モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

出品表の表紙

2019-10-15 23:37:39 | 展覧会

学生クラスの真彩(高1)です。今回の展覧会で、出品表を25周年記念誌にするとのことで、表紙を依頼され描きました。
絵のコンセプトとしては、幸介先生が作った、小学生が遠足の時に付ける缶バッチ『醜いアヒルの子 - 君たちの未来に期待を込めて』をベースに、それが成長してこうなったっていう感じにしたいなと思ってイメージを重ねていきました。
人物は見る人が其々想像を膨らませられるようにジェンダーレス風(女子っぽいけど)にして個人を特定しない為、顔を敢えて描きませんでした。それによりエモさというか、ちょっとお洒落感が出て仕上がり的にも満足してます。

え?将来の夢も書くの?えー、あまり大きな声で言えませんが、某国立美術大学の教授になりたいです。最終的にはですが。

アトリエの気に入っているところは、平たく言えば色んな人がいるところかな?
人生においてあまり会わないであろうレアな人種が色々いて楽しいです。自分は結構「変ってる」と言われる事が多いのですが、ここにくると「あれ?そうでもないか」って思います。

ここには書ききれないけどアトリエでは面白い事が、とにかく沢山あります。
私が小学生からいるからかもしれないけど、先生達が友達というか、めっちゃ仲良い先輩みたいな感じで、アットホームな雰囲気なところも魅力です。

コメント