goo

上喜元 純米大吟醸 源 うすにごり生

これはちょっと前に源八さんで買った1本。

基本的に、うすにごり系はちょっと苦手な暴飲族。しかも、これはさらに苦手な微発砲。でも、酒飲みにとって先入観はよくありません。飲む前のイメージではなく、飲んでから味で判断しないと。しかも、我々の好みをわかってくれていて、毎回おもしろいお酒をすすめてくれる源八さんですから。

すごい甘いという感じはありません。さっぱりまではいきませんが、ベタベタしない甘みです。こういう甘さなら、うすにごりでも大丈夫です。

さて、問題は微発砲。我々は、やっぱり日本酒には発泡性の刺激は求めません。むしろ、我々の好みでいうと、微発砲のピリピリ感はじゃまなのです。でも、この「源」は、ぐい呑みお猪口に注いで5分ぐらいするとかなり発砲性が抜けました。10分ぐらいすると、発泡性はもうほとんどありません。

この段階でちょっと頭をよぎるのが、村祐。何杯も飲むというお酒ではありませんが、砂糖みたいな甘さじゃなくて、吟醸香混じりのほんわかした甘みがなかなかいい感じ。

そして、たしかこのお酒、かなりコストパフォーマンスが高かったはず。上喜元は、ちょっと一時期、味が落ちたかなと思ったけど、そろそろ復活でしょうか。大好きな銘柄なので、そろそろまたいろんな種類を飲みまくろうかと思いました。

山田錦/精米歩合50%。(製造年月 2006年1月)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

明鏡止水 純米大吟醸

我が家の定番とも言える明鏡止水。しかも純米大吟醸は一度ブログの記事にもしています。

が、何が違うかというと、BYです。これは4年熟成酒になります。封開けの状態で1年ぐらい冷蔵庫で寝かせつつ、ちびちび飲んでいましたが、もうなくなりますね。

もうちょっとまろやかになるかなと思いましたが、ちょっとまだ辛さは残っていますね。ピリッとくるほどではありませんが。熟成香は、そろそろ出るかなという段階ですね。まだはっきりとはわかりません。熟成香嫌いの暴飲族でもおいしくいただけます。

すっきり感もありますが、物足りなさは感じません。最近、めっきり無濾過の生を飲む機会が増えましたが、このお酒はレギュラーの火入れでも味わいしっかりです。

暴飲族にとっては、長野の地酒といえば、これが基準なのですが、どうなんでしょう?

山田錦(東条)/精米歩合40%。(製造年月 2002年5月)
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

南部美人 純米吟醸 (白ラベル?) 1年熟成

あら。あららららら。この南部美人、まだ1回も記事にしてなかったんですね。今まで何本も飲んでるのに。きっと、ブログを始める前にたくさん飲んでいたんでしょう。

知ってる人にはもうおなじみのこの特徴的なラベルの南部美人ですが、これは1年間自家熟成したものです。おいしかったので、キープしておいたんですね。いいぞ、俺!ご褒美に飲んでよしっ。

さて、味の方は、南部美人のいいところ全開です。岩手の地酒らしく(?)香り高いわけではないけれども地味すぎず、甘いというほどの甘さではないけれどもほんのり上品な甘さも感じられ、う~ん、旨いですね。

一言で言うと、バランスがいい酒ということになりますが、味がかなりしっかりとしていて、きれいすぎないところがこのお酒の魅力でしょうか。

このお酒は、新酒の段階では、ちょっと苦みが混じっていたような気がするんですが、どうでしょう?今年の出荷分は、最初から甘みが少し強調されているような感じもしました。

そうそう、熟成香とかそういうのは、まったくありません。暴飲族は、熟成好きなんですが、熟成香は苦手なのです。ただ、1年ぐらい寝かせて、ちょっとまろやかにしたいだけなんです。

こういうプチ熟成いいですね~。たしか、3千円台なので、CPも高いです。我々の中の南部美人のイメージを一気に良くしたお酒です。

山田錦/精米歩合50%。(製造年月 2005年3月)
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

磯自慢 特別本醸造 生酒原酒

飲み慣れた磯自慢の特本ですが、本生の原酒は初めて飲みます。味も香りも、たしかに特本なのですが、生原酒だけあって濃いめ。飲まなくても、香りだけで磯自慢だとわかりそうです。といっても、どっしり感が感じられるほどの濃さではなくて、磯自慢にしては濃い、といった程度。この濃さが、味の厚みをより一層感じさせます。

