モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

おやこ・夏のワークショップ 8月

2019-09-05 22:41:03 | 親子

先週木曜の記事に続いて、親子クラスより8月に行われた夏のワークショップの様子をお伝えします。最初の写真は、827日『Tシャツ作りと洗濯ごっこ』です。まず最初の制作として、画用紙で作った白いTシャツにクレヨンで模様を描きました。ストライプ模様や顔が描いてあるTシャツなど、可愛いデザインのTシャツができました。そしてズボンと靴下、こちらもまた違ったデザインを描いている間に、誰の洋服にしたいか具体的なお話も広がってきました。オリジナルの洋服が出来たところで、お待ちかねの「洗濯ごっこ」遊びの時間です。このワークショップの為に事前に作っておいた洗濯機が登場~!!最近はドラム式洗濯機も増えてきてますが、縦型洗濯機のご家庭もあると思うので、2種類作ってみました!この洗濯機、親子クラスの授業で大活躍なのはもちろんのこと、他のクラスでも好評を頂いたり、先日ミオスに新しいクーラーを取り付けに来た電気屋さんにもお褒めの言葉を頂き嬉しいです!

ごっこ遊びは、23歳頃から始まり、幼稚園児ではピークを迎える頃ではないでしょうか?おままごと等の「お世話遊び」は、お母さんの家での様子を観察記憶したり、お手伝いの経験をごっこ遊びの時に思い出しています。参加してくれたお子さんは、普段から洗濯お手伝いをしているようで、段取りがよく分かってましたね~。洋服を洗濯機に入れたり、洗濯ばさみに挟んで干したり、リアルなごっこ遊びが展開されました。

次の写真は、820日『段ボール秘密基地』です。毎年変わらず、ワークショップの中で一番人気!大小沢山の段ボールを使い、高い塔のある基地にしたり、トンネルを作ったり、教室の端から端まで巨大基地ができました。トンネル作りには、大量の段ボールが必要なので、段ボールを押さえる人、テープを貼り繋げる人、みんなの力が必要です。こども10+お母さん達が協力して作り上げた基地は、出来たときに達成感があります。この基地は、ジャングルの中にある設定で制作しましたが、壁面をダイナミックにカラフルペイントしたので、かなり派手で目立ちますね。最後はトンネルや基地の中を探検して遊び!狭い空間はこども達にとって特別な場所のようで、探検ごっこは楽しすぎてエンドレス~!

最後の写真は、86日『粘土で作る海底お城』です。「海底にあるお城には誰が住んでいるのかな?」「どんな形の窓にしたい?」といった、お母さんからの問いかけによって、こども達の発想はどんどん広がっていきます。お城建設の構想がとてもユニークで、そのアイデアに関心してしまいました!!材料は、白粘土(好きな色の絵の具を混ぜる)・カラー粘土・貝殻・ビー玉、全員同じ種類と個数を使っていても、出来上がった作品は写真のように、実に個性的ですよね!

来週から通常授業になり、少人数でスタートします。これから始めようかなとお考えの方には、丁度良いタイミングだと思いますので、ご興味があればぜひお問い合わせ下さい。(Eri Ito)

<今後の予定> 9/10 9/24 10/8 10/22 11/12 11/26 12/3 12/17

コメント