モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

鉛筆模写と静物デッサン

2018-05-12 18:19:18 | 大人 デッサン

左 室谷 / 右 大西 

岩田です。本日は土曜日午後クラスから、鉛筆で描かれた作品2点をご紹介致します。

右手は大西さんの作品。最近建物といった人工物を中心に写真からの模写を多く制作しています。
こちらトライアンフというイギリス製のバイクですがクラシックな印象の一台です。
このオールドスタイルのモチーフを鉛筆を使って白黒の世界に落とし込もうという試みが渋くて良いなーと思うのですが、大西さん、まだお若い女性でいらっしゃいます。
ピカピカに磨かれたタンクの質感などリアルに再現されていますね。タイヤとホイールの関係性に若干怪しい部分はあるのですが、複雑に見えるエンジンも実に細部まで徹底して描かれているのです。車体のデザインと相まって、古き良き時代に撮った白黒写真のような印象を思わせる仕上がりとなりました。

左手は室谷さんの作品ですが、とにかく徹底的に描き切るスタイル。こちらもじっくり時間をかけて制作された一枚です。
一つ前のデッサンで紙風船を描いた室谷さん、その時に課題となった「シワがよった紙」の描写を今回も引継ぎ、モチーフに取り込みました。
紙風船の時は、いまいちシワを描くコツを掴み切れなかった様子でしたが、今回は確実にレベルアップしています。
ランタンのガラス部分、錆びた金属の表情も上手く捉えることが出来ました。最後の最後に描き込んだランタンと紙の設置部分が良いですね。互いの関係性をしっかり描き、説明づけることで、それぞれのモチーフの存在感をより引き出すことができるのです。

鉛筆で描くことが好きなお二人、それぞれのテーマで、これからも素晴らしい作品を描いていって下さいね!

 


コメント   この記事についてブログを書く
« キンギョ、ハコ、パプリカ... | トップ | 息抜きに工作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大人 デッサン」カテゴリの最新記事