モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

魔法の力!

2019-08-09 01:43:44 | 小学生ワークショップ

大竹です。昨日のブログは魔法の光る剣と伝説の生き物のタマゴでしたが、本日は魔法シリーズ『飛行石』編です!幼少期はドラクエやゼルダといったゲームが大好きで、剣と魔法の世界に夢中になっていた私には実に羨ましい内容です。指導しながらも自分も生徒達に混ざって作りたくてウズウズしておりました。

 魔法石の祭壇は全て発泡スチール製。黒い発泡スチロールを手で荒くちぎる事で朽ちた岩肌のボロボロの質感を出し、グレーのジェッソ(モデリング出来るアクリル絵の具)をわざと雑に塗り、ジオラマ用の苔や砂をまぶしてよりリアルな造形に。石柱は五寸釘を指し祭壇に固定しています。美しい飛行石は、昨日のブログでも紹介されたおゆまるくん(お湯で柔らかくなるプラスチック粘度)製!お湯の熱さに苦戦するかな?と思いきや、案外皆平気そうにおゆまるくんをこねていました。冷えると固まってしまうので、柔らかいうち鎖に繋いだ小さな釘を三方向から刺し、石柱に繋ぎます。その後、飛行石の下から爪楊枝を刺し、飛行石が祭壇の中心に浮かぶように位置を整え支えます。そのまま鎖に瞬間接着剤を塗り、固まった後爪楊枝をひっこ抜けば空飛ぶ石の完成!祭壇の中心にはLEDが埋め込んであるので、暗い部屋でスイッチを入れれば飛行石が幻想的な光に照らされます。いやー、私も一緒に作りたかった

今回の魔法シリーズは学生ボランティアにも協力して貰いました。ワークショップは学生クラスの中高生の力で支えられています。(ノリ先生の下僕?いいえ、皆良く気の利く、優しく頼もしい先輩達です!)イベントに参加すればするほど、使える人材になっていくところが怖い位。若者は成長も吸収も早いですね。私も中学生の頃からミオスで鍛えられていたので、毎年ボランティアの学生達を見ていると、当時を思い出し懐かしい気持ちになったりしています。


コメント   この記事についてブログを書く
« 剣を彫刻 | トップ | 紙と技法の物語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小学生ワークショップ」カテゴリの最新記事