Dr.Horiiのひとりごと

徒然なるままにクルマや日々の出来事を書きとめた雑記帳です

Twinair 105PSエンジンを検証

2017-07-07 09:27:11 | 試乗記

お腹を満たしてテストの図  FIAT500TA RIVA 105PS

RIVAで最も関心が有ったのは、その出で立ちでよりも、85PSから105PSにパワーアップされたエンジンでした。

推測(期待?)では、明らかに体感できるパワーアップと一回り太くなったトルクで、これはお値打ちの105PS
エンジン
だとPRしたかったのです。

事実、他の並行輸入業者もこの正規にない105PSをセールスポイントにしてるようです。


見た目は同じのツインエアー105PSエンジン

この見た目が不変の理由は後述します。


6速マニュアル

105PSは全て6速マニュアル(or デュアロジック)となります。


町内会長快調ではあるけれど・・

Drの期待と裏腹に、この105PS仕様に85PS仕様との20PSの差を感じられません 

真実は真実として、商売抜きで評価しますが、果たしてDrの感性に難があるのか、若干頭貝割れ大根になりました。

テスト当日は、猛暑ゆえにACをONしてたのが悪かったのか、OFFにしたりパワーモード切替をNORMA→SPORT
と切り替えてみたりしましたが、言うべき差を感じなかったのです。

かって自動車評論家を目指していたDrとしては、これは納得できません。

もしかしたら、車両に問題があるのか、ど~しても解明しなければ気が済まない心境でした。

資料を集めていると意外にもこの105PSの真実が解明できました。


SPORTモード時に105PS発揮               トルクは同じw

注目すべきは、105PSはSPORTモードにしないと発揮しないのと、最大トルクは85PSと変わらないと言うこと
でした。

更に、デフォルトであるNORMAモードでも、意外な事実が判明したのです。


NORAMモードではアンダーパワー?

馬力は若干アップしていますが、最大トルクは逆にダウンしてるじゃあ~りませんか! 

事実、体感上はかって何台も乗った85PS仕様のほうがパワー(トルク)があるような気がしました。

数値はまさに正直であり、Drの感性に間違いがなかったという証明です。


かのうような逆転現象の理由は105PSのチューンアップ手法に問題があると思われます。

早い話が、エンジン本体は全く同じで、ROMチューンなのでした。(エンジン型式は同じ!)

これは、FIATが商売上手な証明になるでしょう。

ROMのマップ書き換えはコストは変わらないのではと思います。

通常なら、圧縮比を上げたり、カムのプロフィールを変えるのが常道でしょう。

しかし、それは明らかにコストアップになりますし、商売上は得策とは言えません。

コストは同じで、パワーアアップ出来れば値打ちもこけるし、儲かるのは間違いありません。

同じ、20PSアップでもメカチューンなら、かのようなフィーリングにはならなかったでしょう。

だいたいROMチューン自体が、本当にパワーアップしているのかは、経験上微妙です。(一般的に)


それではこの105PSの存在自体に疑問を持たれるかもしれません。

しかし、全く悲観することもないようです。


最高速度は15km/hアップ!

105PS仕様の名誉の為に付け加えると、パワーアップはもちろん嘘ではなかった言うことになります。

ただ、実用域では体感出来ないのと、下手すると85PS仕様のほうがパワフルに感じることもあるということです。

因みに、85PS仕様にパワー切り替えはECOモード以外はありません。

105PSに拘るのであれば、SPORTモードをデフォルトにする必要があるでしょう。

結論としては、非現実的な最高速度ではなく、実用域でのパワーアップを体感できないのは残念です。



燃費とCOの比較

105PSの真実はともかく、最近のFIAT社の限定車やオマケ商法とかには、ちょっと賛同し兼ねることもある
というのが正直なところです。

商売上手に異論はありませんが、内容をもっと伴って欲しいというのが、FIAT愛好家の一人して提言したいです。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BMW M135i | トップ | FIAT500誕生60周年記念グレー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

試乗記」カテゴリの最新記事