川崎市高津区にある 造形美術を得意とするアトリエ・ゼロです。

東武ワールドスクウェアの展示造形物の企画製作、メンテナンスを行っています。日々の奮闘日誌を時々写真付きで書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東武ワールド 誕生 NO6

2011年10月27日 | 日記
こんばんわ、0さんです。
東大寺を製作する為、現地調査を開始製作スタッフと3泊4日、荷物は着替え、洗面具、
スケッチブっク、カメラ、ビデオカメラ、巻尺、ノート、筆記用具、釣竿?!!
測量技術が無い為、巻尺と歩幅で寸法取り、さて、お気ずきと思いますが?
釣竿を持たせ写真を撮り、釣竿に1m・2m の印を付け写真からおおよその高さを割り出す目安に仕様、なんとも原始的な方法で調査、正確な図面は国立図書館に有り、当時はマイクロフイルムで保存、図面のコピーを大量に手に入れ、昭和の大修理の写真入り本を
東大寺より限定本を買い取る事が出来、背伸びしても見ることが出来ない屋根の写真や、
見上げて見ることしか出来ない軒下の木組み、構造がイラスト入りで解かりやすく解説、
そんな有りがたい本のお陰で、現地調査も何回も行かずに、色と質感を体に叩き込みの
調査となりました。
次回NO7

スカイツリー
連日連夜、パイプを切っては組み立て、接着箇所を平滑にヤスリがけ、傾斜と傾斜を
組み立てる為、見えていても腕は真っ直ぐに通らず、横から上からやっと指先が届く
そんな作業です。

コメント   この記事についてブログを書く
« 東武ワールド誕生 NO5  | トップ | 東武ワールド 誕生 NO7 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事