モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

クレヨン名画美術館

2019-04-12 18:28:04 | 小学生 絵画

春休みワークショップや遠足など、イベントが続き2月の小学生クラスのカリキュラム『ベニヤ板に描く・クレヨン名画模写』のご紹介が全くできていませんでした。大変な力作揃いなので、今更ですがご紹介します。(年長児のクレヨン画2枚のみ、すでにアップしてあります。こちら
クレヨン名画模写は1,2年生のカリキュラムで、5,6年生は鉛筆デッサン写真模写、3,4年生はどちらを選んでもOKだったのですが、ほとんどの3,4年生は背伸びして『鉛筆デッサン写真模写』を選んだので、今日ご紹介している作品はほぼ1,2年生の制作した絵です。

何百枚と用意された浮世絵や洋画の中から描きたい一枚を選び、ベニヤ板に鉛筆で下書きをしていきます。塗り絵の線のように書き写したらいよいよクレヨンで塗っていきます。
油彩などの複雑に色が重なっている部分を再現する為に、例えば空は青だけではなく、水色やグレー、白など様々な色を重ねて塗るように指導しました。絵の具のように混色して別の色を作れなくても、上から色を塗り重ねることでクレヨン独特の混色が出来上がります。また、重ねた後は指やティシュで擦ると、より色が混ざってやわらかい表情にすることが出来ます。
12色のクレヨンセットでも、ここまで沢山の色を作り出すことができるんですよ。中にはクレヨン丸々一本がすり減って無くなってしまうほど描き込んだ子もいました。(描くというより、もはや練り込むに近い)
また、元々ベニヤ板の木目の色が下地としてあるので、白い紙に描くのとはまた違った雰囲気が出ていますね。クレヨンで描く際、白い紙だけではなく赤や黄色といった色画用紙などに描いてみるのも面白いですよ!


コメント   この記事についてブログを書く
« 球ワークショップ | トップ | 色同士の響き合いを楽しむ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小学生 絵画」カテゴリの最新記事