あうのドラクエ日記

ドラクエのメモ兼日記。かなりネタバレです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

対戦RTA@あう邸

2011-08-16 21:59:07 | DQ5
今日はドラクエ5の対戦vsくねお

僕の呪いによって直前に彼に腹痛を起こさせることに成功。
勝負はプレイ前から始まっているのだ!

僕はいつも通り「あう」でスタート。
隣も当然HNで始めると思ったら名前を「あ」とかにしてやがる。
こんなやつに負けるはずがないと、ここで勝利確定(ぉ

幼年時代、最初の3戦闘は73Gで、力、HP、MP全て平均+1という順調な滑り出し。
ただ、レヌールでのエンカウントでビアンカがよくおちた。
経験値不足を補おうと無理してナイトウィスプ5と戦ったから負けた。
逃げるべきやったんかな。微妙だ。
ビアンカが何回も落ちてたから経験値的にきついと思って無理をした感は否めない。

しかもビアンカレベル5でHP28という展開で、
負けたらレベル6に上げて挑む決意でいった。
このHPなら結構勝率は下がります。
が、ここは無事勝利。
ここは納得の出来でした。
ビアンカにしっかり皮の盾を持たせていたし、
回復はそれほど噛み合なかったが、防御なども時々織り交ぜながら、
ここらは経験値でカバーできたと思う。

雪の女王は3、4ターン目かでルカナン入り、
ベラが気合いため打撃かわしたりといい運を引いたので楽勝。
この間二人の間の合い言葉「いやあ、今日もベラ様かわいいよ!」
ベラ様に愛されようと努力する我々は完全にキモオタリア充。

ラインハットはくねさんが道中殺されてるのをニヤニヤしながら見て、
自分は楽勝突破。確かスライムナイトに殺されてた。
この時点で彼はピエールのツモは悪いことに気づくべきだった。

大きなロスなくカジノ60万。いい感じでした。

スラリンは4つもくらい。
アプールは2戦1ツモ。
ピエールは行方不明だったが、最初のエンカウントで1ツモ。
メタスラはサンタ1、神の塔1。
ただピエールはいなかったので実質サンタ2と同じようなもの。

仲間運はスラリンが微妙でピエールは普通くらい。
保険のため匂い袋を1個買っていたがそれ使用後すぐ加入。
でも対戦RTAならこの使用は間違ってないと思う。

対するくねさんは日頃の行いが悪いためメタスラ青年前半0.ピエール15ツモと非常に悪い流れ。
ここで大差をつける。

こちらはニセたいこうで主人公が死ぬとか流れが悪くなる展開になったが、
くねさんはこの時点でまだピエールを捕獲できていなかったので、
そのまま起き上がるなよ!とか言いながら進める。

溶岩原人レベル14を目指したが、
敵編成に全く恵まれず、結局諦めて自殺ルーラ。
その後滝の洞窟でもいい敵に恵まれず、200くらいの経験値をちまちま稼いで、
やっとのこと最深部でレベル14。
これが今日はエンカウントに恵まれない病の序章でした。

その後はさくさく勧めたが、ジャミ戦のみ練習不足。
適当にやっても勝てるのが最大の問題。
ジャミ撃破で10分以上の差があったので、
ま、楽勝かなと思ってました。

タイム的に6時間半は余裕だなと、そんな風に思ってた時期が僕にもありました。

後半、まさかの大失速。
エルヘブンへの洞窟は全逃げなので問題ないが、トロッコのエンカウントがまずダメ
倒せない敵、経験値の少ない編成が多く、稼げたのは2000ちょい。
突破時点でレックスレベル6と非常にやばい展開。

この悪い流れはボブルの塔でも続く。
地上部分は基本的にゴールデンゴーレムを含む編成しか出ない。
地下部分はメガザルロックを含む編成ばかりやアンクルホーンばかりと、ほとんど逃げてました。
当然経験値は足りず、ゲマ直前でかなりうろうろ。
ここで5分以上はロスしてたと思う。
ブラックドラゴン?何それ?おいしいの?

