海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

残雪+新緑、瑞牆山【登山記録】 ~ ラッキー、ピンポイント晴れ

2009年04月28日 | 登山
2009年4月26日 瑞牆山 (みずかきやま、2,230m)
テーマ: 日本百名山 日帰り 登山 残雪期 新緑 春山 マイナーコース
天候: 曇り後晴れ


うみやま商事の代表取締役(笑)と、瑞牆山に登ってきました。
一般的にはピストンですか?
今回はぐるっと回ってみました。

 *ジャージで登山。
  おしゃれ登山家でないですけど、悪しからず。

◆基本情報

・ルート:瑞牆山荘~富士見平小屋~瑞牆山~不動滝~芝公園~瑞牆山荘
・総距離:約10km
・標高差:約900m
・総時間:約8時間 *休憩含む




◆詳細情報


0600都内集合、0900登山開始。

瑞牆山荘からスタート。






車で移動中、雪が降ってきたときはどうなるかと思いました。
登り始めたら、雪はあがりました。






苔のシーズン。





粛々と30分弱登ると、プチ稜線に。
緑のない季節だけのご褒美。瑞牆山が木々の間から見えます。





富士見平小屋到着。
ノンストップで、瑞牆山に向かいます。






ダラダラと政治の話をしながら歩きます。



 *政治の話しは嘘です。馬鹿話です。


一度、沢におります。




雪解けの沢は、とても元気です。






さあ、本格的な登り開始です。





ご存じ、ハシゴもあります。





黙々と、岩の階段を上っていきます。





だーいぶ、上がってきました。





ちょっと、枝が邪魔ですが、富士山も見えました。





ぐいぐい岩、登っていきます。





この岩に登れ、というわけではないです。





瑞牆山山頂まで、最後以外雪はほぼ無しです。
最後はツルツルなので、ちょいと注意です。





山頂到着。





南アルプス方面は、ガスの中ですね。





八ヶ岳もガスの中ですね。
うみやま商事さんのアドバイスなければ、八ヶ岳に行ってました。危ない。




今回山行も500枚以上撮影してました。
下手な鉄砲数打ちゃあたる、ということで。




金峰山を背景に、「三山会」の手ぬぐい。
よく見えません。





もう一回、手ぬぐい。あら上下反対。          おりゃ。

  



結構風強く、寒いので、「富士見団子」を食して、
直ぐに山頂撤退。




富士、山頂に来る頃には、ガスで隠れてしまいました。





撤退寸前、金峰山、頭出しました。
こちらは、結構雪残ってますね。





ずぼずぼでした。

ちなみに、この看板、、、右黒森、、、何?
気になります。







途中、適当な斜面で無理矢理、尻せーど。


わー。                        わー。

 


ぼて。




少しずつ、雪が無くなってきます。
予想外の雪、満喫でした。






降りていくと、、、新緑です。





苔苔してきます。





もののけ姫の世界です。
「空気」まで伝えられないのは、本当に残念です。





宮崎駿の表現力、天才ですね。






ピストンせずに、不動滝方面に降ってきて、よかったです。
岩登りとは違う楽しさがこちらには転がっています。





こちらのルート、すれ違うパーティーはいませんでした。





この岩、、




だそうです。




うみやま商事社長が突然、「あ、しまった」と言い電話をし始めました。

パーマ屋の予約でした。

・・・それは、一大事です。 
びっくりした。


不動沢沿いに降りていきます。





水、豊かです。だから水掻山(瑞牆山)?





日当たりよいです。





遅めの昼食をとります。





不動滝。






結構、迫力あります。





引き続き進みます。





右に、岩が続きます。
この辺でフリークライミングやっているんでしょうか?





しばらく行くと、人口の世界が見えてきました。





芝生の道。





だらだら長いです。
ま、経済の話(笑)が盛り上がっているので、時間は感じません。





みずかき山自然公園
「第52回全国植樹祭」の主会場跡地だそうです。




こ、ここからの瑞牆山、格好いいですね。
知りませんでした。




格好いい山です。

「針葉樹の大森林からまるでニョキニョキと岩が生えているような」by深田久弥




この先、新緑の林道を歩きます。
残念ながら、下はコンクリートです。




ま、すみれさんでも撮影しますか。




国際政治を議論している(・・・しつこい(汗))と、
瑞牆山荘に到着しました。 ばんざーい。





フォト+GPS実験。*詳細過去記事参照
・・・全部の写真にGPS情報がマッチングされず、一部手作業はいりました。








◆過去の私のレポ

 ・2006年8月27日
 ・2007年12月31日 人生2回目?の雪山


◆参考情報

・瑞牆山の由来:
 ・・・山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来する、また。『甲斐国志』では、玉塁と呼ばれる金峰山に対し、瑞塁を呼び習わしたとする説が紹介されている。古くからの信仰の山で、洞窟には修験者の修行跡や刻字が残り、山頂の西峰には弘法岩があり、空海開山伝説も伝わる・・・
>>>more (by wiki)


