海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

黒部源流の峰々、周遊【Vol.4】 ~ 鷲羽岳、三俣蓮華、雲ノ平

2008年09月21日 | 登山
2008年9月15日 鷲羽岳 (わしばだけ、2,924m)
テーマ: 日本百名山 無積雪期 登山 テント 縦走
天気: 基本、晴れ後曇り



3泊4日で、黒部源流の山々をまとめ買いしてきました。

<<vol.1: 本山行基本情報 <<
<<vol.2: 1日目 薬師岳 <<
<<vol.3: 2日目 黒部五郎岳 <<

>>vol.5: 4日目高天原、帰り >>

◆3日目基本情報

・ルート
 黒部五郎小舎~三俣蓮華岳(ご来光)~鷲羽岳~雲ノ平山荘~高天原小屋(3泊目)
・累積標高差: 登)1,286m 下)1,563m
・沿線距離: 約14.7km
・総時間: 約12時間 (休憩含む)

 


◆3日目詳細

0330起床 ちょい寝坊。

0345出発

暗闇の中、三俣蓮華岳に向かう急騰を登っていきます。
寝起きの登山は、、、しんどい。


山荘との分岐を越えると、空が急に明るくなってきました。




急がなければ。

山頂側から15名程度のパーティーが下ってきます。。。
え?なんで?

 「御来光は?」
 「いやー、ガスがかかってるし」と下りていきました。

も、もったいない
このガスなら、太陽がでたら落ちていくのに。。。


もうすぐ山頂。 空が赤い。 走る!




0530三俣蓮華岳山頂到着

やっと到着しました。寝起きの登りは結構きつかったです。
(最後のダッシュも・・)




予想通り、ガスは落ちましたね。
峰々が赤いです。





槍ヶ岳も大きいです。




薬師岳。




黒部五郎岳。




笠ヶ岳。




しつこくて、すみません。




久し振りに?ご来光堪能できたので、許してください。
(あ、先週も鳳凰でご対面しているか)




ぼーっと、ダラダラ飯の用意。




途中から、1組山頂でご一緒しました。




鷲、水晶




空。




寒いっす。ダウンを着てました。




朝食をとり、ぼっっーっっと。
さて、まだまだ今日は長いし、下りますか。





そうそう、山頂証拠写真。
あれ、三俣蓮華岳って、黒部五郎より標高あるのね。




三俣蓮華岳下ります。





さあ、次は鷲羽岳です。





チングルマと槍ヶ岳。






木道に入ると足元をあまり気遣う必要がないので、
ついつい、ダラダラ景色を見てしまいます。




そろそろ、三俣山荘に。




0700三俣山荘到着
三俣蓮華岳山頂で遊びすぎました。




山荘に荷物をデポして、鷲羽を登りました。
(これは後悔。山荘から雲ノ平の間の溝が思ったよりも深いです。
 ここのアップダウンをやるなら、荷物しょって鷲羽登った方が眺望もよいしよかったかも。)





