goo

義侠 純米原酒70% 特別栽培米 2年熟成

いつもは、華やかフルーティーが多いけど、久しぶりに、落ち着いたお酒を。

精米70%の義侠です。



いつ飲もうかな?と思っているうちに、2年経ってしまった。

70%ということで、もっとクセの強いお酒かと思っていましたが、さすがは義侠。きれいで飲みやすい。

アルコール感も強調されていなくて、さっぱりとしていて、香りはほとんどありません。

派手じゃないので、我が家の場合、僕よりも嫁の好みに近いです。


さて、せっかくなので、今日は、僕と義侠との出会いについて、語ろう。


やめよう。


わすれた。


とにかく、東条特Aの山田錦にこだわったお酒が多いのと、すごく磨いているわけではなくほどほどの精米歩合なのに十分おいしいというところが昔から気に入っているわけです。で、たまに飲みたくなるんですね。

そんなわけで僕もちょこちょこ飲んでいましたが、ちょっと出張に行っている間に激減!

僕だったら、もっと減りが遅そうなお酒なんですけど、やっぱり、我が家は役割分担がよくできてるなぁと思いました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

勢起 純米大吟醸 金紋錦

昨夜はこちらをいただきました。

先日、しずくを買ったときに、気になって一緒に買ったお酒です。

久しぶりですね、勢起。日本酒飲み始めの頃に、よく飲んでました。当時とは、酒米も変わり(昔は山田錦)、ラベルも変わりました。



今の勢起は、どうかというと、これがまためちゃめちゃうまいです。

フルーティーというよりは、さわやかで控えめな吟醸香がほんのり乗った、引き締まった味わいのお酒ですね。

これはきれいだ。僕も嫁も好きなパターンなので、すぐになくなりそう。


ついでに昼間の話も・・・。


日曜日なので、外でランチを食べようということになったんですが、寿司屋がね、誕生日のお祝いにデザートくれるって言うからね。(←急にこんなサービスを思い出した。)



でね、まあね、ついでにね、ホント、ついでだからね。






・・・からの、勢起でした~。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

誕生日ということで、黒龍のしずく

昨夜は、下の娘(しずく・小2)の誕生日に一番近い土曜日ということで、お誕生会をやることにしました。

めでたいですね~。

さて、何を飲もう?

やっぱり、しずくの誕生日はこれでしょう。

黒龍のしずく



しょうがないよなぁ。名前がしずくなんだから。毎年こうなるよなぁ。

そして、娘がどうしても食べたいと言うドミノピザと、サーティーワンのケーキ。





あぶなく、黒龍のしずくでテンションが上がってしまい、ただの黒龍飲み会になりそうだったけど、これで誕生日っぽくなりました。

そして、ケーキのローソクの火を消してもらおうと、家族みんなで、ハッピバーースデーートゥーーユーーー♪を歌おうとして、「せーの!」って言ったら、その「せーの!」で火を吹き消してしまい、家族全員から、「そのせーの!じゃないからっ!」と突っ込まれるという。

まあでも、テイク2でうまくいきました。

しかし、この間まで、赤ちゃんだったのになぁ・・・。下の娘は、特にそんなイメージ。

ずっとこの小さくてかわいいままでいて欲しい気もするけど、早く一緒にお酒を飲みたい気もする。

そうやって悩んでいても、すぐに大きくなっちゃうんだろうしなぁ。


だから、お父さんとしては、


一番最初の飲む日本酒は何がいいか、

毎日いろいろ飲みながら選んであげることしかできない!



今日も飲みますけど、親心なので。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

AKABU F NEWBORN

今週は、仕事で石巻に行ったり、そのあとは東京に行ったり落ち着かなかったなぁ。

やっと仙台に帰ってきました。

で、久しぶりの自宅での晩酌は、赤武です。



買ったときは、気付かなかったんですが、これ本生だったんですね。

生酒は、嫁は味が苦手、僕は味は好きだけどたくさん飲むと二日酔いになるので好んでは飲まない・・・・んですけど、


めっちゃ、うまい♪


とろみもあり、香りもあり、今まで飲んだ赤武のイメージとは違い、フルーティーですね。

嫁が飲まないということは、


これ、ぜーーーーんぶ、僕がいただきまーーーす!


