海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

7月 るぽぽかわさき 笹谷オートキャンプ場(宮城)& 大石田あべ農園スイカ収穫

2015年08月18日 | キャンプ
15年 7月24日 るぽぽかわさき 笹谷オートキャンプ場
に行ってきた。


目的は、ママ友とノリで? 山形県大石田にあるあべ農園の「スイカオーナー」になったとのことで、
その収穫祭に参加。


こちらですかね。
スイカオーナーブログはこちら

我が家は、「宿泊まり」は基本NG。 
価値観は、1泊の料金をテントにすることで大幅に下げ、むしろ旅行「件数」を増やすべし、ということ。
よって、土日に山形まで行ったとしても、テント泊。


渋滞が少ないのはおそらく、中央道より、関越。関越より、東北道。
距離は、350km程度。しかし中央道で渋滞にはまったケースと同じ程度の時間(約4時間)で到着/帰宅できた。


金曜お休みを頂き、前日入りをして、テント設営。
今回は高速から近い、スイカ畑にも、アクセスがよいるぽぽかわさき笹谷オートキャンプ場。

標高が高くないので、、、東北とはいえ、暑い。 





翌日土曜朝一番、スイカ畑へ移動。

で、到着早々、、
「東京からわざわざ」ということが理由か、いきなり、スイカ収穫祭のテープカットをやることに。





大きなスイカが2つ入る段ボールを頂き、いざ収穫へ!?




さあ、スイカの収穫だ。




じゃじゃん。子供の顔ほどの大きさのスイカ。 
都内スーパーでみるスイカの1.5倍はある印象。




スイカ割りをしただけで(割っていないが)、
隣の畑で、野菜をとってよろしい、ということで、
ジャガイモやら、なすやら、トマトやら、頂く。 

 *土は、黒土良好でうらやましい。




その他、抽選会では、「わざわざ東京から来た」からだろうか、
カブトムシやら、温泉やら、カボチャやら、、抽選会でやたらと当選。
スイカ以外にお土産、、たくさん。

 *こらこら、お尻をかかない、レディーなんだから。




友人に米沢牛が売っているお店を教えてもらい、
キャンプ場に戻る。

火の準備開始。




リビングのレイアウトを変えてみた。
案外広く使える。




今回は、岩塩の上で、やたらと高かった米沢牛を焼いていく。
ちなみに、高いだけあって、最高に旨かった。



当然、食べても食べても減らない、
甘いスイカが待っている。




キャンプ場の雰囲気は、、、、まあ普通でしょうか。
思った以上に、土日人が入っているので、驚いた。

 *確かにこのエリアキャンプ場はあまりなかった。
  どこでも、キャンプ場になりうるから? 自然があるので、キャンプをする必然性がない?




公共の宿内にあるキャンプ場なので、お風呂もあります。

幼子がいるので、キャンプ場内にお風呂があると便利。
私としても、テント場到着後直ぐにビールを飲んでもよいので便利。


翌日。 下の子も、お片付け。
歩けるようになったかと思ったら、、片付け開始。 
この成長スピードは、本当に驚き。

 *一方で私この40年、最近の10年は一体どれほど成長したのだろうか。。。と危機意識をもつ。




頂いた、カブトムシ4匹。
持って帰るか、真剣に悩んだが、娘は「いらなーい」と興味ない。
彼らにとって一番ここが幸せな気がするので、山奥に入り、放してきた。





ーーー基本情報ーーー

名前: るぽぽかわさき 笹谷オートキャンプ場
 *あくまで、宮城県
サイト数: 28サイト(オートキャンプ) *電源つきもあり 
 *チェックイン13:00、チェックアウト11:00
施設: 炊事、トイレ、遊び場もある ゴミ捨て場(要分別) *各種備品レンタルあり
料金: 大人2 X 子供2 5,000円 年齢関係なしの5名まで5,000円/泊





コメント   この記事についてブログを書く
« 7月 内山牧場キャンプ場 ~... | トップ | 8月 キャンプファームいなか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンプ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事