封開け1ヶ月ぐらいで、だいぶカドが取れましたが、それでもまだ若さが残っています。当然、封を開けないで1年ぐらい寝かせたらどうなるんだろう?という好奇心がわいてきます。というわけで、すぐに酒屋に行って、熟成用にさらにもう1本GETしてきました。この若い感じが取れたら、相当うまいだろうなぁ。1年後のお楽しみです。

東条特A山田錦/精米歩合 麹55%、掛60%。(製造年月 2006年3月上旬)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

日高見 純米吟醸 天竺 山田穂 瓶囲い

あら、これはまだブログに載せてなかったのか。
もうなくなりそうですね。

以前、天竺の雄町(こっちは生)を飲んだときにも書きましたが、かなりやさしくて大人しめで無難なお酒というイメージのある日高見ですが、この天竺シリーズは旨み十分。

初めて天竺シリーズを飲んだのは愛山で、これはうまいと思って酒屋に行って買おうとしたら、雄町しかなく、でも雄町もなかなかうまくて、やっと今回は山田。でも、知らなかった。

山田錦じゃなくて、山田穂っていう米だったのか!?

気付いたのは、日高見の会に行って蔵の方と話をしたときですね。

だってね、ラベルに貼ってある山田穂の字体もかなりくずれてるし・・・・と言い訳しても、今見るとどう見ても山田穂だ。いやぁ、思い込みって恐いですね~。はははははは。(笑ってごまかしちゃえ)

さて、味の方は、よく居酒屋で飲む日高見(純米かな)よりもやや濃いめで吟醸香もほんのりあります。火入れでこれなら十分でしょう。甘さはちょっと控えめな感じがあります。さっぱりしてますね。封開けからかなり日が経ってますが、熟成感はないですね。まだ半年じゃこんなもんか。結構うまいんですけど、食中酒向きなのかな。

山田穂/精米歩合50%。(製造年月 2005年10月)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

七田 純米吟醸 無ろ過

先日、盛岡に飲みに行ったとき、結構味が好みで気に入った七田。あのとき、盛岡のお店では、無濾過の生をいただきました。

さて、実はその前日、暴飲族は福来屋酒店で七田を買っていました。ただし、お店の方の話も伺って、迷った挙げ句、無濾過の生ではなく、無濾過の1回火入れ(生詰)の七田を購入しました。盛岡の居酒屋で飲んだ無濾過の生は、ちょうど迷ったもう一方だったので、まさに飲みたかったお酒だったわけです。

無濾過の生は、味の方向性は好みだけど、ちょっと濃い印象がありました。今回の火入れの方は・・・。

濃さはバッチリ、無濾過よりも飲みやすくていい感じです。我々の好みで言うと、薄い感じもなく、水っぽさもなく、ホントにちょうどいい。

味の方は、封開け間もないけど、そんなにカドもなく、甘さと酸味がうまくバランスしていて、う~ん、ただもうちょっと甘みが強いか酸味が弱いかの方が我々の好みかな。吟醸香は、華やかな方ではありません。

このお酒、熟成はできませんね。なぜかというと、もうなくなりそうなんです。なんだか、知らないうちに、スイスイ飲んでしまったようです。こうなると、純米大吟醸クラスをじっくり飲んでみたくなってきました。そのうち試してみたいと思います。

麹米:山田錦/精米歩合50%、掛米:佐賀の華/精米歩合55%。(製造年月 2005年12月)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

初亀 純米吟醸 べっぴん 5年熟成酒

あまり好みド真ん中の味じゃないんですが、つい買ってしまう初亀。べっぴんはよく見かけますが、実は初めて飲みます。その初めてが、なんと5年熟成酒!(買った時点で)