熱燗に全く興味がなく、きれいめの冷酒が好きというところまでは、僕も嫁も同じなんですけど、甘みが強かったり濃いめの味になると僕の得意分野になり、ドライな感じだったりすっきりめになると嫁の得意分野になる。


夫婦って、こうやって支えあって生きてゆくのですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

父の日飲み会

日曜日は父の日でしたね。

ありがたいことに、我が家でも、おもてなししていただきました。

父の日一次会は、獺祭でランチ。





昼間からたっぷりいただきました。

父の日二次会はどこにしようかと思っていましたが、この前日、たまたま行きつけの居酒屋の前を通ったらオーナーに会い、やっぱりここかと。

いつもは、飲み放題で宮寒梅だけど、父の日なので、お酒は単品で。

しかも、めずらしく徳利とお猪口で。





お酒は、結局、宮寒梅も飲んじゃいましたけど、他には、小左衛門とかいろいろいただきました。

それよりも、この日はこれです。

しょーがないなぁ、娘が飲めって言うものですから。



そして、父の日三次会。

しょーがないなぁ、娘が食べろって言うものですから。



家に帰ってからプレゼントももらい、ホントにありがたい一日でした。

こんなによくしていただくと、


お礼に居酒屋にご招待しないとなぁ。


感謝の気持ちですから!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

蕎麦屋で正雪と金雀といろいろ

今週は、僕も嫁も仕事が大忙しなんですけど、忙しすぎて、家で飲んでる場合ではなくなり、あと1日、金曜日を乗り切るには、今日の晩ごはんは近所の蕎麦屋だー!ということになり、昨夜は蕎麦屋へ。

よく飲み会の最後の〆に、ご飯物とか麺とかを食べる方がいますが、僕は食後にお酒を飲むタイプなので、まずは蕎麦です。おいしかった~。



そして、ここからは食後のおつまみ。マグロのカマ下は、絶品でした。



さらに、もう蕎麦よりも、ここのカツ煮を食べに来ていると言っても過言ではない、大好物。



こんなつまみたちと一緒に飲んだお酒は、こちら。

まずは、1人1回だけ頼める超お得な利き酒セットからスタート。自由に3種類選べるので、僕はこの組み合わせ、



嫁はこの組み合わせにしました。やっぱり、獺祭は入れちゃうよね。



あとは、単品でいくつかいただきました。







この日は、飲みなれた正雪と、初めて飲んだ金雀が、ハマりました。どちらも、さわやかフルーティー。他のお酒もすごくおいしくて、ハズレなしでしたけど。

そういえば、先月のブログ再開のときに、ブログタイトルを新しくしようと思っていたのを思い出して、部分的にリニューアルしてみました。

居酒屋風 一般家庭。これを目指している・・・・というか、嫁と結婚したときから、すでにそうなっている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

奥羽自慢 純米大吟醸40 出羽燦々 中取り原酒

先日の山形地酒まつり(自称)の帰りに買ってきたお酒です。

奥羽自慢は、何度か買ったことがあるけど、この出羽燦々の40%は初めてかな。



原酒で16度って、めずらしいですね。

それほど香りは派手ではなく、やさしい口当たり。これは飲みやすい。

昨日まで、書き物の締め切りに追われて大変だったから、このやさしいお酒には癒されます。

そう、昨日まではね、ホント大変でね・・・・。



終わった風に書いてみたけど、まだ終わってないから、ぜんぜん落ち着かない。




まだ他にもいくつか締め切り控えてるしなぁ。どうしよう・・・。



あ、僕が悩んでいるのは、どうやって締め切りに間に合わせるかではなく、


この忙しい合間に、どうやって飲むかです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏酒で、さわやかな日本酒の会

