ATTACHMENT NAGOYA

ATTACHMENT名古屋店が発信するブログ

ATTACHMENT 14-15 AW / LONG SLEEVE U-NECK T-SHIRT

2014-10-02 23:36:18 | ATTACHMENT

- ATTACHMENT 14-15 AW COLLECTION -

AJ42-259 20/-ワッフルUネックL/S¥10,000 + TAX

 

 

 

 

 

 

20/-コットンワッフル地を使用。

太番手の糸のため、やや肉厚ではあるが柔らかい肌触りに、着心地抜群の伸縮性。

この生地の特徴は、立体的に織り上げられているため、保湿性と通気性に優れています。

気温の高いシーズンは肌に触れる面積が小さいのでサラッと快適、

特に冬は生地の保湿性のおかげで暖かく着ることができます。

防寒用としても優れているので、インナーに最適なアイテムともいえます。

真冬にとっても重宝するUネック長袖カットソー。

 

 

 

 MODEL : height 170cm , weight 60kg - model size 1

 

 

東海道新幹線が10月1日で開業50年を迎えた。

総走行距離は約20億キロで地球を5万周した計算になり、総乗客数は56億人!

 

 

 

初代「0系」は最高時速210キロ、東京-新大阪間は4時間で結んだ。

東京オリンピック開幕を10日後に控え、日本の高度成長を世界にアピールした。

その後、岡山、博多へと延伸し、東京-博多の東海道・山陽新幹線が完成。

 

- 1974年9月5日 食堂車が営業開始 -

「ひかり」に連結された食堂車は定員42人。

ジュース、ハムエッグ、パン、コーヒーの洋朝定食は700円だった。

それまでのビュッフェに比べ最大2倍の値段設定だったという。(2000年に廃止)

 

- 1985年10月1日 2階建て新幹線導入 -

21年ぶりの新型車両「100系」は、最高時速を10kmスピードアップしたほか、

初の2階建て車両も連結していた。昭和天皇も2階に乗車した。

 

- 1992年3月14日 「のぞみ」誕生 -

新たに導入された「300系」は最高時速が220kmから270kmにアップし、

東京-新大阪間は30分短縮され2時間半となった。

2時間半を実現するために名古屋駅を通過するのぞみは「名古屋飛ばし」と話題に!

 

- 来春、23年ぶりに最高速度を285kmにアップ -

山陽新幹線(新大阪-博多)は最速で時速300km、東北新幹線(東京-新青森)は320kmで走る。

2027年に開業予定のリニア中央新幹線(品川-名古屋)は505km。

国土交通省は7月、来春のダイヤ改定で、東海道新幹線の最高速度を23年ぶりに更新し、

270kmから285kmに上げることを認めた。

東京-新大阪間の最短時間は、今の2時間25分から2、3分縮まるそうです。

 

2015年3月の北陸新幹線延伸開業で、新幹線網は2600kmを超す。

将来のさらなる延伸も予定されておりますが、やはり財源が課題。

 

 

そう、1972年4月25日、グアム島に敗戦後28年間残留していた元日本兵の横井庄一さんが、

帰国後の故郷訪問で新幹線を利用し、28年間の進歩に驚く様子が報道された。

 

横井 庄一(よこい しょういち、1915年3月31日-1997年9月22日)、

愛知県海部郡佐織村(現愛西市)にて、生まれる。

愛知県豊橋市の洋品店に勤務(学校卒業後、約5年間)。

1935年(昭和10年)、満20歳のため徴兵検査を受け第一補充兵役編入。

のちに召集され帝国陸軍に入営、4年間の軍務の後に洋服の仕立て屋を開く。

 

1941年(昭和16年)には再召集され、満州を経て

1944年(昭和19年)からはグアム島の歩兵隊38連隊に陸軍伍長として配属。

 

1945年(昭和20年)のポツダム宣言受諾によって日本軍の無条件降伏が

発令されたことは知らされなかった。

横井らはジャングルや竹藪に自ら作った地下壕などで生活、

グアム派遣から約28年後の1972年(昭和47年)、

現地の行方不明者を捜す村人たちに遭遇、同年2月2日に満57歳で日本に帰還。

帰国後は、愛知県名古屋市中川区富田町に居住した。

 

『横井庄一記念館』

名古屋市中川区にある私営の記念館。

横井庄一を記念し、自宅の一部を日曜日にのみ公開している。

横井の没後、2003年(平成15年)頃、横井家と名古屋市との間において、

横井庄一記念館の建設計画が進み、2004年(平成16年)10月の開館を目標としていたが、

2004年2月に、記念館老朽化後の管理が難しいとの名古屋市の判断からこの計画は白紙となった。

その後、妻の私営という形で名古屋市中川区の自宅を改装して記念館とし、

2006年(平成18年)6月24日に開館した。

展示の中心は、横井が竹藪に掘って住んでいた穴を、

横井夫妻の知人の美術教諭が紙や竹などで再現した模型である。

横井が帰国後に復元した、パゴ(ハイビスカス)の木の繊維を織る機織り機や、

魚を捕るかご、ココナッツの実で作った椀なども展示されている。

 

そう、記者会見での言葉「恥ずかしながら帰って参りました」がその年の流行語となりました。

やはり、名古屋では有名な方でした。

洋服の仕立て屋だったということで親近感、湧きます。

 

 

『新幹線大爆破』

 新幹線の映画といえばこれ!

 1975年7月5日に公開、上映時間152分。

 

新幹線ひかり109号の乗客1500人を人質にとった爆弾脅迫事件が発生した。

爆弾は走行中の新幹線に仕掛けられており、列車の速度が時速80キロ以下になると爆発。

巧みなポイント切り替えによって、新幹線は速度を維持したまま南下していく。

だが、その終点は間近に迫りつつあった...。

 

 

キアヌ・リーブス主演『スピード』が大ヒットしたことがあったが、

それを20年ほど前に先取りした高倉健主演ノンストップサスペンス。

この作品は、ほんとおすすめです。

 

さあ、こんな時間。

本日もありがとうございます。

 

そう、A田さん、わざわざ東京から『VIRON』のバゲットありがとうございました。

 

本日終了「よっこいしょういち」では!

 

 

*ご購入金額が10,000円 以上の場合、送料は無料サービスいたします。

 

 

 

お問い合わせはこちら

ATTACHMENT NAGOYA

052 (262) 8556

OPEN DAILY,

EXCEPT WEDNESDAY,

FROM 12:00 TO 21:00


最新の画像もっと見る