半農半X?土のある農的生活を求めて

「生きることは生活すること」をモットーに都会から田舎へ移り住み、農村の魅力を満喫しながら、日々、人生を楽しく耕しています

1週間で花咲く畑

2013年03月20日 | 農的体験・生活
1週間ぶりの畑です。
先週はまだアブラナ科の野菜はつぼみだったのが、もうきれいな菜花を咲かせていました



白菜はまだ菜花の状態でセーフ。一番栄養が詰まって美味しい時期です
こちらは煮浸しで食べました


スティックブロッコリーは花を咲かせていました
まだ花を咲かせていない一部の普通のブロッコリーだけを収穫し、あとは引っこ抜きました。
(ちなみに某大手お弁当チェーンのブロッコリーは、花が咲かないよう遺伝子組み換えしているとか・・・)


小松菜は見事に菜の花を咲かせていました



菜の花にはミツバチやアブが一生懸命、蜜や花粉を食べに来ています
彼らがいるから命はつながれていくんですよね
とかいいながら、彼らのお邪魔をしながらまだ咲いていないところをたくさん収穫し、さっと塩ゆでして頂きました


さて、あとは先週、新しい葉っぱが出てきてしまって、まだ掘り返せていなかったゴボウとニンジンとごぼうの収穫です

ニンジンはまだきれいな肌のものもありましたが、大半が白根が出ていました。
こうみると面白い白根の出し方ですね


ニンジンは野菜ボックスをとってくださっている方を中心に全部おすそ分けしました


さて、一番大変なのがゴボウです。
ゴボウ掘りについては先日のブログを→こちら

竹刀より太いごっついゴボウを、合計10本ぐらい掘りあげました
60cmの長さじゃきかないのですが、今回は商品ではなく自家用なので、最後の先っぽの10cmぐらいは掘り返すのが大変なので、途中でポキっと折って引っこ抜いてしまいました
蛇のように本当にでっかい太いゴボウですね~。


それにしても、スコップ1つで掘り返すのは、骨が折れます
しかし、1mぐらい掘り返すので、ゴボウの後作は比較的どんなものも良く育つと言われます。さて、何植えようかな~?

収穫を終えて、残りの時間で畝間などを耕しましたが、今回も全ての作業は終わらず。。。う~ん、もっとゆっくりじっくり仕事がしたい。
また数日以内に来て、残りの作業をしあげるぞ


さてさて、家に帰って収穫物のお料理です
菜花やニンジンはもちろんバクバク食べましたが、なんといっても「鮮度」が命なのは「ゴボウ」です

私が前職で、おかげさま農場の田谷さんに聞いた「ゴボウの醤油漬け」は、酒の肴にぴったりの香り豊かな料理です

採れたてだからこそ、アクがまだ少なくザクザク切ったものをそのまま生で醤油に漬け込んで、3~4時間たったら食べれるというものです。


シャキシャキの歯ごたえと、なんといってもかぐわしい香りがたまりません

私が家庭菜園ですすめる野菜は何か、と聞かれれば、実はゴボウなんです。
間引き菜は天ぷらにすると香りが最高だし、採れたての生のゴボウを醤油漬けにすると食感も香りが最高なんです

でも、掘るのはちょっと大変ですけどね

あと、先日のおかげさま農場の「おかげさま通信」では、ゴボウを煮こぼしたものを酢につけた「酢漬け」や、「ゴボウのピザ」(ゴボウとトマトソースは相性が良いそうです)がレシピで載っていたので、試してみようっと
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 路地とハウスの違い | トップ | メキメキ上手に! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農的体験・生活」カテゴリの最新記事