モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

ひとつの枠には納まりようもない。

2020-10-10 23:48:49 | 大人 油絵・アクリル


河内 油彩

肌寒さも時に感じるこの頃、皆さん元気でお過ごしでしょうか。岩田です。

本日は、土曜午前クラスの河内さんの作品をご紹介します。
これまでも多様なものを様々な画材で描かれていますが、こちらの2点の油彩は基本的に風景を描いたものになります。
とはいえ、アプローチの仕方は両者全く違うもので、左手の作品はご自身が撮影された身近な日常の場所を題材として選ばれました。

色々な日用品や鉢植などが雑多に置かれた空間。こうした昭和の雰囲気を残した風景は、私が住んでいる都心から少し離れた地域では今でも時々目にしますが、開発がまっしぐらに進んでいるようなところでは、どんどん見ることが出来なくなっていますね。
こちらの絵もそうした生活感が漂っていて、人間臭さが感じ取られます。だけどもそれらをとても美しい色合いで、尚且つ温かい目線で捉えているところが河内さんならではです。

うって変わって右手の作品は、アメリカのアンテロープキャニオン、長年による水の浸食で、砂岩が様々な形状に変化した場所。そんな画像を題材に、抽象的な作品を制作しようというのがこの作品のコンセプト。
中々落としどころが難しい取り組みですが、結果的にとても面白い画面になりました。岩場を描写しているような雰囲気を残しつつ、様々な色を用いた実験的取り組みといえます。

ひとつの枠には到底納まりきれない河内さんの取り組み。これからも楽しみにしています。

 
アンテロープキャニオンは柔らかい砂岩を深く侵食して出来た、洞窟・穴のような渓谷。一番の見どころは太陽の光でできた"ビーム"とのこと。朝3時頃に出発してひたすらバスに揺られ、ようやく見られる幻想的なツアーだそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加