笑顔でバレー

バレーボールの指導のことについて

あたりまえのこと

2008-10-13 23:21:31 | Weblog
  あたりまえということは、本当はとてもあたりまえではないということ。最近、つくづくそのことを感じる。例えば、家族。妻がいて、子供がいて、親がいてとごくあたりまえことだが、これだって何かしらの犠牲や努力の上に何とかバランスが保たれていると思う。私が少年団で土、日にいないときは家族にいろいろなしわ寄せが行く。だから、私が少年団に行くのは、家族にとってはあたりまえではないのだ。また、昨日私の親と妻と子供とでハイキングに行った。親と一緒に行動すること自体久しぶりで、こうして一緒にいられるのもあとどれくらいだろうと思うと決してあたりまえではない。だからこそ、家族を大事にしなければいけないと思う。

 それから、教室や少年団の子供たちでさえ、いつもいることがあたりまえではない。けがやいろいろな事情でいられなくなることだってあり得る。だからこそ、子供といるときを大事にしなければならないと思う。
 
 一期一会、今この瞬間を大事にすること、今やらなければならないことを全力でやることが大切なんだと思う。
コメント (2)