まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1058. OFAで初めてアイマスゲームを遊ぶ方へ、その1

2015年01月28日 | 日記
 アイドルマスターのゲームの世界にようこそ。

 突然ですけど、PS3用ゲームソフト、アイドルマスター・ワンフォーオール(OFA)の概要の説明をします。というのも、ベスト版が発売された機会に触れてみようと思われた方が多いと思います。OFAは入門しやすいゲームになっていますので、そのままどんどんやれば良いのですけど、途中脱落は並のゲームくらいはあります。
 ここでは、どうやれば続けられるかの、私なりの意見を述べてみることにします。

 ええと、まだ買うのを躊躇しているあなた。多分ですけど、気持ちは分かります。私もアイマス2の時には買うのをためらっていましたから。そして、やってみれば分かります。外見通りの美少女ゲームです。というか、現在、和ゲーム界に美少女ものが幅を利かせている原因の一端は、他ならぬこのアイマスです。

 OFAの目的は、765プロのプロデューサーとなったあなたが、13人のアイドル候補生たちをトップアイドルに導くことです。具体的にはステージなどのパフォーマンスでファン数を稼ぎ、OFAの世界の権威であるアイドルエクストリーム大会でランクアップしてアイドルの頂点を目指します。一応、ラスボスがいて、お約束の闘いになります。
 なのですけど、ゲーム自体はさして面白いものでは無いです。わざとやったのか、全力でこうなったのかは議論の対象になり得ますけど、アイドルマスターの魅力は別の所にあって、それはアイドルたちのステージです。

 未購入なら公式のPVやユーチューブなどに出ている春香たちのステージをいくつか見てください。購入後だったら、メニューのランキング→PV新着で先輩たちの丹精込めたPVをご覧ください。
 仮想空間のステージで歌い踊るポリゴンのアイドルたち。このステージシーンに少しでも興味が湧くのなら、続けられる可能性があります。どこが面白いのかさっぱり、という方はそもそもアイドルマスターが合わないと思います。別のゲームを検討する方が時間の無駄にならないです。

 まあ、このような内容ですけど、アイドルマスターは軽く年間売り上げ100億円を稼ぐ化け物コンテンツの一つです。つまり、プロデューサー(P: アイマスゲームのプレーヤーのこと)の支持をしっかり得ていると言うこと。しかも、本年(2015年)は10周年ですから、単なる流行だけでは説明できません。こうなってしまうと、ゲームだけでなく、アニメ・音楽・演劇と言った関連業界が、なぜアイマスがずっと受けているのかを必死で探っていて、それなりの動きがあります。
 そして、ということは分かりますね、アイドルマスターは幾多の類似コンテンツを駆逐してきた歴史があり、私のレベルでも、あれやこれや、惜しかったね、みたいな感じで、直近でもぶちっとつぶしてしまって、もっと見たかったな、というのがあります。ええ、本心ですよ、今そのCD聞いているし。業界全体が盛り上がるのはうれしい事ですから。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
« 1057. ゲームPになるには | トップ | 1059. OFAで初めてアイマスゲ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事