モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

鋭い眼光

2013-09-22 04:56:00 | 大人 油絵・アクリル
Yahagiookami矢作 油彩

親戚のところで赤ちゃんを抱いていたら筋肉痛が酷い、酒井です。鍛え方が足りないなとしみじみ感じています。さて今日は日曜クラス矢作さんの作品を紹介します。毎回意欲的に様々なモチーフに挑戦される矢作さんですが、今回は動物モチーフに初挑戦!ギロリとこちらを見上げる鋭い目つきに視線が逸らせなくなるような、リアルな狼を描いた作品です。アトリエに置いてある動物図鑑の1ページを参考にしたものなので、見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なんといってもこの毛の表現に驚きです。鼻先から頭部にかけて少しづつ違う毛の長さや、野生動物らしい少し堅そうな手触りまでとても丁寧に表現されています。鼻筋のあたりは、撫でると皮膚の下の骨の固さまで感じられそうなほど。地面の色も試行錯誤を重ねて、まるでペルシャの高級絨毯のような上品な色合いに仕上がっています。

実際の写真よりも矢作さんの作品の狼の方が心なしか優しく、聡明そうな印象をうけます。人物画は本人に似る、と言いますが、タッチには必ず自分の性格が繁栄されてしまいますから、動物も同じかもしれませんね。ちなみにこの狼、小原先生曰く「うちの犬(シベリアンハスキー)にそっくり!」だとか。私はひっそり「あらしのよるに」という絵本に登場する狼ガブを思い出していたのですが。どちらも顔に似合わず甘えたで、ちょっぴり臆病な性格です。鋭い目つきの中にほんの少しの愛嬌がある狼。矢作さんの新しい可能性を見た一枚でした!

コメント   この記事についてブログを書く
« 今、できること 明日まで | トップ | 喋り盛り達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大人 油絵・アクリル」カテゴリの最新記事