goo

墨廼江 大吟醸 吟星四十

久しぶりに、吟星四十を飲んでみました。



ただでさえおいしい墨廼江を40%まで磨いたら、そりゃおいしいに決まってます。

ここまできれいにしても、墨廼江らしいさっぱりした甘みと酸味のバランスがはっきりとわかるのがすごい。

残り、あとちょっとです。


そういえば、最近、娘のしずく(小2)の趣味が発覚しました。

何か月か前から、日本酒の空き瓶を捨てようとしたら、フタ(王冠)がほしいと言われるようになり、おままごとにでも使うのかな?と思っていたのですが、先日、しずくに聞いたところ、


「フタ、集めてるの。」


遊びに使うとかではなく、純粋に、コレクションのようです。





これ、楽しいのか?


いや、でもね、親としては、子供を最大限にサポートしてあげたい。


だから・・・、


がんばって、飲むからね♪
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

七水 純米大吟醸 斗瓶取り

沖縄から帰ってきました。

昼間いたところは22℃、仙台に着いたときは4℃。なかなかです。

さて、帰宅後、まずは日本酒。やっぱり、日本酒が一番です。

先日の栃木の地酒の中から、まずは、これを開けました。七水。

斗瓶取りです。どう考えても、おいしそうです。



お味の方は、もう期待通りのきれいさ。

香りはほんのり。濃さや荒々しさがなく、酸味と甘みがほどよいバランスです。

うま~い。そして、スイスイいけちゃうので減りが早~い。

---

そういえば、沖縄。

仕事で、弾丸ツアーでしたが、ちゃんと泡盛は飲んできました。



定番のしかなかったけど、現地で飲む泡盛は結構好きです。

厨房が船になってて、そこで料理していて、面白かったな。



翌朝は、来年イベントで使おうと思っている会場の下見。



数時間後にはMay J.さんが来たんだな。



その後、イベントで出そうと思っている泡盛の試飲のため、蔵へ。

同行した関係者のみなさんからの視線が・・・、


どうせ、あなた試飲するんでしょ?感


全種類飲むつもりでしょ?感


あとは、まかせた!感


安心してください。


僕、全力で期待に応えるタイプです。


泡盛は、とにかく熟成なんですね。



41~44度あるので、かなり濃かったですが、やはり試飲ではストレートの方が断然違いがわかりやすい。

銘柄や熟成年数が違う泡盛が数種類あったので、とりあえず、全部飲みくらべてみると、香りや甘みが違って面白かったです。泡盛の新酒は、日本酒と違って通年造っているそうで、これは飲み比べ用に調達するのに便利。泡盛選びは、だいたい見当をつけました。

こんな感じで、

試飲係としての任務完了。
(僕、今回、このために呼ばれた?)

では、これから、試飲以外にもちゃんと仕事した感を出すために、がんばって色々まとめます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

まんさくの花 純米大吟醸 超限定2017春

今頃?ですが、最近、まんさくの花の春のお酒を飲んでます。



原酒だし、もっと濃いのを想像してましたが、きれいでめっちゃ飲みやすい。原酒といっても、16度しかないからか。


・・・と、おとといまでは、こんな感じで仙台で日本酒を楽しんでいましたが、

今日の仕事は、これ。(どこかな?)







トロピカル~。仙台との温度差がすごい。


普段はビールは飲まないけど、せっかくなので、ランチからオリオンビールを飲んだとか、飲まないとか。(どっちかな?)


それよりも、もし晩ごはんのお店でおいしそうな日本酒があったら日本酒を飲むべきか、それとも、せっかくたがら泡盛を飲むべきか


なやむ~~~。


今日最大の悩み。
(お店も決めてないのに、悩み先行型)


気分転換にはなったけど、来週は激務決定です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

お酒たち、入場!

ホシザキくんの中がスカスカになってきました。

こうなるといつも嫁が、

「これでは恥ずかしくて街を歩けない!」

というので、とりあえず10升ほど発注しておきました。

そして、無事、我が家に到着。

早速、嫁に報告し、セレモニー開始。


「新しいお友達が来ました。それでは、ただいまよりお酒たち、入場~。」


ということで、新入生整列。入学式の写真も撮りました。



ちなみに、今回はすべて、大好きな栃木の地酒です。

そして、ホシザキくんも落ち着きました。(現在、3台目はお休み中)




娘のしずく(小2)からは、


「これで地震きても大丈夫だね。」


と言われました。

そっか、日頃から、


「ホシザキくんの中がスカスカだと、地震のときに瓶同士がぶつかって割れちゃうから、いつもギュウギュウにしてるんだよ」


と教えてるからか。

でもこれ本当なんです。東日本大震災のときに、ホシザキくんの中がギュウギュウすぎて瓶が動かず、我が家は日本酒被害ゼロだったんです。


先人の知恵を子供たちに伝えるというのも、大人の務めです。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

早すぎる、新酒の会

まだ出始めというこのタイミングで新酒の会をやるとのことで、参加してきました。

よくぞ集めた、この10本。





僕と嫁は、生酒、苦手なんだよなぁ・・・と思いつつも、覚悟を決めて飲み会開始!

