オーディオスペースコア

福井にあるオーディオスペースコアというショップです。
ちょっと拘ったオーディオを楽しんでみませんか?

YGオーディオラック納品セッティングしてきました♪

2020-11-17 11:42:56 | お客さま宅
今回はYGアコースティック社のRack1.3というオーディオラックをお買い上げいただきましたお客さま宅まで納品&セッティングしてきました♪

YGのボードで驚異的な音質向上が得れることは少しずつ色んなお客様宅で実証してきましたが、これのラック版3段(3倍)です!
元々はラックのみの販売だったんですが、実は私がボードを発売して欲しいとお願いしたのが始まりでした。
このRack1.3はRack1.1ボード3枚分で、一挙にどんな音になってしまうのか!!??と期待大です!


今の状態で一応試聴します。


組立は音質上など色々コツがいるので私が現場で組み立てをします。


棚板1枚1枚の共振周波数を乗せる機器の共振周波数と同期をとってキャンセルする仕組みです。

一台ずつセットしていきます。
重量に合わせてアイソレーターを入れていきますがサブボードを設置する時にもコツが要ります。
数量も色々やってきて何となく微調整出来ることが分かってきました!

そして、水平も取り完成♪



見た目もコンパクトでいい感じです♪

さて音はいかに!!??


いきなり全く異次元の音です!驚!!
お客様も私も音が出た瞬間からにんまり状態!!

実は事前にサウンドチェックした時に私なりに気になっていた点をお客様にお伝えしました。
200Hz付近にディップポイント、800~1kHzあたりにピークゾーンがあったのです。
何が原因かはラックをセッティングする前には追究しても仕方ないので言いませんでしたが、このRack1.3でまず200Hzのディップは飛躍的に改善され、帯域ごとの解像度のばらつきも無くなり全帯域で平均して倍ほどの解像度になって感じです!!
リアルそのものです!お客さまも試聴最中終始にんまりしてました。(^^)
1k付近のピークも随分収まって、一体感が出て全く次元の違う音楽性があります♪

機器の固有の振動をキャンセルできるので、音楽以外の余計な材質の音がなくなるとこんなにも解像度が上がりリアルになります!!

高価なラックですがこの音を聴くと今まで揃えてきたハイエンド機器が今まで勿体ない状態で50%くらいの音しか出てなかったのか??と思っちゃうので、お客さまは「このラック凄い価値あるわ~~!」とおっしゃってくれました♪


ほんと、良い音が出てお客様に喜んでいただけるのが一番うれしいです♪

ご興味ある方は、是非まずRack1.1を使ってみてください♪










この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CHORD 新型パワーアンプ試聴... | トップ | YGアコースティックスピーカ... »
最新の画像もっと見る

お客さま宅」カテゴリの最新記事