何とかレベル16まで上げてゲマ1。ここは楽勝。

ブオーンは相当賢かった。レックスが異常に忙しく、また、スカラもやたら多く、
ほとんど安定しなかった。

イブール戦でフバーハを覚える予定だったので、もう少し経験値が必要だったが、
その後もいい編成に恵まれず。
結局稼ぎの悪い敵を殴り倒しながら、爆弾使いながらで何とか所定のレベルまで上げた。
ここでみるみるくねおが迫ってくる。

青年時代前半での10分以上のリードはイブールの時点で1分半差に。
それでもややリードしてることもあり、迷わずエルフのお守り購入を選択。
この判断は間違っていないと思う。
売却アイテムもなくお守りは買えるので、キアリクに手間取るロス、リスクを思えば買うのが最善という判断。

ゲマ2戦でもまだリードを保つ。
が、ヘルバトラーが爆弾でメガンテ両方無効。
ここで完全に追いつかれ、ミルド1戦は同時開戦という近年まれに見るデッドヒート。
が、ここでも悪運を引く。

ミルド1で仲間呼びが非常に多く、なかなかダメージが蓄積できない。
一時レックス死亡、主人公、サンチョドラゴンでキラーマシンがいるという状況ができそうになったが、
後攻炎でキラーマシンは除去できた(というか除去できることはわかっていた)ので、
普通に立て直す。
その後も激しい仲間呼びが起こり、結局撃破時には9000もの経験値を取得した。

ここで完全に追い抜かれる。
が、まだ魔神の当たり具合、イオナズン具合などによっては逆転可能と判断。
持ち味である攻めを全面に押し出そうと決断。

ミルド2-1はハイスピード攻略。
めずらしく天空の剣を持たせ忘れることもなかったので、安定した速度。
イオナズン多め、魔神当たりよしとかなり順調に突破。
対するくねさんは苦戦しており、なかなかモードチェンジしない。
気がつけば僕のほうが先にメラゾーマを打ってきて、先にモードチェンジした模様。
ここで逆転かな?といっても数秒差だったと思う。

2-2はピエールにももっと攻撃に参加してもらおうと思ったが、
わりと回復に手間取りなかなかダメージが蓄積せず。
モードチェンジはおそらくほぼ同時、もしくは僕がやや遅めだったと思う。

これはやばいと思い、モードチェンジを確認してかなり攻めを意識した。
本来主人公が使う世界樹をあえてレックスに使わせて主人公に打撃させたり、
できるだけレックスにも攻撃に参加させて、再逆転を狙う。

2-3はイオナズンも多く、痛恨はサンチョや防御主人公が受け止めたりと、
なかなか狙い通りの展開になり、そろそろ倒せることだと思い、
回復もややさぼりながら戦い、何とか先に撃破!
その数秒後にくねさんも撃破。
どうやら2-3もかなり強かったらしく、苦戦してた模様。

これは完全にエンディング勝負になるため、絶対にミスしないように慎重に進める。
そして無事操作終了!
クリアタイムは6時間29分12秒

対するくねさんは6時間29分18秒とその差わずか6秒。

まさに薄氷の勝利でした。

青年時代後半の失速でおそらく平均値プラス10分程度だったので、
普通にいけば楽勝のはずが、とんだ運を引きました。
でもまあくねさんもピエール運が悪かったとかメタスラ狩れないとかいろいろあったので、
総合ではほぼ同等の運だったのではないかと思う。

強いて勝因を挙げるなら何でしょうかね?
プレイ中も散々いってましたがおそらくドラクエ5に対する愛でしょう(ぉ
くねさんにはまだまだ負けんよ。

まあそれか、最後の詰めで攻めるところと守るところをきっちり見極められたことですかね。
太陽の冠の回収とか、エルフのお守り購入、キラーマシン対策のスクルトなど、
守るところをきっちりできたため大崩れしなかったし、
得意のミルド2はきっちり攻められたと思う。
反省点は非常に多いプレイでしたが、最終的に勝てたのでおk。

こんな熱い展開の対戦はおそらくなかなかできないんじゃないかなと思います。

まあ長くなりましたが、白熱した接戦で非常に楽しかったです。
普通のRTAはあまりやる予定はないですが、対戦ならこれからも機会があればやりたいなあと思います。

久しぶりに書いた日記がすんごい長文(笑)
ではでは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月26日 | トップ | 要練習 »

コメントを投稿

DQ5」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事