モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

I'll be back

2019-04-18 23:57:10 | 小学生 工作

聡です!今回は小学生クラスの3月の課題であるオリジナル靴作りの報告と、大学受験でミオスに来れなくなってしまうので、そのお別れの言葉を書かせていただきます。今回の始めは、先生の作ったお手本と同じように紙を切り、ボンドで貼り合わせて靴のベースの形を作りました。タコの足のように切って丸くなるように貼ったり、切り込みを入れて形を変えたり、目からウロコな工作の仕方がいくつもあって、紙の加工の仕方のレパートリーがとても増えましたね。ベースができてくるにつれて、靴の形に近づいていって、自分で履いてみたりしてみんな楽しそうでした。ベースの土台になる自分の足型を作るときはくすぐったくて楽しかったですね。足の踏みつけの強さでしぶきが舞ったりして、それぞれ個性的な足型の人もいました(笑)。靴のベースが出来たら、細かいパーツなどを貼ったり、切り込みを入れて形の微調整をして、靴の特徴を掴んで本物に近づけていく仕上げの作業です。靴のテープをつけたり、模様を切って貼ったりしていきました。その上から絵の具で色と細かい模様を描いて完成です!

僕は3月いっぱいでミオスから去ってしまったので、みんなの靴が完成したのをほとんど見ていないのですが、途中でもすでに靴そのものだったので、きっと素晴らしい作品が出来上がってることでしょう!普段の絵画制作とは違い、実際に使っている道具を作ると言うのは、とても難易度の高いことで、普段より達成感があったのではないでしょうか。実際の物を見て、コピーするのは絵を描くことも同じなので、ペーパークラフトの技術が身についただけでなく、普段の絵画制作にも変化があると思います!

さて私、高木聡はアトリエ・ミオスを長期でお休みさせていただきます。高校3年生になり、受験に本腰を入れるためです。私が受ける大学は東京藝大一本!落ちたらもう一年!そんな茨の道でパワーアップしてミオスに舞い戻ってきます!それまで僕のことを憶えていてください(笑)。

小学生クラスの皆さん、保護者の方々、僕が生徒として通っていたクラスの方々、アトリエ・ミオスの関係者の皆様、一年間ほんとうにお世話になりました!ありがとうございました!この一年色々なことがミオスで学べました。これからももっと勉強していきたいと思います。それではしばらく、さようなら!


コメント   この記事についてブログを書く
« 鏡がくれたモーメント | トップ | 靴屋ミオス! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小学生 工作」カテゴリの最新記事