モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

色の魔法

2020-10-20 22:41:37 | 大人 油絵・アクリル


秦野 アクリル  /  キャンバスボード

髪が暖かい事を実感しています、一平です!本日は水曜夜間大人クラスの秦野さんのアクリル画をご紹介します。

長閑な公園の風景です。青系の絵具をここまで沢山使っているのにもかかわらず、葉っぱがしっかりと緑に感じられますね。全体的にブルー系の色味で涼しげなトーンがとても素敵です。公園なのに人がいない、という事が公園という見慣れた風景の中で良い違和感になっていて絵の魅力の1つになっています。手前の木の葉っぱ部分の量感や、奥に続いていく木々の明暗の諧調の差が絶妙な色味のバランスで保たれています。

秦野さんの絵を見ていると、デッサンの重要さをいつも思い起こされます。絵を描かれる時ご自分で写真を撮ってくる事が多い秦野さん。今回もそうでしたが、持ってこられた写真はなんの変哲も無い普通の公園の道と緑の葉っぱが沢山生えた大きな木の写真でした。ですが明度は変えず、色味を変える事でとても魅力的な絵を作り上げました。絵を描いている方なら分かると思いますが、模写はある程度のレベルまで行けば「この色とこの色を混ぜればこの写真の色になりそう、じゃあこれを塗って」とプロセスをなんとなく想像できると思います。ところが色味を変えるというのは1から色のバランスを考え直さなければいけないのでとても難しいのです。デッサンで色があるものを白黒の紙と鉛筆だけで表現するのが難しいのと同じですね。ですがそれをマスターすれば、寒そうな部屋をまるでストーブがあるような暖かい空間にする事も可能です。それほど「色」は絵から受ける印象を操作しているのです。秦野さんはその点、絵の印象を自在に変えてしまいます。まるで魔法ですね

みなさんも秦野さんの魔法に酔いしれましょう!


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 油絵6 | トップ | 油絵7 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大人 油絵・アクリル」カテゴリの最新記事