goo

正雪 純米吟醸 山田錦 別撰 山影純悦

正雪の山影にはずっと疑問に思っていたことが一つあった。宮城で買ったときは赤ラベル、福島で買ったときは緑ラベル。この違いはなんだろう?中身が違うのかな、と思ったが、同じ山田50の純米吟醸。なぜか日本酒度だけ違って、緑ラベルが+3、赤ラベルは0。しかし、先日酒屋の主人に聞いてやっとわかりました。山影は、春先の新酒の段階で最初の出荷、次に熟成させた後、秋頃に2度目の出荷をするそうだ。そう言われてもう一度ラベルをよーく見てみると、緑ラベルは「生酒を瓶詰→湯煎で火入れ→低温熟成→出荷」、赤ラベルは「生酒を瓶詰→低温熟成→湯煎で火入れ→低温熟成→出荷」。赤ラベルは火入れの前に熟成をしているではないか!そう、おそらく春先に出るのが緑ラベル、熟成後に秋に出るのが赤ラベルなのだ。

さて、味の方はというと、緑ラベルは普通の正雪の純米吟醸に近く、若干旨みや香りが強いような感じ。ところが、赤ラベルはすごい。これで純米吟醸酒か。1万円クラスとまではいかないかもしれないが、間違いなく7~8千円クラスの酒と言っても通るような味と香り。(実際は3千円台。) 何の抵抗もない飲み口で飲むと一瞬にして消えてしまうが、飲み込んだ後にバナナのようなすっきりした甘さとフルーティーな香りがしばらく残る(かなり長い)。秋になったら赤ラベルが出ると思うと待ち遠しい。どっかにまだ売ってないかなぁ、昨年の赤ラベル。とりあえず、今年の緑ラベルはもう買いましたが。兵庫県産山田錦/精米歩合50%。(製造年月 2004年5月(緑ラベル)、2004年11月(赤ラベル)。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

くどき上手 純米大吟醸 雄町44 生詰

これはやや甘口の部類に入ります。昔は甘口の酒なんて見向きもしなかったが、これも甘口に入るんだったら、今は甘口は好きみたいです。といっても、すっきりまろやか旨口系に限ります。九平次もやや甘口だけど大吟醸クラスはうまいし、このくどき上手の雄町もそんな感じで悪くない。ただ、くどき上手は全般的に封開けて少しおかないと甘さが目立つかなぁ。この雄町は、フルーティーとは違うが、華やかでしっかりとした吟醸酒の味わいがあります。他のラベルもそのうち紹介します。雄町/精米歩合44%。(製造年月 2004年10月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

醴泉 秘蔵大吟醸原酒 15BY

醴泉も最近の暴飲族お気に入り銘柄の一つ。しかし、これで5千円台は安いなぁ。特A特等の山田35の大吟醸で15BYときたら、普通1万円クラスなのに。味も言うことありません。フルーツのデザートを食べているかのような、華やかで爽快な味と香りがすばらしく、まろやかな後味もまさしく1万円クラス。もう買えないと思ってチビチビ飲んでいましたが、昨日いつもの酒屋に行って聞いたところ、まだ在庫があると聞いたので心おきなく飲むことにしちゃいました。コストパフォーマンスもすごいけど、味だけで評価してもトップクラスでしょう。HMさま、2升買って正解です。特A地区特等山田錦/精米歩合35%。(製造年月 2004年8月)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

正雪 純米大吟醸 斗びん囲い 15BY

暴飲族的には反則ですが、たまにはこういううまいのも飲んでおかないと。いやぁ、びっくりしました。日本酒を飲み始めて以来、これほどうまい日本酒を飲んだことがあっただろうか。めったに買えない値段(1万円超えてます)ではありますが、どんな金持ちよりも確実に自分の方がうまい日本酒を飲んでいるという優越感に浸れる逸品。今日、封開けしましたが、カドがどうとかそんな心配は最初っから必要ありません。香りが華やかで、味もその香り通りフルーティーでまろやか。口の中での味の滞在時間は非常に短く、すっと入ってすっと消えていく。アルコール臭さとか日本酒っぽさとかを、いくら探そうとしても見つからない。間違いなく日本酒であるはずなんだけど。正雪は、大吟醸の13BY、14BYも暴飲族の秘密基地にあるので、そのうちまた報告します。しこにほは、これいっといた方がいいかも。超オススメ!山田錦/精米歩合35%。(製造年月 2005年3月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冷蔵ショーケース

