財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ 第三部」配信中!「第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 完結」

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的世界観で人魚ナオミとヴァンパイアのマクミラが魔性たちと戦うファンタジー的SF小説

マーメイド クロニクルズ 第二部 第1章−3 子ども扱い(再編集版)

2016-12-05 11:07:57 | 私が作家・芸術家・芸人
 マクミラが、一瞬の内にワイヤー入りの鞭を左右に振ると、右の鞭にナイフがからみとられ、左の鞭に銃弾が取り込まれる。いつのまにか、両方の鞭に炎が走っている。
「坊やたち、まだまだあまい」マクミラがつぶやくと、鞭をさらに一振りする。
 燃える炎が、二人のストリート・ギャング団リーダーの頬を一撫でする。
 アチッ、彼らが思わず声をあげる。
「次は、火だるまだよ」
 脅しに二人がゾッとしたときだった。



 どこからか、ゴースト・トレーラーが突如として現れた。
 引っ越し荷物などを運ぶ「鉄の固まり」のようなトレーラーには、普通なら牽引車がついている。このトレーラーには牽引車がなく、どこに進むかわからない頼りなさで、当たるのを幸いになぎ倒していく。
 停めてあったギャングたちのバイクにトレーラーがぶつかると、激しい音を立ててバイクの車体を引き裂き、ランプをつぶして、ぐるりと180度回転させながら、フラフラとさらに進んでいく。
 棒立ちになったギャング団数人が巻きこまれる。他の連中も、さっきまでの興奮を忘れて、あっけにとられている。
 チッ、マクミラが舌打ちする。運が悪いね、坊やたち。
 ゴースト・トレーラーの後部ドアが開くと、次々と悪鬼たちが現れる。
 さながらその動きは、地獄のバネ仕掛け人形のよう。
 ゆっくりと、だが、山のような筋肉を左右にゆすっている。
「久しぶりだな。魔界の大王ワンブリッジ様がお礼参りに来たぞ」相手を退路のないところに追い込んでいたぶることで知られた、牛のような姿の悪鬼が、まだなれていない人間の言葉で話す。
「魔界の貴公子グリッド様を覚えているか? 相変わらずきれいな顔をしているな。お前に恋いこがれて、もう何千年過ごしたろうか?」とてつもなく醜い顔をした全身が甲羅でおおわれた悪鬼が、からむような声で言った。
「ああ、またお前に会えるとは! 今日こそ、その美しい姿を魔界の恐怖ヒードン様がズタズタに引き裂いてやる」自尊心のかたまりで、嫉妬しかできない猛禽類の姿をした悪鬼が感に堪えないようにつぶやく。
「お前たち、わたしの前にまた顔出しをするとはいい度胸だね。冥界では、まるで相手にならずに捕まえられたことをお忘れか?」闘いを前にして、高ぶりを押さえられないマクミラが続けた。「坊やたち相手で、欲求不満になっていたところだ。さあ、久しぶりに思い切り戦うとするか」
「いいのか、そんな強気で? ここにはお前の父親も兄弟もいないのだぞ」ヒードンが答える。
「ザコ相手には、わたし一人でおつりがくるわ」
「ドブ掃除は、俺にまかせろ」ダニエルがマクミラを制して言った。
「ダメよ。わたしが一匹、あなたが一匹。一匹だけ残して、つるし上げよう」


ランキングに参加中です。クリックして応援お願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン

コメント   この記事についてブログを書く
« マーメイド クロニクルズ 第... | トップ | マーメイド クロニクルズ 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私が作家・芸術家・芸人」カテゴリの最新記事