双極性だけど生きていく

産後うつから、双極性障害と診断され、病気と付き合いながら子育て中。
日々の気持ちの浮き沈みの記録。

9/19

2018-09-19 19:58:46 | 日記
子どもは、今、小学6年生。

来春には、卒業式と入学式を迎える。

ふと、卒入学に際して着られるフォーマルスーツがないことに気づいて、下見を兼ねてデパートに行ってきた。

子どもを産んでから、デパートで服を買うことが全くなくなった。

それは、双極性障害になって、デパートに行く気力がなくなったこともあるし、金銭面で厳しくなったこともある。

なので、デパートで服を見るのは、10年以上ぶりで。

普段買っている服の、軽く10倍以上する値札におののく。

フォーマルスーツに至っては、20倍くらいするので、すごすごと退散してきた。

でも、値段が高いだけあって、縫製も丁寧で、デザインも洗練されている気がした。

パパに交渉して、お手頃価格のブランドで、また探してみようと思う。

9/14

2018-09-14 07:15:03 | 日記
とあるお茶会で出会ったお友達に、2か月ぶりにLINEをしてみました。

その結果、未読スルー。

そっと、そのお友達とのLINEを非表示にしました。

私は、彼女に対して好感を持っているけれど、相手にも気持ちのあること。

深追いをしてはいけないなと思います。


私は、どうも人とうまく人間関係を気付けないようで、友達の数もものすごく少ないです。

そのうえ、対人恐怖症なので、自分から連絡を取れる友達は、片手で足りるほど。

彼女は、数少ない片手に入る人だったので、とても残念です。

でも、彼女と私の中で、気持ちにズレがあったのでしょう。

去る者追わず…です。

9/13

2018-09-13 12:18:22 | 日記
双極性障害と診断された10年前。

それまでの寝不足を取り返すように、寝て、寝て、眠りまくった。

そして、たくさんの夢を見た。

目が覚めるたびに、夢が現実ならいいのに、と思っていた。


4年前も、ひたすら1日中寝ていた。

当時服用していたジプレキサの影響もあったのか、とにかく眠くてたまらなかった。

そして、起きていると辛い現実と向き合わなければならない。

ひたすら眠ることで、現実逃避をしていたのだろう。


昨日、今日と、午前中いっぱい寝続けた。

いろんな夢を見た。

今、きっと、また深いウツの底にいる。

私なりに、がんばってきたけれど、なにかのきっかけで、すぐウツに引き戻される。

また這い上がれるのかな。

一生このままなのかな。


もう疲れた。


9/12

2018-09-12 13:18:07 | 日記
今朝は、午前中の予定をキャンセルして、13時近くまで、起きては寝て、を繰り返して寝ていました。

朝ごはんも食べる気力が湧かず、ひたすら昼過ぎまで寝て。

たっぷり寝たら少しは回復するかと思っていたけれど、やっぱり辛い。

起きていると、心がザワザワ、ザワザワ。

それに。

掃除はサボれても、洗濯と食事作りは待ってくれない。

買い物も行かなくちゃならない。

9/11

2018-09-11 23:35:01 | 日記
胸のザワザワが止まりません。

自分は不幸なんだ、という考えが止まりません。

何をやっても不器用で、上手くいかなくて。

生きているのが、とってもとっても辛いです。


今夜はパパが飲み会でいないので、子どもと2人でした。

パパは私に冷たいので、私はいつも子どもに甘えてしまいます。

子どものためにと、簡単な夕食を作っていて、目玉焼きを落とすは、ガスコンロの火を消し忘れるは、でガックリしました。

その様子を見て、子どもも「今日のママはやばい」と思ったようで、たくさんお手伝いしてくれました。

そして、たくさん近くにいてくれました。

子どもが大きくなるまでは、なんとか頑張って生きたいです。

でも、早死にしたいので、健康診断には行きません。