うちのホシザキくんについに弟ができました。名前はホシザキくん。色白でお兄さんとウリ二つ。当然か、型番同じだから。これで熟成体制ばっちり!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

乾坤一 純米大吟醸原酒 中取り

宮城の酒、と言ったら県外の人は何をイメージするだろう?たぶん、普通の人は・・・?我々、暴飲族は、綿屋、墨廼江、そしてなんと言っても乾坤一だ。乾坤一と言えば、やっぱり特別純米が有名かな。だいたい、宮城県内どこでもこのクラスのお酒なら居酒屋で飲める。特別純米は安い割にはすっきり辛口で変なクセが全くない。ササニシキを使っていて、純米なのに精米歩合55%(普通は吟醸って言うけど)というのがなんとも個性的。そういう下のクラスもうまい乾坤一の純米大吟醸がこの酒。雄町を使っていて、あの飲み慣れた特別純米のすっきり辛口のイメージとはぜんぜん違って、角もなく旨みがあって原酒の濃さもない。これはうまい。高級酒にぜんぜん引けを取らない。まだ売ってたらもう1本買っておこうかな。雄町/精米歩合40%/生詰。(製造年月 2004年12月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

醸し人九平次 御点前大吟醸 中取り 佐藤彰洋

九平次を始めて飲んだのは仕事で名古屋に行ったときだった。十四代が目当てでたまたま入った居酒屋に置いてあったのが、醸し人九平次。名古屋にもうまい酒があるんだなぁと思ったのを覚えている。

九平次は、結構甘めのイメージがあったが、この「佐藤彰洋」は以前、いろいろな蔵が集まった日本酒の試飲会で飲んだとき、うまくて印象に残った酒の一つ。てっきり高級酒かと思っていたが、6千円台で買えることがわかったので迷わず買ってしまった。味はまろやかですっきりしていて、デザートのような甘さがほのかにしていてなんともバランスがいい。蔵出しから1年経ってるから、そのせいもあるのかな。裏ラベルを見ると、杜氏の「佐藤彰洋」さんは蔵人になる前、自動車のエンジニアだったらしい。山田錦/精米歩合40%。(製造年月 2004年6月)
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

正雪 純米大吟醸 備前雄町

正雪にしては、正雪特有の吟醸香がかなり控えめで落ち着いた感じ。味は封開けのときから結構まろやかだった。熟成させて飲んでみたい感じがするが・・・もう手遅れのようです。(もうあと1合の命です。) 2本目もあるので、そっちはじっくり寝かせてみます。備前雄町/精米歩合45%/生貯蔵。(2004年10月)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

醴泉 純米大吟醸 本生原酒

これが原酒かと思うほどすっきりしているが、個性的かつ絶妙な甘みが後味として残る。香りも華やかですばらしい。「バナナのようなフルーティーさ」という単純な味ではない奥深さも感じる。普段、我々暴飲族が手を出さない価格(7千円ちょっと)ではあるが、前に飲んだときのうまさが忘れられずについ買ってしまった。味は1万円クラスの日本酒だ。完璧と言っていいかもしれない。特A山田錦/精米歩合35%。(製造年月 2004年11月)

暴飲族というよりは、「しこにほ(勝手に略しちゃいました)」の専門分野の日本酒だなぁ。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