夏酒が出揃ってきましたね。

というわけで、夏酒の会に参加してきました。

この日のラインナップは、こちら。



左から、九頭龍、唯々、陸奥八仙、豊盃、まんさくの花、出雲富士、うごのつき、小左衛門、水鳥記、山和。

いい眺めです。

僕は好きなのを集中的に飲んでましたが、ふと隣に座っていた嫁のグラスを見てみると、片っ端から持ってきて、並べてました。

またきれいに並べたなぁ。



夏に合うと一言でいっても、いろいろパターンがあって、アルコールが低めのがあったり、甘さ控えめでややドライだったり、なかなか個性があって楽しめました。

その中でも、僕が気に入ったのは、がっつり濃いめの原酒のまんさくの花と、フルーティーな陸奥八仙でした。この10本の中では濃いめなので、万人受けするのは、もっと軽めの別のお酒のような気がしますが、好きなものはしょうがない。


しかし、冷え冷えのさわやかな冷酒だと、つい・・・・


飲みすぎちゃいますね。


まあでも、これは、僕のせいじゃない。


夏の女神があつしを誘惑してるからさっ。


よし、今年の夏の、飲みすぎの言い訳はこれでいこう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

花の香と蒼天伝と出羽桜

昨日は、午後から休日出勤だったので、晩ごはんは当然、居酒屋です。

この日、ハマったのは、花の香ですね。



初めて飲みましたが、甘くてきれいでおいしかった。気に入ったので、お店にある分は、全部いただきました。

そして、ちょっと辛口の蒼天伝の夏酒。



これは引き締まっていてバランスがよくて、花の香と交互に飲むと、飲み飽きしないですね。

花の香がなくなったあとの、甘め担当はこちら、出羽桜にしました。



香りがいいですね。さすが、安定のフルーティーさ。

というわけで、昼間の仕事でいただいた謝金はすべて居酒屋に納めてきました。こうなるともう、謝金をいただいたというよりは、謝金を居酒屋に運んだと言った方がいいかもしれない。


そして、普段は行かないんですけど、なんか帰り道でラーメンを食べることになって、がっつりいただいてしまいました。



おいしかったなぁ。太りそうだけど、この2か月でもう3.5kgもやせたから、まあいっか。

さて、今日は1日休みだから、今日こそはゆっくり飲まないと。

いや、ゆっくりは飲めないな。だって今日の夜は・・・・えへへへへ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

日高見 純米吟醸 天竺 山田穂

お店では、よく飲みますが、買うのは久しぶりな日高見。

天竺シリーズは、別格ですからね、しかも天竺の生の時期が終わって、火入れが出てきました。そりゃ買うでしょう。



今回は、山田穂にしてみました。

昔は、「やまだ」って読んでたけど、正確には「やまだ」なんですよね。

さて、お味の方ですが、これが予想以上にフルーティー。前からおいしかったけど、こんなにフルーティーだったっけ?

香りが派手なフルーティーというよりは、甘みの軽さと果実感ですね。とんでもなく、僕好みの味でした。

まだ、売ってるのかなぁ?もう1本買ってもいいと思いました。

どうしようかなぁ、買いに行こうかな?

で、行ってみたらもう売ってなくて、でも、夏酒が並んでて、結局、夏酒を大量に買っちゃうパターンだな、これは。

う~ん、我ながら、行動がわかりやすい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

磯自慢 純米吟醸 3年熟成

まあ、これですよね、磯自慢。基本中の基本です。間違いないやつです。

ただ、今回は、純米吟醸の3年半熟成です。ちょっと寝かせすぎたかな?とも思いつつ開けてみました。



色、見ますか?