振り返ります。
三俣蓮華岳、三俣山荘。

アルプスの少女の歌が頭をめぐります。




鷲羽岳は、直登です。
眺望がよいので、疲れを感じません。




鷲羽池。
その後ろ、槍ヶ岳とその手前の硫黄尾根? 色が違いますね。




0830鷲羽岳山頂到着

青空は雲で隠れてしまいましたが、眺望はあります。




薬師岳が見えますね。

あそこにいたかと思うと感慨深いです。
あそこに戻るかと思うと、ちょっとゲンナリです。




秋空ですね。
山頂は、太陽がでたのですが、寒いです。





三俣山荘にささっと戻り、サックを背負って雲ノ平に向かいます。
そこそこ下った所に黒部川水源地がありました。





この窪地よりも、
祖父岳経由で雲ノ平に行った方がよかった・・。





そこそこ、急登ですよ。




ビタミン取得、必須です。
ついつい、酸っぱいイチゴを食します。




雲ノ平が見えてきました。
ここは、本当にかわった地形です。




まっすぐ行きたいのに、立ち入り禁止。
ぐるっと回ります。




水晶岳が大きい。




スイス庭園ってやつですか。
脇道で食事をとります。




雲ノ平山荘に向かう途中、雷鳥と出会いました。
今年、燕以来、かな。






親子で、あちらこちら迷って、やっと草むら方面に移動してくれました。





雲ノ平山荘、目の前です。
宿泊は、テントを諦め、高天原で小屋泊でいこうかと。




1300雲ノ平山荘到着
予報が悪かったので、宿泊客が少なかったみたいです。



この時間で素通りする人あ少ないのでしょうね。
小屋のお姉さんが驚いてました。




高天原に向けて出発。
急な坂を下り、峠を越えて、到着。
最後、下り坂ですが、ジャブのように体を疲労させます。


1600高天原山荘到着



疲れました。
素泊まり(5,500円)で、申込をします。


荷物を置いて、まず風呂。
15分くらいありますかね。




昔のレポを見ると、河原にある写真が多かったですが、
今は泥水になってますね。

メインの混浴風呂はこちらです。
女性用の露天と、内湯?囲い?がありました。

 → 高天原温泉レポ




最後、カレーを食して、寝ます。
テントもいいですが、素泊まりで、小屋の炊事場で食事するのも
楽でよいですね。




さて、明日は帰れるのでしょうか。
ロングコースなので、早起き・暗闇出立です。


とりあえず、即寝。

>>続きます






<<vol.1: 本山行基本情報 <<
<<vol.2: 1日目 薬師岳 <<
<<vol.3: 2日目 黒部五郎岳 <<

>>vol.5: 4日目高天原、帰り >>



↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  

ランキングはこちらをクリック!

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 黒部源流の峰々、周遊【Vol.3... | トップ | 黒部源流の峰々、周遊【Vol.5... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とってもいい♪ (sanae)
2008-09-22 12:43:40
astuさん、こんにちは。
もう懐かしくて(去年なのに・・笑)楽しく拝見してますよ~
重かったこと(荷物も体も^_^;)、苦しかったこと、感動したこと・・・よく分かるので、昨日のことのように感情移入してます(笑)
でもこういうのを見てしまうとまた行きたくなりますね^_^;
素晴らしいルートですもん。

atsuさんのレポートは分かりやすいし写真もきれい、そのうえ参考資料がしっかりついていつも丁寧ですね。お役立ち情報満載ですよ\(^o^)/

それに百名さん(お世話になってます(^^ゞ)も手っ取り早く最新情報が見られてありがたいです。私のはゴミレポばかりで恥ずかしいです。ごめんなさい^_^;

続きおよびこれからも楽しみにしていますね♪


Unknown (IK)
2008-09-23 08:05:05
atsu510さん、こんにちは

 コースがスタート地点と日付が違うだけで似てますね。僕は9~12日だったのでちょうど入れ替わりって感じですね。

 13日からの天気も当初の予報よりも良かったみたいですね。
 12日に下山して天気が良さそうなら13日から再び北アに入ろうと思っていたのですが、天気悪そうだったので止めました。

 いよいよ紅葉の季節です。天気が秋晴れが続くようになってほしいですね。

 時々おじゃましますのでよろしくお願いします。
sanaeさん、ごんにちは。 (atau510)
2008-09-23 21:59:04
コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

昨年、このコースいかれましたか、よいですよね。天気もそこそこだったこともあって、かなり印象に残りました。

関連情報は、ブログを書くときにチェックしなおしているのですが、「行く前に調べればよかった・・」と後悔すること多いです(笑)

「登山ブログ百名さん」ご協力ありがとうございます。最近メンテできてない。

ひきつづき、またばったりで?お願いします。
IKさん、こんにちは。 (atau510)
2008-09-23 22:04:56
コメントありがとうございます。

12日に下山して、13日はまた最進軍とは、タフな計画ですねー。13日は、思ったよりも天気回復でした。

本日、至仏山行きました。山頂は、赤色に染まり始めてますね。おっしゃるとおり、天気がよくなりますように。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事