モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

色とりどりの海鮮たち

2020-02-07 13:18:23 | 小学生 絵画

大竹です。小学生クラスの1月のカリキュラムの作品が続々と仕上がってきましたのでご紹介させて頂きます。金ぴかの色紙に割りばしペンを使いイカやタイ、エビを描いていきます!海鮮達は全て本物を用意していたので、少々生臭さもありましたがじっくりと観察しながら描けていますね!本番の色紙に描く前に別紙に鉛筆でしっかりと練習もしてあったので、迷い線もなく堂々とした構図になっています。また割りばしペンによる独特な線と小学生達の素直な絵が絶妙にマッチしていて味わい深い仕上がりとなっていますね。

着彩には透明水彩と顔彩を使いました。タイなどもただ真っ赤に塗るのではなく、腹のところは黄色っぽかったり、光が当たっている背の部分は少し明るかったりと細かい色の変化も逃さないよう指導しました。普段使う画用紙と比べると色紙はデリケートなので、筆をこするように塗るのではなく軽くつつくように塗っていきます。また、絵の具も薄く少しずつ重ねていきます。イカなんかも、みんな同じものを見て描いているのに一人一人違った雰囲気になっていて面白いですね。

ハンコも消しゴムハンコ用の少し重たく硬い消しゴムを使用して作りました。印鑑が入ると画面も引き締まりまるでプロの作品のようです…。
海鮮の次は花を同じように割りばしペンで色紙に描いきますので、そちらもお楽しみに!


コメント   この記事についてブログを書く
« 中学生男子の水彩画 | トップ | 音を封じ込める »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小学生 絵画」カテゴリの最新記事