モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

我慢の絵

2010-03-23 22:53:55 | スタッフ講師
Matuokaume松岡 『枝垂れ梅』 透明水彩

先日、上野の国立博物館で開催されていた長谷川等伯の展覧会に行ってきました。
晩年になる程、「描かずに見せる」「描いていない部分になにかあるように感じさせる」画風が強くなっていきます。
私もこれを目指し、制作する時の目標にしています。

松岡さんも、見る人や気分によって感じ方変わるように、描かない部分の空気を大切に、描いた場所も手を入れすぎず少々我慢して未完成のような完成を目指しました。
梅の花より、花びらが落ちた土に魅力を感じます。
見方によっては地面というより、池のようにも見えますね。
雨が降った後ふわっと湿った空気に交じり、散りかけた梅の香りがしてくるような気がしませんか?
落ち着いた大人の魅力が溢れています。   オバラ

コメント   この記事についてブログを書く
« 愛くるしい | トップ | 対照的な2人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スタッフ講師」カテゴリの最新記事