---
↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 「登山用具流行最前線」・・・。 | トップ | 増富ラジウム温泉「金泉閣」... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しそう~!!! (mimi)
2009-04-28 23:13:14
このコース、以前ミズガキに行ったときに
歩こうと思ってたんです。
でも歩き出した時間が少し遅くなったので
あきらめてピストンしたのですが、やっぱりよさそうですね。
政治の話(最初信じたじゃないですか~笑)
さぞかし盛り上がったでしょうね~。
うーー行きたかったです。
尻セードまでできたなんて充実した山歩きでしたね。
正しき姿 (いまるぷ)
2009-04-29 08:54:53
こんんちは。先般はお運びいただきまして
どうもありがとうございました。
それにしましても、あんな、ウルトラマイナーピークの薮尾根に...


瑞牆山は、いいお山でありますね。大好きです。
そしてこの季節の正しきお振る舞い、尻セードも
ごちそうさまでありました。
奥秩父も落葉松が芽吹き始めたようですね。
松本・安曇野もそろそろでしょう。
またよろしくお願いします。
政治&経済 (うみやま)
2009-04-29 09:24:23
勉強になりました(^^)

今写真を見て改めて思いました。。。
夏ボで♪

それにしても楽しかったですね☆
またよろしくお願いします~

これから取締役はパーマ屋(って(笑))に行って参ります~
mimiさん、こんにちは。 (atsu510)
2009-04-30 10:11:53
このぐるっと周遊、よかったです。
通常ルートのごつごつしたルートとは違う顔を見せてくれました。
緑+白のコントラストが味わえたことも、よい意味で期待を裏切ってくれました。
新緑+雪解け沢、、春ですねー。
いまるぶさん、こんにちは。 (atsu510)
2009-04-30 10:30:55
コメントありがとうございます。
なかなか、よいタイミングでした。梅雨シーズンに入る前に、どこかアルプスの山には顔をだしたいと思ってますので、ブログ頼りにしています!
よろしく御願いします。
うみやまさん、こんにちは。 (atsu510)
2009-04-30 10:32:57
楽しかったですね。
こちらこそよろしく御願いします。
社長、私もパーマ屋行き、激?短髪にしました。
ちなみに、「夏ボで♪」・・・よく、わからなかったです。夏のボーナス? あ、一眼の話?
こんちはっ (たんけこさ)
2009-05-06 12:36:45
はじめましてですm(__)m
自分も瑞垣山行きました。(5月3日)山頂付近のツルツルの氷は怖かったですね~。でもやっぱあの景色は最高でした。360°の山風景。天気も味方してましたね。でも坊主なもんで家帰ったら頭の皮がぼろぼろになってましたよ(笑)
たんけこささん、こんにちは。 (atsu510)
2009-05-07 18:18:58
コメントありがとうございます。

登頂おめでとうございます。
天気よいと本当に天国ですよねー。

山頂手前の氷は、注意でした。
たかだか数mの為にアイゼン装着する気にもなれませんし。ロープやら、木々やらにしがみつきながら何とか登りました。

坊主頭の日焼け、分かります。
私も大学時代坊主で、ボツボツの穴が空いた頭皮がよくむけました。はがすの楽しいですよね・・・。

真似しちゃいました。 (nao)
2009-06-12 23:13:56
僕もこのコース歩いてきました。
もうすっかり緑の綺麗な山になってましたよ。
自然公園からの瑞牆山は格好いいですね。
なんか日本じゃないみたいでした。

ほんとよいとこでしたけど人の多さがちょっと…
naoさん、こんにちは。 (atsu510)
2009-06-16 07:20:03
お、あるかれましたか?
レポお邪魔にいきますね。

瑞牆山自体は、人気なのですね。冬、開山前にばかり行っていたので意識していませんでしたが。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事