戻って来ると約束できるか?)
(もちろんでございます)
(よし、これを授けよう。海神界を束ねる象徴トライデント。これさえあれば、風を起こし、嵐を呼び、大海を二つに割ることさえできる。今回は、魔性軍、トリックスター、絶対悪まで関わる闘いじゃ。ナオミを助けるため使うがよい)
 こうして、ついに天界、海神界、冥界のナオミ軍へのバックアップ体制がととのったのであった。


ランキングに参加中です。はげみになりますのでクリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へにほんブログ村
          人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 第三部闘龍孔明篇 第4章-7... | トップ | 第三部闘龍孔明篇 序章と第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私が作家・芸術家・芸人」カテゴリの最新記事