勢起(せき) 純米大吟醸 袋吊り

名前は「勢起」だが、これは明鏡止水の大澤酒造が作った限定酒。東条特Aの山田を使っていて精米歩合45%。これで価格が3千円台!これはお買い得だ。ただ昨年の勢起の方がうまかったような気がする。まだ熟成していないのか。酸味は少なくすっきりしているが、まだ角がある気がする。勢起には「槽しぼり」というのもあり、価格が300円ぐらい安い。昨年(2004年)の12月に忘年会があり、お酒を持ち込んだが、そのときに持っていったのがこの槽しぼり。2004年2月蔵出しの槽しぼりだったので、これは封切りすぐでもうまかった。昨年飲んだ袋吊りは、飲み終わるときはほんとにまろやかで最高にうまかったから、今回ももう少し寝かせてみようかな。うちにはまだ未開封の在庫もあり。(製造年月 2004年11月)
コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )

墨廼江 純米大吟醸 谷風

墨廼江はここ2~3年でイメージが変わった。600Kにしても相当うまい。学生時代はちょっと重くてクセのある日本酒というイメージだったが、最近は純米吟醸~純米大吟醸クラスを飲むようになったせいか、うまい酒にいくつもあたった。で、つい先日、久しぶりに行った居酒屋で見慣れない墨廼江を見つけて飲んでみたら、やや辛口ではあったが、すっきりしていてすごくうまかった。それがこの谷風だった。その後、どうしてもこの谷風を買いたくていろいろ探してみたところ、いつも行く酒屋に置いてあるのを発見。買い物の最後に、「これは、どんな感じですかね?」と店主に聞いたら、「それは熟成してから出してるからうまいよ。」と言われた。最初に言ってくれー!危うく、買わないで帰るところだったじゃないか!さて、肝心の味の方はというと、とろっとしていて熟成酒のまろやかさが存分に楽しめる。最初に居酒屋で飲んだときのような辛口のイメージは全くなく、むしろ微甘といった感じ。これは熟成酒があるうちにもう1本買いに行かないとなぁ。いや2本か。山田錦/精米歩合40%。(蔵出し 2003年11月)
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

上喜元 純米大吟醸 雄町100% 吊り下げ

これはうまいっ。上喜元の得意の雄町で吊り下げ。しかも精米歩合40%。すっきりしすぎることはなく、味がしっかりとありながら、チョコレート(?)のような甘さがほんのりと後味に残る。出荷からほぼ1年は熟成してるから、熟成酒のまろやかさもある。結構、うちでも熟成をがんばった一品。(製造年月 2004年6月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

上喜元 純米吟醸 赤磐雄町100%

上喜元は山田もうまいが雄町もうまい。以前、五百万石や美山や八反、亀の尾を全部上喜元純米吟醸で買って飲み比べてみたが、ちょっとクセがあったように思う。ただ、イマイチと思って冷蔵庫に入れっ放しで忘れた頃に飲んだらどれもびっくりするほどうまかったけど。亀の尾だけは、最後までどっしりしてたかな。この雄町は、若干の酸味はあるもののクセはなく、すっきり飲める。雄町のうまみもちゃんとある。もう少し寝かせたら、もっと飲みやすくなるのかも。雄町/精米歩合50%。(製造年月 2005年2月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

上喜元 純米大吟醸

このお酒は、2年熟成酒をブレンドしているだけあって封開けからまろやかな味を楽しめる。しずく取りの山田45に比べると、吟醸香はほどよくクセもなく、とにかくバランスがいい。買ってすぐにうまい酒を飲みたい人にはオススメだ。山田錦/精米歩合50%。(蔵出し2005年3月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

上喜元 純米大吟醸 山田錦45 しずく取り

個性の強い酒は、ちょっとでも好みに合わないと「ハズレ」になってしまうが、この酒はしっかりとした個性がありながらその個性が我々の好みにピッタリ合っている。上喜元特有のしっかりとした吟醸香がフタを開けるとすぐに飛び込んでくるが、それは飲んでいる間も喉を通った後もずっと口の中に広がっている。この2~3年の間にもう何本買ったか覚えていないが、そのときそのときで多少の味のばらつきはあるものの、半年ぐらい熟成させるとほぼ完成した味になる。まだ出荷間もないときにはやや辛口かと思えるが、熟成後はまろやかですっきりしていながら、とにかく吟醸のうまさがこれでもかというぐらいに凝縮されている。(製造年月 2004年7月)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