なんと、



きれいに澄んでおります。

ということは、味は・・・・。

そうなんです。

これがもう、まったくヒネなしです。気にならないとかではなく、完全にゼロです。

抜群のバランスのきれいなお酒が、口当たり、超まろやかです。

これは、早かったですね~。短時間でこんなに減るかっていうぐらいのペースでなくなっていきました。

で、嫁は3杯半しか飲んでいないと言い、僕もそのぐらいしか飲んでいないと言い、でも、飲んだ自己申告の量と1升瓶に残っている量とは全く合わず・・・。


しかし、磯自慢が急に減った家には、内側からカギがかけられていました。


そう、つまり、これは完全な密室で起きた事件なんです。


ということは、当時現場にいた人間の中に犯人がいる、あるいは、当時現場にいた人間の中に外部からの犯人の侵入を手助けした共犯者がいるはず。

でも、犯行時間に現場付近では、家族以外の人間は目撃されていない。


こうして僕は、ついに事件の真相にたどり着きました。


犯人は、この中にいると。







あ、僕です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

久しぶりの龍神

土日は山形にいましたが、昨日は、東京でした。

仕事が終わると飲み会になりまして、日本酒選びは僕の仕事なので(大体そうなる)、今日の一杯目は、龍神にしました。

写真は、お店の雰囲気だけ。



久しぶりの龍神は、問題なくフルーティーでした。やっぱり、うまいなぁ。

このあとは、みなさんまた違うのを色々飲みたそうだったので、ほんの少し辛口の大信州にいってからの、バランスのいい上喜元。

そして最後は、どう考えてもこのお店で一番僕好みの龍神にもどる。

いい流れですね~。

僕の好きなように頼んでみました。


しかし、最近は出張多いなぁ。先週も今週も東京だったし、再来週もまた東京。

これは、どういうことだ。

そうだ。飲み会が多いということだ。

うん、いいことだな、これは。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

勝手に、山形の地酒まつり開催

昨日から仕事で山形に来ております。仕事は、昼間の2時間だけだったので、家族と一緒に来てみました。

到着したら、まずは蕎麦ですよね。



おいしかった~。

そして、仕事を終えて、お待ちかねの、山形の地酒まつり~!!(勝手に開催)

まつりということで、十四代の吟撰からスタート。



つまみは、好きなものを適当に。



このお店、日本酒メニューが冊子になっていて、量がすごかったな。全部目を通すのに、10分ぐらいかかってしまった。

そうなると当然、お酒は、一杯一杯コメントできないぐらい飲んでしまったので(悪いのは僕ではない!)、一気に写真でご紹介しましょう。































いやぁ、飲んだ飲んだ。

一応、スペックなどを見ながら、甘めできれいそうなのを選んで飲んでるわけですが、それにしても、「ひとつもハズレないな」と、嫁と二人で感動。

うまかった~。大満足。

でも、若干、飲み足りないので、ホテルに戻ってもう一杯。

山形のコンビニ、これが普通に売ってるって、すごいな。




まつりは、終わった。


さて、まつりが終わったら、人は皆、どうしますか?


そうですね、反省会ですね。


これだけ飲むなら、

一杯ぐらい微発砲を入れておいてもよかったのではないか?

火入れメインで飲んだけど生ももう2~3杯飲んでもよかったのではないか?

締めにもう一杯、十四代を飲んでもよかったのではないか?

・・・というのを、今夜、仙台に戻ったら、飲みながら家族会議です。


毎日、忙しいなぁ。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

宮寒梅、十四代、赤武、墨廼江、その他色々で親孝行

ずいぶん前から母親から、一度、僕が講演しているところを見てみたいと言われていましたが、そうは言ってもなかなか母親が入れるものはなく。

でも、久しぶりに市民向けの講演をすることになったので、先日、仙台に呼んであげました。

そして、講演終了後・・・。

わざわざ北海道から出て来てくれたので、これは、お・も・て・な・し、しないと!

というわけで、1軒目は、メジャーどころの日本酒が揃っているお店で、十四代、くどき上手、大沼屋、一白水成あたりをいただきました。


ダメだーっ。これでは、親孝行が足りない。


はい、2軒目。ここは、赤武や陸奥八仙の夏酒がおいしかったな。





真夜中になってしまったので、続きは翌日。

-----

2日目の1軒目は、ランチから。

まずは、寿司屋で墨廼江でしょう。



寿司屋だというのに、まるで、居酒屋のようなつまみ。



夜は、いつもの行きつけの居酒屋で、いつもの宮寒梅飲み放題。



いつもは、焼き鳥ばかりだけど、おもてなしなので、刺身も頼んでみる。





このあとは、うちで夜中まで飲み直し。

そんなこんなで、あっという間に、帰る日になりました。

-----

3日目の朝。

あれ?まだ親孝行が足りない気がする。

というわけで、最後は空港で蔵王を。





う~ん、こんなもんかな、親孝行。ホントはもっと親孝行したかったけど、飛行機の時間も決まっているから、仕方がない。

しかし、この親孝行に全部付き合ってくれるとは、

うちの母親、元気だな。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )