ブログあつたかい

しんちつが神の心にかなハねば いかほど心つくしたるとも (12-134)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日一日

2011年03月20日 23時16分20秒 | 思った事
今日は朝から腰が痛み、どうしたことか?と思案していた。
こんな事では災救隊にも行けないなぁ。
「行きたい、行きたい」と思うことがいかんのかなぁ。と思ったが治まらない。

そこにふと、天理時報が目に入った。
腰は身体の要である。要はおぢば、この声?
被災地へ出ている人たちには、この声は届きにくい。
ひょっとしたらと思い、本部のサイトを確認したところ、急に腰の痛みが楽になったように思えた。
そこで講社祭へ出かける前までの短い時間で打って、このブログへアップした。
講社祭にはとても楽に行く事が出来、道中色々と思案して、災救隊に行く事が出来るかなぁと一寸嬉しくなった。

午後はみたま祭。その後お下がりをもって信者さんのお宅へ。
その信者さんは20年余り、教会の事を親身になって下さっている方である。
その方、心臓の発作を持っておられ、その受診に行ったとき、女の看護師さんから顔色が悪い事を指摘されて、検査の結果、胃がんがあることがわかった。
 検査入院中、奥さんがお願いに見えた時に、修養科を進めた。
しかし、教会の事は一生懸命やるけど「うちでは朝夕のおつとめもしないので、それは無理です。」との返事だった。「じゃぁ。おつとめからしましょう。旦那さんにおつとめをしてというのではなく、一緒におつとめをしよう。と言って一緒に朝夕して見てください。」という事になった。
 胃潰瘍ではなく癌と診断されたが、他に転移しているわけでもなく、高齢でも手術が出来るとの事。ありがたい事だと、癌と診断された時には話をしていた。
 ところが今日、おさづけを取り次ぐ時に、ふと心臓の発作の事を思い出し尋ねてみた。
すると、あれ以来発作が無い。との事だった。
 胸が苦しいのは、「神様が胸が分からんと言われている」と聞く事がある。
また「二人のこころをおさめいよ なにかのこともあらわれる」とみかぐらうたにも聞かせて頂く。
今回夫婦揃っておつとめをする事で、神様が受け取ってくださったんだね。と共々に喜ばせて頂く事が出来た。

親神様のお働きは、火水風である。親神様を信じて、真実尽すように一つずつ歩みたいと思う。

災害の方も、原発の方はまだ油断ならない状態だが、救援物資のほうは道路の方が良くなって、徐々に届き始めているようで、災害初期の急場を抜けさせて頂けたように思うが、まだまだこれからである。

人は皆完璧なものではない。だから人を責めるのではなく、人を補うように、自分の出来る事を、真実込めて、歩みたいと思う。
そのためには、つなぎあう事、つなぎは言葉、つなぎは物。低い心でつなぎ合えるように努力したい。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 災害情報のサイト2 (3/20) | トップ | 放射能と放射線について »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
看護師 (看護師ですよ)
2011-03-21 02:22:54
看護婦ではなくて看護師です
ですね。 (きたろう)
2011-03-21 07:48:21
^^;
ご指摘ありがとうございます。
そうですね。今は看護婦では無く、看護師さんですねよ。

どうして看護婦さんって言葉が、看護師さんになったんでしょ。
私、看護婦さん。看護士さん。という言葉の方が好きなんですが・・・。
Unknown (12期のH2O)
2011-03-24 13:36:19
こちらでは、はじめましてです。
HNはゆっくりと読んでいただくと僕の名前になります(^^v

>どうして看護婦さんって言葉が、看護師さんになったんでしょ。

第一は、外国人看護師受け入れのための資格名称統一。また、資格で性別を分けることが好ましくないという理由と聞いてます。

資格で性別を表すということについては、女性軽視とか女性蔑視、職業軽視といった「差別的」なものではなく、雇用側が「看護婦募集」としたときに男性が応募できないというもので、雇用するときに男女の性差があってはならないという程度のものです。
「使用を禁止する」というお達しもないですしねv

なので、専門用語と言う意味合いが強いので、医療などの専門職や専門用語を正確に表現しないといけない報道関係ならまだしも、一般の方が日常的に使用しても差し支えないモノですww

まぁ、言葉尻をつっついていると会話が進みませんので(^^;
日常会話は分かりやすいのが一番ですww

ただ、介護系の場合「痴呆」が「認知」に、「養老院」が「老人ホーム」に変わったのは、言葉のイメージが悪いというものなので、前の呼称は使われなくなってます。
まぁ、言葉が変わってイメージが変わったかと言うと、実際そうでもないですけどねぇ(^^;;

あと、最近では「障害者」を「障がい者」と表現する方が増えてますが、これは無理があるなぁ~と言うのが実感です。
なるほど~~^^ (きたろう)
2011-03-24 16:20:30
疑問にお応え頂きありがとうございます。

私はてっきり、差別の問題からと思っておりました。
そうではなかったんですね。(^^)

看護婦さんの「婦」という言葉は、女性の持つ暖かさ、いたわり、やさしさなど男とは違った素晴らしいものを現しているように感じていたので、よかったです。

ありがとうございました。m(_ _)m

コメントを投稿

思った事」カテゴリの最新記事