ノート

自分の為に書き留めた記録。主に芝居に関して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正月

2012-11-13 00:04:43 | 日記
なかなか渡せずじまいの手紙。理由をつけては渡せない。

昨日、渡せるタイミングはあったはずなんだけど。
お母さんと正月の話をした。
お母さんは愛媛に移住しようか考えているみたいだ。おばあちゃんと一緒にいたい、らしい。
私にどうしろって、いうのか。
女は勝手ばかりいう生き物だって。
自分も女だけど。

犬欲しい。

猫は女っぽいフォルム



久しぶりに会う

2012-11-10 11:59:24 | 日記
久しぶりに劇団のみんなに会う。
雰囲気が、少し変わったような気がするのは、みんな冬服っぽいからかな。

演劇で、あれを観てどうだったとか、映画で、あの監督がどうだとか、相変わらず芝居の話でみんな盛り上がる。

久留米さんが次回出演作のことを話してる。女性と二人芝居が嬉しいのが滲み出てる。あ、そっか、そう言えばこういう人だったよなと、久留米さんのおじさんぶりを思い出した。

そっか、私は先のこと考えなくなってしまっている。

福島での上演、アンティゴネーは、私にとって演劇ではなかったんだな。


間違えて撮った写真。足きれてるからオバケみたいで気持ち悪い。

結婚式と誕生日

2012-11-05 20:38:24 | 日記
11月4日
友子の結婚式
友人からのことばで、私が代表して手紙を読む。

ありきたりな文章になってしまった。でも、ありきたりな言葉が一番伝わりやすい、と勝手に思う。
天気が良くて、よかった。
まだ、さほど大きくなっていないお腹。でも確実にもう一人いる実感あるんだろうな。彼氏はいつ父親だと実感できるのか。
神社の砂利をギシギシと踏んでいると、落ち着くなあ。
あ、寂しくなってきた。

11月4日はお母さんの誕生日。
お花を送る。手紙は渡せてない。
誕生日に渡す手紙ではないし。
やっぱり渡そうとは思ってる
切手を貼って郵送しようと思ったけどやめた。
家に行く気にもならない。
電話もだめ。
今日、mailしようかと思ったけど、雨降ったからやめる。
近いうち、喫茶店で会って、渡そうか。

mailがくる

2012-11-02 09:32:18 | 日記
風邪が治りつつある。
大木さんから、9月の公演の打ち上げ?というか飲み会をしようとメール。
かなり遅い打ち上げ。何を話せばよいのやら。
ただ、大木さんはあの公演をどのように見ていたのか聞きたい。

改めて、自分で書いた母からの返信を読むと寒気を通り越して笑った。
風邪のせい、ということにする。じゃないと恥ずかしすぎる。
イキウネさんのことを思い出した。彼の書いたアンティゴネーも誰にも読まれてないのだろうな。
新しく文具を買い直して、友子の為に文章を書きなおそう。
久しぶりのめでたい席にテンションがあがる。風邪だけど。

牛乳思い出した雲





母からの返信、妄想

2012-10-31 15:18:15 | 日記
風邪をひく。扁桃腺が痛い。

横になってぼんやり想像する。お母さんがこの手紙を受け取ったなら、どうするか。泣く?ことはない、ただ呆然とするだけじゃないか。
この手紙は渡すべきじゃないかもしれない、渡すつもりで書いてない。
また、私は渡せない手紙を書いて、勝手に理想の返信の手紙を妄想する。






うめ美へ
手紙読みました。お元気ですか?といっても先週電話で声を聞きましたが。

手紙を読んでうめ美がお腹の中にいた日々が思い出しました。1人で生きてきたのに、ある日突然あなたがお腹に宿る不思議さや、戸惑い、それとは反して母となるの喜びなど、たくさんのことを考えた日々でした。
私はちゃんと母として接してこれなかったのでしょうか。
うめ美が私を禍と思う気持ちを知り、複雑です。「禍というのは、逃げられないもので、だからお母さんと一緒にいます」というのは、いいのか悪いのかわからないけど。…でもなぜか私に対する愛情を感じたのは私のエゴですか?そして私がうめ美を妊娠した時、感じたことと似たようなものを今、うめ美は持っているのではないかと勝手に思う。
私の罪、夫との離婚。おばあちゃんから聞いているのなら、詳しくは話しません。ただ、謝るばかりです。私が、「死別した」とうその説明しなければよかったのね。私の勝手な思いでそう言ってしまった。夫がこの世にいると思いたくない気持ちがうめ美を傷つけてしまった。
私の声と似ていること、兄弟が欲しかったこと、名前のこと、女優のこと、そんな風に考えていたなんて驚くばかりです。もうどうしようもないことばかりだけど、あなたの気持ちを聞けてよかった。ただ、うめ美という名前は、神社で決めてもらった。名前をつけるなんて、私にできなかった。でも、本当に素敵な名前だとおもう。
あと、女優になって欲しいというきもち。確かに私がやりきれなかったことをして欲しい気持ちがありました。そこに嫉妬なんてありません。うめ美の考え過ぎです。でも、口癖はなおすようにします。
私もうめ美も、もう変われない。過去をやり直すこともできないし、この年で何か変われるとも思えない。だから、この手紙をもらってよかったと思いました。また電話します。
母より