モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

主役はどっち?

2021-12-17 20:35:47 | 大人 デッサン


米本 鉛筆

大竹です。本日ご紹介させて頂くのは米本さんのミオスでの最後の作品です。
米本さん私物のボクササイズのグローブを描かれましたが、主役はどちらのグローブか分かりますか?

ヒント1 構図
ヒント2 描き込み
ヒント3 焦点

…どうでしょう、分かりましたか?正解は左側のグローブです。制作前半は右側のグローブの方が書き込む要素も大きく、上に重ねているのもあって主役にしたい左側のグローブが埋もれてしまっていました。そこで、右側の背景の明るさを落とし、指で擦ってコントラストを弱めたりして目立ち過ぎない様に抑えました。逆に、左側は濃い黒、明るい白を隣り合う様にバリバリと入れ、存在感を強くしています。主役を引き立たせる為に様々なテクニックを使い、全力で描き切っています。また、革のクタッとした部分と、パンパンに張っている部分の対比も見事に描かれており、紐のくたびれた感じからグローブの使用感も伝わってきます。米本さんのモチーフに対する愛着が作品のクオリティに表れていますね。ここまで描き切るのは大変な作業だったかと思います、お疲れ様でした…!

鉛筆デッサンに限らず、絵画制作では見たものをただそのまま描くのではなく、そこからもう一歩先に踏み込む必要があります。主張したい物はどれなのか?それをどう見せたいのか?そして、演出する為にどんな事をすれば良いのか?制作中にどうも迷走してしまう…という方は、まずは制作前にじっくりと考え、エスキースを重ね、計画を立てて進行していくと良いでしょう。

オマケ 水曜午前クラスの忘年会にお誘い頂きました。私と小原先生はご馳走になってしまいました。いつもお昼にお弁当を買っているお店だったのですが、中には初めて入りました。今年最後の授業日に皆さんと色々とお話し出来て楽しかったです。皆様ありがとうございました!


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« パティシエたちの頑張りどころ | トップ | 公開講評会スタート »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (米本です)
2021-12-21 11:00:09
こんにちは。米本です。
これを描き始めた頃、まさか年内でミオスを退会する
ことになるとは夢にも思わず、のんきにとりかかりました。
偶然にもボクシンググローブを最後に描くことができて、
本当に嬉しいです。なぜなら私の分身のようなものだから。
左側のグローブは私です。
「打ち込む!」という闘志が自分の中にあります。普段は潜んで
いるけれど、胸の奥に炎がちらつくのを感じます。
空振りに終わるかもしれない(可能性大。そしてノックダウン
される)でも、これは私です。

それなのに主役の置き方を間違えてオタオタしました。
小原先生、大竹先生、時にわかりやすい例え話で説明して
くださったり的確なアドバイスでご指導いただき本当に
有難うございました。

8年通ったミオスは毎回空気が違いました。
階段を上りながら「今日はどんなだろう?」と教室に入る
時の緊張感。周りの人達の講評が聞こえてくる時、
小原先生のユーモアあふれる表現に思わず笑ったり、
優しさに胸を打たれたことが多々ありました。
私自身、描くことの難しさに途中で放り出したくなった時、
先生の叱咤激励がいつも背中を押してくださいました。
「でもでもだって」と抵抗する私にあきれたことは何度も
おありだったはず。結局いつも、先生の確かな技術と目、
本物の力に圧倒されて納得する私は困った生徒でした。

ミオスの良さは素晴らしいテクニックだけではなく、先生の
深い愛情だと思っています。個人的につらい時期に先生から
温かく力強いお言葉を頂戴したことも忘れられません。
小原先生、長い間、本当にありがとうございました。
これからもお体をどうぞ大切になさってください。

さようなら、ミオス!
さよなら米本さん (小原)
2021-12-21 23:19:11
米本さん、最後のお手紙、しっかり受け取りました。読んでいてたくさんのことが思い出され、涙が出て来そうになりました。
ご自分のことを「困った生徒」とおっしゃっていますが、私も「強引で押しつけがましいワンマンな講師」と自覚しています。(直すつもりはないんですけど)
困った生徒×ワンマン講師の化学変化は、刺激的でしたね!きっとクラスメートの生徒さん達は、毎回ハラハラしながら我々の会話を固唾を飲んで見守っていたことでしょう。本当に本当に楽しい8年間でした。

米本さんとは、いつかお茶でも飲む機会がありそうな気がします。また噛み合わないズレを楽しみましょう!その時までどうぞお元気で!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大人 デッサン」カテゴリの最新記事