まず、色でびっくり。ほとんど色がついていません。5年でこれですか?!そして、味でまたびっくり。ヒネるどころか、熟成香が全くしない。ほとんどないんじゃなくて、完全にゼロなんです。ただし、長いこと寝ている分、まろやかさは十分。新酒だとちょっと気になる初亀特有の酸味もかなり弱くなっていて、これは飲みやすい。

長い熟成で味や香りが飛んでることもなく、濃いわけではないけど、ちゃんと厚みと広がりのある味わい。静岡の吟醸酒のいいところが存分に味わえます。

それにしても、これで5年熟成かぁ。初亀の熟成酒を飲むたびに思いますが、初亀ってホント熟成に強いですね~。

山田錦/精米歩合50%。(製造年月 2001年4月)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

善知鳥 大吟醸 百四拾

いやぁ、善知鳥の季節ですね~。今年もそろそろ店頭に並ぶのでしょうか?

昨年は、善知鳥の山田(写真右)を堪能しました。実は、昨年、百四拾(写真左)も買っていたのですが、封開けのときから熟成香が混じっていて好みではなかった。見た目もしっかり色がついていました。

そのまま、ホシザキくんの中で眠っていたのですが、味が飛び始めているんだと思いますが、熟成香が弱くなり、まろやかでクリーミーな心地よい味わいに変わりました。これなら、好みの範囲です。ただ、これを過ぎると、きっと熟成香が強くなってきて我々の好みから外れていくんでしょうね。

そして、善知鳥の山田もあと1合だけ残っていたので、百四拾と飲み比べてみました。こちらは、1年経った今も熟成香は全くなく、まろやかで上品な吟醸香が広がります。余韻も申し分ないです。これはうまい。価格は倍ぐらい違いますが、味は山田の圧勝ですね。

さて、今年はどうしよう?やっぱり買っておこうかな。迷っていますが、店頭で見たら即買いそうです。

華想い/精米歩合40%。(製造年月 2005年6月)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

3LDKI

ブログ開設1周年記念特別企画として、我が家の居酒屋部屋を紹介しましょう!

我が家の間取りは、3部屋+リビング・ダイニング・キッチン+居酒屋。

名付けて、3LDKI!

居酒屋部屋の入り口は、こんな感じです。



一応、のれんもあります。写真では、リビングにあるホシザキくんも右の方にちょこっとだけ見えますね。写真右側の壁には、天井からぶら下げた すだれに日本酒のラベルがいっぱい貼ってあります。

中に入ってみます。日本酒ラベルは、ブログを初めてこの1年で飲んだお酒たちです。



もういっぱいになっちゃったので、次はどこに貼ろうか考え中です。

で、このすだれのある壁の反対側(向かい側)の壁はどうなっているのかというと、こうなってます。



焼酎棚は、暴飲族の自作です。壁に固定してあるので、地震でも大丈夫です。最近は、すっかり焼酎は飲まなくなったので、あまり減りません。大好きな、「うえぞの」「酔がこい」「三岳」なんかを在庫してます。

平日は、ほとんどリビングで飲んでいるので、あまり居酒屋部屋は使いませんが、たまにここで飲むと、ちょっと気分が違っていい感じです。

う~ん、もっと居酒屋っぽくしたい。次は何をしよう?
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

1周年記念!!

今日は何の日でしょう?

そうですっ。暴飲族、1周年記念でございます!!

わーい、やったー!なんとか続いたー!

思い起こせば1年前、しこにほチームにそそのかされてブログを始めたときは、まさか1年も続くとは思いませんでした。ちょうどあの頃は、飲んだお酒を何かに記録しておこうかなと考えていたときで、まさにブログはぴったりでした。

というわけで、最初は、自分用の備忘録のつもりで書いていましたが、だんだんコメントなどもいただくようになり、アクセス数も増え、多くの方に見ていただいていると思うと、続けることも意識するようになり、なんとかここまでたどり着けました。いつもご覧いただいているみなさま、毎回のようにコメントをくださるみなさま、ありがとうございます。また、特に、同じ時期にブログを始めて、暴飲族開始直後を支えてくださった、まき子さん酔ゐどれさん地酒星人さんには、本当に感謝しています。(勝手に同期だと思っている。)

さて、ご挨拶はこのぐらいにしまして、山輝亭さん地酒星人さんが過去に飲んだお酒を集計していたのを見て、恐い気もするけど1周年の記念に暴飲族もやりたくなってしまいました。結果は、こうなりました。



ブログで紹介した日本酒は、1升瓶96本、4合瓶11本。1升瓶:1.8L、4合瓶:0.72Lとして単純に計算すると、ほぼぴったり180L。

わーい、きりがいい!1石(こく)だ、1石!

