モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

小学生対象ワークショップ

2018-02-16 23:26:24 | 小学生ワークショップ

木曜小学生クラス担当の杉本です!
先週田中先生が春休みワークショップのチラシを載せていましたが、今日は多摩美グラフィックデザイン科に所属している私が考案した、小学生対象のワークショップについてご紹介させて頂きます。
イベントの内容は、「目指せ売れっ子デザイナー!」ということで、お菓子のパッケージをデザインする企画を提案しました!
小学校の図工ではデザインの授業はないので(文化庁では中学校美術でデザインを教えることになっています)、ミオスでちょっと先取りして、デザインって何?というところを小学生に少しでも理解してもらえたらいいなと思います!

そのイベントのサンプルとして1つ自分が食べたいな~と思うお菓子を考えてパッケージを作ってみました。
その名も『ガンバレモン!』笑。
やる気が出ないとき、一粒食べたら気合が入るような、もうひと頑張り出来るような気持ちになるお菓子があったらいいな~と思い、”食べたら頑張れるお菓子”をテーマ(コンセプト)に考えました。

・ターゲットは小学生(子どもは辛いものはダメでも、グミなど酸っぱいもの、大好きですよね!)
・疲労回復に有効なレモン(クエン酸)を使用
・酸っぱく爽やかな味が伝わる色味
・人を応援するお菓子だから、チアガールのキャラクターを使用
・なるべく漢字は使わず、小学生にわかってもらえるようにする
・お菓子の写真や断面図を用いて商品の説明
・縦置き、横置きのどちらでも、商品名と会社名(自分の名前)がしっかりわかるように

などを考えながら、パッケージを作っていきました。
私たちが毎日必ず見るお菓子やジュース、着ている洋服、またテレビのCM、はたまたゴミだと思っているチラシなどなど、それは全てデザイナーというプロが死ぬほど考えて考えて考えぬいた上で作られているという事を知ってもらいたい!
その工夫を知るだけで、今までより物を大事に使うようになったり、ものの見方がいつもと少し変わって見えるようになったり、何よりそのプロのこだわりに感動します。小学生には少し背伸びした課題ですが、自由に楽しく考えて、新しいお菓子を発明してもらいたいです!

日 程:3月29日(木)、30日(金)
時 間:13:00-14:30
対 象:小学生(新1年生可。教室が狭い為、保護者の参観は出来ません。)
参加費:2,300円 
持 物: 作品を持ち帰る為のマチのある紙袋

❶事前にメールで、①ご受講希望日・希望講座名 ②氏名と学年(年齢) ③住所 ④電話番号をご連絡ください。タイトルは『春休みワークショップ申込』と記入下さい。定員がございますので、参加可能かどうかを返信いたします。

❷こちらからの返信後1週間以内に、下記の振込先にお子様の名前で参加費をご入金ください。ご入金確認後正式申し込みとなります。

振込先: 三井住友銀行 元住吉支店 普通口座 0609714 名義「小原京美」
※銀行の“振込み控え明細票”を受領書とさせて頂きますので、当日まで大切に保管ください。

(ご注意)
振込み手数料は、お客様のご負担でお願いします。
お振込みが1週間以内に確認できない場合、申し込みをキャンセルされたとみなします。
『講座開催日程10日前を過ぎてからのキャンセルは返金できません。日程変更も致しかねます。
※キャンセル返金はご指定の口座に、振込み手数料を抜いた金額で振込ませて頂きます。

コメント