全トヨタ労働組合(ATU)

トヨタ自動車および関連企業で働くあらゆる雇用形態・職種の労働者の企業横断型労働組合です。世界のトヨタの労働者との連帯を!

オーリス

2006年10月24日 08時31分16秒 | Weblog

トヨタが日欧戦略車「オーリス」を発売しました。年間目標は22万台の販売だといいます。
以下ロイター配信記事 
トヨタ自動車<7203.T>は23日、小型車「オーリス」の発売を発表した。日本と欧州で年間22万台の販売を目指す戦略車の位置づけにする。日本で新車販売の3割、欧州で4割程度を占める人気の小型車市場を攻略するねらいがある。まず日本で発売し、2007年春から欧州でも発売する。
 オーリスは小型のハッチバック車で、欧州市場を意識して欧州のデザインセンターがデザインした。小型車「カローラ・ランクス/アレックス」の後継車だが、イメージ刷新を印象付けるため「カローラ」の呼称を外した。渡辺捷昭社長は「日本で4万台、欧州で18万台程度を売りたい」と話した。ランクスとアレックスは05年に日本で3万5000台、欧州で15万1000台を販売した。
 木下光男・副社長は「トヨタには、世界で100万台程度を販売するカローラ、ヴィッツ、カムリ、IMV(アジア向けトラックなど)の四天王がある。20万台規模のオーリスは、その次の位置づけになる」と述べた。欧州でのライバル車種は独フォルクスワーゲン<VOWG.DE>の「ゴルフ」などを想定しているという。
 複数工場で生産することで、需要の変動に柔軟に対応する体制を整える。国内向け車両は、高岡工場(愛知県豊田市)とグループ企業の関東自動車工業<7223.T>の岩手工場で生産する。欧州向けについても、イギリス、トルコ、南アフリカ共和国の各工場のうち2工場での生産を検討している。
(ロイター) - 10月24日6時26分更新
以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« バイオエタノール車 | トップ | トヨタの欧州戦略車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

トヨタ 新型車 オーリス (新車ウォッチング)
トヨタの新型5ドアハッチバック「オーリス“AURIS”」が、10月23日から発売されました。 新型車オーリスは、新型1.8Lと1.5Lの二つのエンジンバリエーションを持ち、日欧統一名称の戦略車として新規開発されました。同じクラスのカローラ店販売車「カローラランク ...
オーリス(AURIS) (自動車トピックス)
こんにちは、自動車トピックス管理人です。オーリス(AURIS)は、10月23日に発売された、トヨタ(...