内訳は、だいたい予想はしていましたが、半分以上が大吟醸~純米大吟醸で、純米や本醸造は数えるほどでした。この辺、きっと経験豊富な酒飲みの方からすると、典型的な駆け出しの酒飲みなのかもしれません。でも、もうしばらくは若造のまま冷酒で突っ走りますので。

ところで、このデータ。2人で1石なら、まあいいかと思っていたけど、よーく考えると、旅行先や居酒屋で飲んだ分が全く入っていない。飲み過ぎるのは、いつも家ではなく居酒屋なので、外で飲んでいるのはもっと多いのか?いや、家で飲んでも、まずかったお酒はブログに載せていないので、それもカウントされていない。

もしかして、この1年間で飲んだ総量は、一人、1石か・・・。

いやいや、証拠がありませんから。ははははは。

あくまでも、疑惑ですよ疑惑。ははははは。(笑ってごまかしとこう)

そんなわけで、もうしばらく続けてみようと思いますので、これからもブログ暴飲族をよろしくお願い致します。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

東北泉 純米しぼりたて 生酒

これは源八さんで試飲して、迷わず買った一本。香りは、派手ではないけど、なかなかしっかりあります。出荷から1年以上の熟成になりますが、ヒネや熟成香はまったくなし。東北泉らしいやさしい口当たりで、後半はさわやかな甘みが盛り上がってスーッと消えていきます。とにかく、香りと味のバランスがいいです。もしこれが火入れだと、ちょっと物足りないのかもしれません。最近出回ってる飛露喜の特別純米無濾過生原酒あたりが好みで、少し違った味を楽しみたいという人にはオススメです。コストパフォーマンスは文句なし。そういえば、東北泉って、レギュラーの純米の生酒もなかなかいけますよね。

精米歩合 麹米 山田錦50%/掛米 美山錦55%。(製造年月 2005年3月)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

GW岩手旅行 【盛岡編】

龍泉洞を後にして、向かうは盛岡!
また峠を越えて、昼頃には盛岡に着きました。

でも、ホテルのチェックインにはまだ時間が早い。
ということで、それまでは花見です。

向かったのは、高松の池。桜が満開でした。



まずは、一休み。当然これです。



そして、お腹が落ち着いたら、目に入ってしまいました。



当然、乗るでしょう。



鳥にえさをあげたりしながら、夜の飲み会に備えて、しばし休息しました。

そんなこんなで時間をつぶして、ついにやってきました盛岡飲み会。
今回は、酔ゐどれさんにいろいろお店を紹介して頂きました。(ありがとうございました!)

まずは繁華街をぐるっとひと回り。何軒かのお店の場所を確かめて、う~ん、どこにしようか、やっぱり迷う。でも、ここに決めたっ!

「大たる」です。・・・ちょっと来るのが早すぎたか。



体調を整えながら、開店時間を待って、



開店と同時に入店!しかし、どうも様子がおかしい。メニューには本醸造と純米しかない。冷酒好きの暴飲族は、純吟以上の酒が飲みたいのだ。

店員さんに尋ねてみると、我々が入った2階のお店は、若者向けでリーズナブルな価格のお酒しか置いていないとのこと。そっか、地下の方のお店に入らないといけなかったんだ。ということで、店員さんには申し訳なかったけど、地下のお店に移動しました。

ふぅ。やっと飲み会開始です。注文は、90mlと180mlが選べるので、いろいろ飲もうと思って90mlで。つまみは刺身や串焼き、その他いろいろいただきました。



さて、今回もいろんなお酒を楽しめました。

■田酒 純米吟醸
最初は、確実に旨いこの辺から。甘みがメロンのようで、超フルーティー。問題なくうまい。

■義侠 純米大吟醸 山田錦 生
バランスがいい。香りは控えめ。生の濃さは感じない。

■あづまみね 純米吟醸 美山錦 無濾過生 生もと
ちょっと酸味が気になる。生もとは飲み慣れていないので、こういうものなのかもしれない。ややすっきりしていて、悪くはない。