やっぱり、全体的にフレッシュだったり、濃かったり。(当たり前か)

その中でも、鳳凰美田は意外に濃すぎず、生っぽさ全開でもなく、おいしくいただけました。

普段、飲むことはない八海山もかなり飲みやすい。

うすにごりでは、あたごのまつがおいしかったですね。

阿部勘の山廃もきれいめだったし、普段飲んでるお酒とは雰囲気が違うものが多かったですが、どれもおいしくいただきました。

いっぱい飲みたいところですが、翌日は朝イチから仕事だし、体質なのか僕は、生酒を飲みすぎると頭が痛くなるので、この日はほどほどに・・・・なんてことは、できるわけもなく


結局、いつもの絶好調な感じになってしまいました。


そして、ちょっとトイレに行って戻ってくると、嫁が誰かと電話をしている。


よく見ると、それ、僕の携帯?


状況を聞いてみると、僕がいない間に僕の友達から電話がかかってきたらしく、それに出て、酔っ払いトークをしていたようで。

とりあえず、電話を代わってみると、友達から、


「今、飲んでるから、来ない?」


もう、新酒の会は盛り上がってるわ、嫁は僕の友達と電話してるわ、飲み会の最中に飲み会に誘われるわ、何がどうなっているのかわからない状態。


それでも、留守番している子供たちに「8時に帰るからね~!」と言ってきたことを奇跡的に思い出し、ほどほどのところで帰りました。


そういえば、振り返って考えてみると、生酒を警戒してたのは最初だけだったような気が・・・。


でも、やっぱりお酒は火入れがいいなぁ。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ひやおろし、終わっちゃうのね

嫁が残業で遅くなる、僕は焼き鳥が食べたい・・・ということで、この日は娘2人を連れて行きつけの居酒屋で晩ご飯。

いつもの日本酒飲み放題で、宮寒梅AKABU陸奥八仙磯自慢・・・あたりを飲んでいると、店長が来て、


「単品のひやおろしメニューにある日本酒がもうほとんど終了なんですけど、あと3種類だけ残っていて、そろそろメニューも新しくしたいので、これも全部飲み放題でいいですよ」・・・と。


わかりました。これも、メニューのリニューアルのため。


微力ながら協力させていただきます。


というわけで、出雲富士萩の鶴のひやおろしもいただきました。





萩の鶴はこれで終了。

火入れの日本酒が好きな僕にとっては、ひやおろしの時期は、1年で一番いい季節だったんですが、それももう終わりですね~。


この萩の鶴の空き瓶で、冬の到来を感じました。


あ、そうそう、この日の晩ご飯。




うちの娘たち(小2、小4)、焼き鳥が好きなのはわかるんだけど、


一番好きな焼き鳥が、ハツと砂肝って・・・。
→ ねぎまとか、普通のじゃないのか!


カウンター席に座ってメニューも見ないで、常連のように発注って・・・。
→ 一応、メニューみようか。


それに、冷やしトマトを合わせるって・・・。
→ まずはポテトフライじゃないのか!



こ!ど!も!ら!し!さ!



そんなこんなで、飲み放題の時間もそろそろ終わり・・・というタイミングで、残業が終わった嫁が合流。



おかえりなさいませ。

ちょうど、この子たちの親の顔が見てみたいと思っておりました。



ここからは単品で、宮寒梅 醇麗純香鳳凰美田 ブラックフェニックスで飲み直し。

ずっと同じ店で飲んでたのに、なんだか、2次会まで行った気分になりました。おいしかった~。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

正雪 純米吟醸 山田錦 山影純悦

これは賛否分かれるやつです。

香りがきつく感じる人もいるのですが、そこが僕は大好きなわけです。

正雪の山影。



赤ラベルは、生詰じゃなくて生貯だから、正雪らしさ100%。これですよ、これ。この華やかで個性的な吟醸香。

でも、昔よりはだいぶ香りがおとなしくなりました。

ハマる人には深くハマるお酒ですね。

そんなに嫁が得意なタイプのお酒じゃないので・・・、


ということで・・・、


遠慮なく、僕が独り占め。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラストは、会津ほまれ

3連休最終日は、嫁が家で勉強をしたいというので、僕が娘たちを連れて外にランチに出かけました。

満腹になったところで、時計を見ると、夕方までまだだいぶ時間がある。

そこで、娘たちに


あつし:「今すぐ帰ると、まだちょっとしか勉強できていない。どこかで日本酒を飲んで、もう少し勉強させてあげよう!」

あずみ:「ああ、そういうことね。」


小学生でも、女子の視線って、刺さるのね。


でも、大丈夫。


この空気、慣れてるから。


そんなわけで、最終日の飲み歩きは、寿司屋で会津ほまれで締めました。



香りもきつすぎず、食中でも単体でもいける、ちょうどいい味わいでした。

しかし、今回の連休は、食べすぎた。(決して、飲みすぎてはいない。)


今週から、帰りは徒歩だな。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

出羽鶴で、引越し祝い打ち上げ

3連休、いかがお過ごしでしょうか。

我が家は、飲んでおります。

連休初日は、お世話になっている方の引越し祝いの飲み会があって、かなり盛り上がりました。


大きなイベントの後、人はみな、何をするか。


そうですね。打ち上げですね。


というわけで、昨夜は家族で打ち上げをすることに。

翌日も休みということで、お酒も遠慮なく・・・。僕は、聞いたことのない、淡墨桜というお酒からスタート。嫁は一歩己から。



つまみも、ちょこちょこ頼みつつ、



お酒をいろいろ試します。まだまだ、ひやおろしが楽しめます。







個人的な好みでいうと、この中では出羽鶴がきれいで香りがよくて、抜群に好みでした。出羽鶴は夏休みにも飲んだんだよなぁ。まあ、あれは出品酒だったので、別格だったけど、とにかく出羽鶴はうまい。

あとは、我が家の定番の雅山流もよかったし、雪の茅舎の山廃も飲みやすかった。


このあと、家で飲みなおして、打ち上げ終了!!

いやぁ、飲んだ飲んだ。やっぱり、翌日仕事がないっていうのは、いいですね。


しかし、この連休、一つ問題が・・・


夜は飲みまくっていますが、昼間もラーメン屋とかバイキングとかで、カロリーの森の中を駆け抜けています。


このままいくと、体重が・・・。


おっと、危ない危ない。

デブになるのを恐れない強い心を見失うところだった。

そんな弱気な子に育った覚えはありません。


というわけで、連休最終日、今日も森に冒険に出かけてきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

尾瀬の雪どけブーム到来

この間の週末、たっぷり飲んだ翌日。

せっかくの休みなので、朝ご飯は寿司屋で飲み会にしよう!ということになり、近所のショッピングモールの寿司屋へ。

今日の日本酒メニューは何かなぁ?と眺めていると、


おおーーーっ、ここにも、尾瀬の雪どけ!


そうそう、この前日の飲み会で、僕が一番好みだったのが尾瀬の雪どけでした。とにかく、きれいフルーティー系が好きなもので。

しかも、今回のは隠し酒って書いてあるので、余計に気になる。

当然、味見はこの一杯から。



でた。またフルーティー。うますぎる。

おいしすぎて、おかわりを注いでもらっているときに、店員さんに確認。


あつし:「あのー、この瓶が空いたら、まだもう一本あるんですか?」

店員さん:「このお酒は、これで終わりです。」


なんだと!?これは、他のお酒を飲んでいる場合ではない。


というわけで、嫁と二人で、こればっかり飲んでいると、突然、お別れの時がやって来ました。


あつし:「すいません。尾瀬の雪どけをください!」

店員さん:「あ、尾瀬の雪どけは、終わりました。」


別れがくるの、早かったな・・・。


ま、終わらせたのは僕たちなので、しょうがない。

別のお酒にシフトしました。


まあこれはこれとして、一時期、同じ蔵で造っている龍神にはハマっていましたが、実はこれまであまり尾瀬の雪どけは飲んでいませんでした。今年は、夏にも飲んだし、この前日にも飲んだし、なんだかよく出会います。

僕の中では、完全にブーム到来です。

また見つけたら、飲もうっと♪


おまけ:
そういえば、この日の娘たちのお目当ては、これです。



僕の誕生日が近かったので、このサービスのデザートを食べに行くのが目的でした。


結局、主役の僕は、一口も食べてませんけど、



大丈夫、娘たちをおびき出す口実だから。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いっぱい飲んでいい飲み会

僕の部屋の元メンバーが結婚したとのことで、久しぶりに集まって、結婚祝い飲み会をしました。

よく話を聞くと、なんと近々、子供も生まれるとのこと。

これは、めでたい。


このめでたさを伝えるには、相当飲まないと!


そして、それにふさわしいお酒たち。飲み放題コースで、なんという充実っぷり。



この他に、獺祭50も。

こうして、たっぷり飲んで楽しめたんですが、せっかく楽しいメンバーが集まったのにこのまま解散なんてもったいない、ということで、もう一軒。

今度はこんなお酒たち。



尾瀬の雪どけは、絶品でしたね。これはうまい。めちゃめちゃフルーティー。

そういえば、この日は、精米80%のお酒を何種類かいただきました。最近の80%は、クセもなくて、おいしいですね。

というわけで、


僕が結婚したのかっていうぐらい、主役より飲みました。


しかし、めでたくて飲むっていうのは、いいもんですね~。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )