新旧の書籍および映画の批評,作品解説.
Augustrait





[提供:キネマ旬報社]
 2020年,NASAはマーズ1号で火星への有人飛行を成功させた.だが,火星上での探査活動中,乗組員は巨大な氷山のようなものを発見し,そこから発生した砂嵐に巻き込まれ遭難するという怪現象が発生.マーズ1号の当初の乗組員ながら妻マギーをを病気で亡くしたためミッションを断念したジムは,マーズ2号のメンバーとして宇宙ステーションでこの事態を知り,救出ミッションに乗り出す.こうしてジムはパートナーである親友夫婦ウッディとテリー,そしてフィルと火星へ出発する….

 ブライアン・デ・パルマ(Brian De Palma)の引き出しは,実に多彩.キャリアは,毀誉褒貶の嵐の中で形成されてきた.「スカーフェイス」(1983)「アンタッチャブル」(1987)では暴力描写での喝采と非難を同時に浴び,「キャリー」(1976)では原作者スティーヴン・キング(Stephen Edwin King)の称賛を得たが,トム・ウルフ(Tom Wolfe)の文学『虚栄のかがり火』の映画化は大コケ.配給のワーナー・ブラザーズとは,1970年代にウサギの虐殺シーンで対立したこともあった.「ミッション:インポッシブル」(1996)での成功は文句なしだったが,その続編の監督を蹴ってまで,本作に固執したという.デ・パルマの作風は,手がけるジャンルの多さも相俟って,一つところに停滞することを避けてきた.アマルティア・セン(Amartya Sen)の言葉を借りれば,「オリジナルであるということは,それだけ論争的」なのだろう.


(C) Touchstone Pictures 2000

 デ・パルマの情熱が,本作を世に問うことで,どれだけ江湖に訴えることができたか.残念ながら,称賛よりも批判のほうが大勢を占めた映画になっているようだ.デジタル合成,CG,VFXを駆使した火星探検.1990年代であれば,耳目を引いたことだろう.戦いの神マルスの名に由来する名の惑星は,地球外生命体の存在を強く示唆するSF小説の舞台ともなり,探検家が夢を馳せる資格を十分に持っている.しかし映画の撮影は,これまで宇宙空間を描いた映画の模倣を強く疑わせる水準に留まっている.火星の環境は,NASAの広報映像に忠実であり,ドリーム・クエスト・イメージズとILMのVFXスーパーバイザーの職人技も奮闘している.本作の「山場」は,複数ある.それは中間に二箇所,終盤に一箇所になっていて,相互に関連せずブツ切りになっている.このことが全体の低評価のポイントになってしまった.仲間の安否を確認するシリアスなミッションで,軽薄な陽気さを漂わせるクルー,さらなる犠牲を払わなければ,火星の謎に迫れないクライマックス.その痛みを癒す暇もなく,知的生命体とコンタクトを取る挑戦と驚愕.その直前には,生命体の発する「サイン」を主人公は易々と解いてしまう.怒涛の展開を導く方向性は,その都度振れる.

 地球人の先史文明と,すでにはるか先の文明を築いていた火星人が「血縁関係」にあるという発想は,実際のところ悪くない.手塚治虫のデザインを思わせる火星人の風貌と,1976年の米国の火星探査船「バイキング1号」が撮影した火星写真「人面岩」を絡めた謎解きも,面白い取り合わせ.しかし,SF,サスペンス,ドラマ,ミステリーのオードブルが小出しに繰り出されるために,全体的印象がほわっとして終わる.デ・パルマの動かす食指の長さは,特筆すべきもの.現在までのところ,本作での失敗により,ハリウッドは完全に彼のフィルムから手を引いてしまっている.エッセンスは,それぞれを陳列するだけでは作品性に貢献しない.調和をもって結合された全体の中に,評価すべき要素を部分に感じ取らせることができるか否か.それが優美な作品の条件になることを感じさせる映画である.物足りなさを残すけれども,なぜだか嫌いにはなれない作品である.


(C) Touchstone Pictures 2000

レッド プラネット 特別編 [DVD]レッド プラネット 特別編 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2001-05-18
売り上げランキング : 10867
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

++++++++++++++++++++++++++++++
原題: MISSION TO MARS
監督: ブライアン・デ・パルマ
製作: トム・ジェイコブソン
脚本: ジム・トーマス グレアム・ヨスト ジョン・C・トーマス
撮影: スティーヴン・H・ブラム
音楽: エンニオ・モリコーネ
出演: ゲイリー・シニーズ ティム・ロビンス ドン・チードル コニー・ニールセン ジェリー・オコンネル
□114分/アメリカ/2000年
(C) Touchstone Pictures 2000




« ■「バットマン... ▼『花のあと』... »