■大信州 中取り 大吟醸
超すっきりだけど、後味はちゃんとある。香りは控えめ。

■雨後の月 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦
これの雄町は、超お気に入り。山田もかなりうまいです。この酒は、ホント、よくできてる。

■佐久の花 純米吟醸 無濾過生原酒
長野のお酒だけど、これはまだ飲んだことがない。ちょっと濃いめだけど、まろやかでいやな酸味もなくて好み。

■菊の司 大吟醸 無濾過生
バランス良くてうまいんだけど、全体的に控えめな印象で、インパクトが弱い。

■村祐 純米吟醸 無濾過生原酒 亀口取り
かなり甘いけど、甘ったるいまではいかなくて、リンゴのようなフルーティーな味わい。うまいけど、2杯は飲めない。

■東一 純米吟醸 49% 無濾過生 山田錦
濃くて甘め。ちょっと微発砲だった。

■月の輪 Love Piro 純米吟醸 愛山
結構さっぱりめ。すっきりしすぎることはなく、まあまあといったところでしょうか。

■七田 純米吟醸 無濾過生
やや濃いけど、まろやかでこれは旨い。超好み。さすが、佐賀県!

■陸前八仙 純米吟醸 無濾過生原酒
濃くてちょっと酸味あり。もうちょっとすっきりしていれば好みなんだけど。

■醸し人九平次 純米吟醸 雄町
意外なことに、九平次の純吟の雄町は初めて飲んだ。きれいでしっかりした味。酸味もほどよい。

■南部美人 純米吟醸 白ラベル
家にもあるけど、新しいのを飲んでみたかった。さっぱりしてるけど、バランスよくておいしい。初めて、岩手で南部美人を飲みました。(でも二戸じゃなくて残念)

■善知鳥 大吟醸
まろやかですっきり。香りは少ない。でも、めちゃうま。さすが暴飲族のお気に入り。

■天明 純米吟醸 生
濃くて甘め。うまいんだけど、もうちょっと甘さが控えめな方が飲みやすいなぁ。

と、いろいろ飲んだんですが、結局、最後は七田に落ち着きました。ごちそうさまでした。

そういえば、大たるは、びっくりするほど会計も安かった。こんなお店、仙台にも欲しい。

今回は大たるだけで燃え尽きましたが、今回行けなかったお店にも、ぜったいにいつか行ってやるぞー!
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

GW岩手旅行 【龍泉洞編】

食べて飲んで遊んだら、3日目は観光でしょう。

チェックアウトして、けんじワールドを後にしたら、まずは銀河高原へ直行!



ここはビールなので嫁の専門だ。朝ですが、せっかくですから飲んでもらいましょう。



ホントは、中のレストランで飲みたかったけど(運転手の僕はもちろん飲みません)、まだ営業時間前だったので仕方ない。ビールと一緒にちょっとつまみを調達して、この日の目的地、龍泉洞に出発!

途中、こんなローソンを見つけました。



地酒ローソン。いや、これが、割と地酒が置いてあるというレベルではなくて、店内は完全にローソンなんですが、奥のお酒コーナーには、冷蔵状態の地酒が結構並んでいる。例えば、南部美人あたりは、大吟醸クラスまでありました。(もちろん、定価で。) 掘り出し物というレベルのお酒まではないけど、家の近所にこんなローソンがあったら幸せ。

と、車を走らせているうちに着きました、龍泉洞。



中は寒いかなと思っていたら、かなり階段も多くて、天井の低いところもたくさんあって、なかなか歩くのに体力が必要。長い急な階段は途中でくじけそうになりました。上から水がぴちょぴちょ落ちてくるので、ところどころ屋根も付いてます。



この日は、龍泉洞のすぐ近くで宿泊。ひとっ風呂浴びて、飲み会開始です。



外は景色がいいんだけど、飲むにはちょっと寒かった。

晩ご飯には、やっぱり怪しげな水のペットボトル。この日のペットボトルの中身は、前日の残りの豊盃 純米吟醸 豊盃米55%です。



晩ご飯の後は、部屋で飲み直しなんですが、飲んでると欲しくなる汁物。旅慣れている暴飲族は、常にみそ汁を装備しています。湯飲みに半分ずつ入れると、ぴったりサイズ。う~ん、うまい。



この時点で手持ちのお酒がぜんぶなくなってしまいました。

でも、もう必要ありません。
これで温泉は終了。あとは、盛岡での飲み歩きですから!

