モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

色鉛筆で動物を描く方法

2015-11-10 23:11:06 | 学生

晴香 高2 色鉛筆

オバラです。学生一人に焦点を当ててピックアップするのは久し振りですが、同じ画材で同じテーマ(動物)をストイックに1年半も描き続けているので、スポットを当ててみました。他の学生が皆で日本画を描いたり油絵を描いたりしている中、どんなに誘っても「私は今はこれだけをやり続けたいんです!」と熱意を持って言い切るだけあって、妥協のない完成度の高さです!技術を向上させる為に私が言うアドバイスをまっすぐな瞳で受け止め、どん欲に知識を吸収しようとする様は尊敬に値します。自分が高2の時に美術研究所でこんな姿勢で制作していたかというと当然そんなはずもなく、もっとチャランポランで「今週末は研究所の先生(当時、大学院の学生)におねだりして、また夕飯ご馳走になろっかなー?ピザ食べたいなー♪ってか、そろそろ告っちゃおっかなー?えへへ」など煩悩を渦巻かせながら絵を描いていましたので、恥ずかしくなってしまいます。
がしかし、本来高校生なんてその位でちょうどいい!逆に真面目過ぎる晴香の方が心配!なんとか真っ当な女子高生の道に進めなくては!と心配しておりましたら、「次の絵はこれを描きたいです。」と持って来た写真が超イケメンのK-POPアイドル達の写真。なんだ、普通の女子高生だったわ、と心配は杞憂に終わったのでした。
なんだか絵とは話が逸れて来ましたが幸介先生同様、学生の紹介は小学生の頃から付き合っている彼らとの関係がどうしても文章の全面に出てしまい、絵なんて一緒に過ごす為の1アイテムに過ぎないので、作品紹介がどうしても疎かになってしまうのです。ですので、最後は晴香の文章で〆たいと思います。
「色鉛筆で動物を描くコツを教えて下さい。」
・毛並みにそって一本一本塗る(繋げて描かない?)
・色とかできるだけ写真と同じように(なるようにしている)
・毎回一番力を入れるところは目(だと思う)
・使う色鉛筆を把握しておく??(こういう色が塗りたいと思った時に適切な色を選べるように、またその色がない時は塗り重ねて色を作るので、何と何をどういう順番で混ぜるとどんな風になるというのが経験から記憶して分かっていないと、思ったような色・絵にならない…と思う。)
今描いている人たちはSEVENTEEN(セブンティーン)という13人組のK-POPアイドルです!今年5月デビューしたばかりの新人!
メンバーはエスクプス・ジョンハン・ジョシュア・ジュン・ホシ・ウォヌ・ウジ・ドギョム・ミンギュ・ディエイト・スングァン・バーノン・ディノ(ちなみに一番好きなのはホシ…キツネに似ている!!かわいくてかっこいい!!)
よく疑問に思われる「13人なのになんでSEVENTEEN…?」(デビュー前は本当に17人いたんですけど…)なのかについては、13人+3つのユニット+1つのグループ……だそうです。

晴香の次なる新作は13人を一気にご紹介しますので、皆様どうぞお楽しみに♪(動物で腕を磨いたので、驚く程似ています!)

コメント   この記事についてブログを書く
« 続きの気になる作品。 | トップ | 波のまにまに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学生」カテゴリの最新記事