モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

澄んだ空気感

2020-01-21 21:42:29 | 大人 油絵・アクリル


菅原 油彩

寒すぎて朝早くに起きてしまいます、一平です!本日はチケットの菅原さんの油彩をご紹介します。

場所は菅原さんの地元の山形県の湯野浜海岸と鳥海山だそうです。手前の波、真ん中の建物、そして奥の山の奥行きの澄んだ空気感の表現が、わざとらしくなく自然に目に入ってきてとても素晴らしいです!立体感を失いがちな波の表現もハイライトを上手く駆使して手前でも見劣りしないクオリティになっています。空気遠近法を駆使した奥の山も、海・空の青同系色に溶け込みながらここまで自然に見えるのに、存在感が薄いわけではない、絶妙な表現です。

中央の建物群の中には菅原さんのご実家も隠れているそうです。見慣れた風景なので少しの違いですぐ違和感が生まれてしまうのを丁寧に修正されていました。
僕はまだ菅原さんと出会って1年経っていないくらいですが菅原さんはとても安定している、という印象があります。どんな題材に対しても「うーん、どう描こうかな〜?」とゆったり考えて、きっちりとクオリティを出してくれます。
提出期限なんてものはもちろんアトリエには存在しませんが、なんとなく菅原さん自身で期限を設定し、そこに向かって丁寧にやっているような、しっかりとプロセスを積み上げていく絵を描く方だなぁと感じます。
そしてちなみに菅原さんは昨年の展覧会でパンダとレッサーパンダを色鉛筆で描き、子供たちの票を大量にゲットしてお手紙ランキングで見事二位を獲得したミオスの猛者です!あんなに繊細な色鉛筆の使い方や、この絵のような澄んだ空気感を油彩で魅せてくださったりと、今後の菅原さんの表現の幅が広がっていくのが楽しみで仕方ありません!

皆さんも普段慣れた道具から使ってみたことがない道具を使ってみると新しい発見がたくさんあるのでは、と思います!

コメント