モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

小学生の油絵ワークショップ報告第一弾

2019-09-10 23:37:53 | 小学生 イベント

オバラです。夏休みワークショップの中で一番人気だった小学生対象の油絵講座。普段アトリエに通っている生徒達と合わせると、なんと140人もの小学生が夏休み中に油絵を描きました!
油絵は1日では完成しませんので、3~5日掛けて制作します。間を取って4日×140人=560!夏休みの間だけで、560人の子どもと油絵を描いていた訳です!ゼーゼーです。
いくら油絵科出身でも、これはなかなかハードワークでございました。(7月後半から8月に自分の個展なんてやってしまったもので、ますます首を絞めた感じ。)
しかしいつものことながら、この素晴らしい完成作品を見ると、疲れも吹き飛んでしまうんですけど…。

夏休み中は美術系高校に通う高校生や、美大進学予定の学生に、毎日手伝いに来てもらいました。学生クラスでは大変厳しく躾けていますので、これがまぁ良く働くんです。しかも私に鍛えられているのが慣れっこになり過ぎ、小学生にも微妙に厳しいw
その甲斐あってのクオリティーに仕上がりました!学生達に紹介してもらいます。
はじめまして!今年の春頃から主に月曜と水曜小学生クラスをお手伝いさせて頂いています、高1のマユカです。ミオスには美術系高校受験を意識し始めた中学2年生の頃から学生クラスに通っています。これからどうぞよろしくお願いします!

さて今回は油絵についてお話させて頂きます。
油絵といえば昔の有名な絵画に使われているように長持ちし、厚塗りによって重厚感のある絵が描けるイメージがあります。が、油絵の具は乾きにくく、一週間たっても手に絵の具がついてしまいます。また、油なので洗濯しても落ちにくい……。
作品を作っていく過程で服や靴下を油絵の具で汚してしまっている子や、顔にべったり絵の具がついてしまった子もいたり……。帰ってきた我が子を見て驚いた親御さんも多いのではないでしょうか。
しかし、いっぱい汚れて頑張って描いた作品はどれも重厚感があり、明るめの色彩で子どもらしさを出したとても素敵なものになりました!
子どもたちが次々とキャンバスに色をのせていくのを見て「小学生でもこんなに描けちゃうんだ…すごいなぁ…」と終始驚いていました。私が子どもたちに教えることよりも、子どもたちに教わることのほうが多かった気もします。
これからまた油絵を描く機会があったら、今回大変だったことや楽しかったことを思い出してランクアップした絵を描いていってくれたら嬉しいな、と思います。

コメント