(つづく)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

GW岩手旅行 【けんじワールド編】

旅行2日目。おいしいものを食べた後は、たっぷりと遊ばないと。
しかも、しばらくたっぷり飲み食いするわけだから、体を動かさなければいけません。

というわけで、岩手と言えばここでしょう。

けんじワールド!!



連休中とはいえ、平日。ガラガラでございます。
ウォータースライダーも乗り放題、流れるプールでだいぶ体力を使ってみましたが、やせたでしょうか?

遊んだ後は、当然、水分補給なんですが、ビールが嫌いな僕は酎ハイ。ビールを飲む嫁は、地ビールを飲んでました。おいしかったそうですが、やっぱりビールは苦そう。



この日の晩ご飯は、割とありがちな感じだったのですが、やっぱり必要なのは、おいしい日本酒でしょう。ちょっと不自然な色の付いた水のペットボトル。中身は、前日の残りの磯自慢 大吟醸です。やっぱりうまかった。



晩ご飯の後、ちょっと寄り道。ビンゴ大会をやっていて、嫁がやりたいというので、参加してみました。



なぜ嫁がビンゴをやりたかったというと、景品のバイオリンのおもちゃが欲しかったようです。ビンゴ大会が始まると、どんどん景品が他のお客さんに取られていきます。しかーし、バイオリンは辛うじて残っている。もう景品が残り少なくなったその時、なんと嫁がビンゴ!!すごい、ホントに取った。



部屋に戻った後は、移動の途中で調達した豊盃 純米吟醸 豊盃米55%



すっきりしてるけど、後味の米の味わいが個性的でおいしかったです。こんなチーズも食べたりなんかして。



この日は、かなり体を使ったので、ぐったり。ちょっと飲んですぐに寝ちゃいました。それにしても、嫁の運はすごい。景品のセレクションはもっとすごいけど。

(つづく)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

GW岩手旅行 【前沢牛編】

いやぁ、たっぷりと休みました。パソコンにもさわらずに。
これで年度始め激務の疲れも取れ、気分も一新!!
(でも、休みボケで、しばらくは本気で仕事したくない)

さて、暴飲族はこの連休は岩手で飲み歩いていました。
今回の移動は高速も使わずにのんびりと。

まずは、仙台からちょっとだけ北上して平泉へ。
(今はあの辺は奥州っていうんですね)

第1日目は、大型連休のオープニングにふさわしい贅沢料理で。

宿に着いたらすぐに温泉につかって、現実逃避。
そして、ちょっと一杯飲んで、おなかが減ったころにそろそろ食事の時間。
今日のメインは前沢牛。だけど、その他にもおいしい料理がいっぱい。

前沢牛のにぎりもうまかったし、刺身の中トロも最高にうまかったし、芋煮もすごいうまかった。(他にもいろいろ)




でも、やっぱりこれでしょう。メインの前沢牛ステーキ。



うまさはもちろん、大きいし、厚さも1cm以上あって、食べ応え十分。満足度100%です。



これに合わせたのは、家から持っていった、1年間自家熟成させた磯自慢 大吟醸

前沢牛の甘くとろける脂と合わせると、フルーティーな白ワインのようです。絶妙な組み合わせでした。フルーティーさも、チャラチャラした感じではなく、じわっと後から広がるような。熟成具合も好みに仕上がっていて、さっぱりしながらも超まろやか。もちろん、食後はお酒だけでじっくりと味わいました。



というわけで、岩手旅行の第1日目は、今考えつく最高の贅沢を味わってみました。

毎日、こうやって過ごしたい。

(つづく)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )