オーディオスペースコア

福井にあるオーディオスペースコアというショップです。
ちょっと拘ったオーディオを楽しんでみませんか?

ANKH活用方法♪

2020-10-02 15:36:51 | チューンナップ
前回お客様宅でオーディオリプラスのルームチューニングのセッティングをしたときに感じたことがありました。
それはスピーカーの壁付近の定在波がかなりステージ構築に影響していることです。

コアの試聴ルームでもなんとかならないか実験してみました♪

センターにあるANKHの壁面で、定在波の影響がどれだけあるかをテスト!
ANKHの裏面に吸音材を面でカバーしましたが…
音が前に出すぎ、ノイジーになってNGでした。

やはり、吸音材は「百害あって一利なし!!」とか言われていますが、吸音材は使いようで、低域には有効的に使うと物凄いメリットがあります。
そこで、中高域には吸音材が反応せず、低域だけに反応させれば吸音材のデメリットがないはずです。

最終的にはこんな感じに吸音材を設置!




表面から全く見えません!


これが想定外にバランスが良く実在感がグンッ!とアップします!!

ポイントは2つです!
1つは、壁面には強烈な定在波があってサウンドステージを乱している!
2つ目は、定在波を有効的に処理する吸音材は見えないようにする!

こんなに細くて小さなものでもちゃんと定在波だけを吸音してやるとこんなにもレスポンスが増してエネルギーが乱れずちゃんと形にあります!
しかも、吸音材独特のノイジーな音も無いし、倍音の響きが失われないんです!

本来は実際に音を聴いて、測定器で測定してポイントや量を判断をしていますので、ご興味ある方は納品などでお伺いした時にでもやりますので是非お問い合わせください♪


この記事についてブログを書く
« フラッターエコーと定在波チ... | トップ | スパイク交換してきました♪ »
最新の画像もっと見る

チューンナップ」カテゴリの最新記事