海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走【山行記録】Vol.1 ~笠ヶ岳、苦労後の天国

2007年08月17日 | 登山
2007年8月16日 笠ヶ岳 (かさがたけ、2,897m)
テーマ:日本百名山 北アルプス 縦走 登山
天候: 晴れ時々曇り

8月16日~19日 笠ヶ岳~双六小屋~槍ヶ岳~南岳 
を縦走しました。

>>>vol.2:2日目 双六小屋>>>
>>>vol.3:3日目 槍ヶ岳>>>
>>>vol.4:4日目 南岳>>>



◆基本情報: vol.1:1日目 笠ヶ岳

16日 ルート: 新穂高~笠新道~杓子平~抜戸岳~笠ヶ岳 *笠ヶ岳山荘テント泊
16日 標高差: 約1,890m
16日 時間:約8時間


ロープウェイの駐車場に深夜到着。
 *実は、ここ6時間500円という料金体系。
 *この3泊4日の旅行で最も高くついたのが、駐車場代。。。
 *人間は、テント=500円で寝泊りしているのに。

翌朝7:30に出発。
笠新道入り口。 
ここから地獄(標高差約2,000m)が始まります。




ここは、色々な方が報告しているとおり、「長い」+「急」で、
テントを背負って登る道でないかもしれません。


ともあれ、マゾの山道。
やっと、少し眺望。穂高方面。




とても、長いです。
疲れて、景色を見ている場合でありません。




で、杓子平到着。

おー、ちょいとやる気になります。




またれよ、休憩させてください。
あれが山頂かな、、、まだまだある。




ただ、ここからも、思った以上に長い。
眺望はよいのですが。




で、やっと笠ヶ岳山荘到着。 




テント設営する力なし。



最後の力を振り絞り?
「天扉」をはります。



 *テントと小屋が少々離れているので、トイレが少々面倒。


疲れましたが、空が近い。
すがすがしいです。




日が傾きはじめ、ガスが下がってきました。
このテント場、最高です。




穂高も顔を出しました。
夕日で赤く染まってます。「アーベントロート」(Abendrot)




白山方面。

この景色を見たら、
もうやみつきになってしまいますよねー。




たまりません。




疲れが飛びます。

肉体的な疲労だけでなく、日常の精神的疲労も、
飛んでいきます。



・・・開山した円空上人もこの景色を見たのだろうか。
ってのは後で知りました。Wiki参考

で、寝ました。

----------------------------------------------------
翌朝。
暗闇の中、山頂に登ります。


槍ヶ岳の裏から、日が上がろうとしてます。




太陽が、顔をだしました。




稜線にも日があたりはじめました。
少しだけ暖かいです。




錫杖岳方面のルート、稜線。




そろそろ、
双六小屋・槍ヶ岳に向けて出発しますか。
テント場に戻ります。



ふと、反対の白山側を見てみると、、、
何とも天然ハイライトされている。



いつか、
あなた(白山)も登ってあげます。









といった、初日でした。
苦労した分、眺望とビールはうまかった・・・。


>> 続く


>>>vol.2:2日目 双六小屋>>>
>>>vol.3:3日目 槍ヶ岳>>>
>>>vol.4:4日目 南岳>>>




↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!
コメント   この記事についてブログを書く
« 白馬岳【山行記録】 Vol.2 ... | トップ | 笠ヶ岳~槍ヶ岳縦走【山行記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事