海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

那須岳 ~ 三斗小屋温泉煙草屋旅館

2007年11月05日 | 登山
2007年11月3日(土)~4日(日) 那須岳 (なすだけ、1,915m)
天候: 3日晴れ、4日曇り+小雨 (登山、日本百名山)

▼概要:
今回は、那須岳+温泉をテーマに行ってきました。
2日目、朝日岳から日の出を見ようかと思いましたが、外がガスって
いたので、さっさと帰ることに・・・

ルート

1日目:峠の茶屋(1330)→峰の茶屋(1400)→茶臼岳(1430)→三斗温泉「煙草屋」(15:30)
2日目:三斗温泉「煙草屋」→朝日岳→峠の茶屋

総距離: 約11km
累積標高差: 約950m
*峠の茶屋も、三斗温泉も約1,500m程度。




▼詳細

昨夜、プライベート飲み会。
予定では、6時出発の予定が、、、起床8:30
まただ。。。(ある意味、予定通り)
よく考えたら、三斗温泉「煙草屋」の予約をしていない

で、すぐさま電話。
そしたら、
「えーっと、2人ですか・・、大丈夫ですよ。」
「え?東京から? 16:30から晩飯なので、お願いしますねー。大丈夫かなー」

東京から那須まで約200km。
私の感覚からすると、空いていれば、2時間強の道のり。大丈夫だろ。
で、東京駅でトレジャーハンター(後述)を乗せて、東北道に向かいます。


最後、少し混んでいましたが、まほぼ予定通りに13:30前に峠の茶屋駐車場
到着。ロープウェイでズルしようと思っていましたが、あまりに駐車場が混んでいる
ので、茶屋から登ることに。

予定通り。 (かな?)

ま、今回はお気軽ハイキング。
登山経験は少ないが、宝探しでよく山にこもるという珍しい人間と同行。


トレジャーハンターとして、テレビでも活躍したことがあるとか。

しかし、登山経験は少ないということで、靴は、これ。ま、那須なら大丈夫でしょ。

*実際、まったくハプニングなく、つまらない。

で、峠の茶屋から、さくさく峰の茶屋まで、勢いで登り、茶臼岳。



小さい、双子?も登れてしまう山です。



わりに、中々の眺望。 



茶臼岳。(活火山)
登山道にある石の隙間からもくもくガスが噴出しています。



峠の茶屋のおばちゃんに、「腹減った。食べるものちょうだい」
「これがうまいよ」とお勧め頂いたパンを食べる。
(車中で、御握り2つだけしか食べてない)

何気に、はまります。 「みそぱん


 *寒いので、一つ食べて、活動開始。


で、一気に、温泉まで駆けおりました。 (まじ、空腹


三斗屋温泉煙草屋旅館到着
「こんにちわ」
「おー、朝の兄ちゃんか。ついたか」
「よかったねー、ちょうどキャンセルがでた所に電話だったよ」
「昨日から何回もかけている人がいたんだけどねー」

まじ? ラッキー。

さあ、体臭がひどいので、風呂に入りたいのですが、
何でも露天風呂は、17:00まで女性専用ということで、食事を先に。


晩飯、4杯ごはんお代わりをさせて頂きました。
トレジャーハンターは、おそらく6杯以上?
(あんたら、33歳だろ・・)
で、1番に食事を終わらせて、露天風呂に。 

最高です。 露天につかりながら、夕日をぼーっと。
(残念、写真はないです)
 ちらっと見たら、以下に日記ありますね。古いですが。
 *「hiroゆめぐり温泉」
 *「みけねこ登山隊」
 ま、こんな感じです。

だらだらした後、22:00消灯後、まっくらの中、星空の露天を堪能すべく、
露天に向かいます。
「きもちいー」 うん?
が、星はない。


もしかして、明日は???

一応、0430に目覚ましをかけ、朝食とお弁当のおにぎりを依頼して、
準備をして寝ましたが。 案の定、翌朝、曇り

で、2度寝。
さすがに、朝風呂は控えて、帰ってきました。 (0630出発)

同温泉の源泉?


正直、山頂/稜線は、小雨と風で結構寒いです。
ま、何が見えるわけではないですが、朝日岳によって、
峰の茶屋経由で車に戻りました。




で、駐車場について見ると、
ありゃ、下界は、晴れているのかな?



ま、こういう時もあるさ。
で、14:00には東京に戻っていました。

---


◆三斗屋温泉「煙草屋」のうわさ?

公式HP?はこちら。

三斗小屋温泉煙草屋(Biglobe温泉)

・1か月前から予約しても、中々予約できないんでしょ?
 (途中で会った、おばさんが言ってました)
 (まじ、昨日朝予約したんだけど・・・)
・「煙草屋」だけど、禁煙?
 確かに食堂は禁煙でした。 玄関付近で吸っていました。
 たばこは、売っていたのかな? (確認忘れました)
 ビールはありました。
・関東一の秘湯?
 関東一かは知りませんが、車で行けないという意味では秘湯ですねー。
 お湯は、確かに、上質でっせ。
・ちなみに、日帰りはOK?
 ダメ、みたいです
 これは、注意です。 
 途中冷たい風雨の中行き違った老夫婦が、これから日帰りで・・・、と言ってました。
 (交渉して、入れたことを祈ります)





>>>「百名山・登山 立ち寄り温泉/秘湯 一覧」はこちら


---
↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!

つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 寿楽(ステーキハウス)/那... | トップ | 雪山登山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉーー、三斗屋温泉の露天風呂!! (Nob)
2007-11-04 21:27:00
今から二十数年前、季節も今頃だったでしょうか、
ここの混浴の露天風呂に深夜に赴いて・・・、なんとも艶めかしく不思議な体験をしました。深夜眠れずに友人と床を抜け出し風呂に行くと、女子が2人先に入っており、月明かりの中髪の毛を凍らせながらお湯に浸かって・・・・。これ以上は言えません。(笑)
翌日、山で合う女の子が気になって気になって・・・。あの子だったのかな?この子だったのかな?って大変でした! (笑)
青春でした。
こんにちわ (atsu510)
2007-11-06 00:09:13
>Nobさん、

その気持ち、とーっても、わかります。
翌日の行動も、とても想像できてしまいますねー。
(これは、嵯峨ですか)

私も今回、女性がいたりして、と淡い期待をもちながら夜の温泉に向かいました。
(残念ながら?)星もなく、冷たい風ばかり。唯一、温泉だけがそこにあり、物理的にはポカポカでしたが。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事