モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

講師のハロウィン!

2015-10-31 23:33:27 | スタッフ講師
オバラです!さて本日10月31日、ハロウィン当日は久々のスタッフ紹介といきましょう!



写真左上「月曜クラス担当」 ゾンビメイクをやらせたら右に出る者はいません。幸介先生の手に掛かると、ニュータイプのゾンビが続々出現してしまいます。ホチキスの縫い目は、なんとキッチン用のアルミテープ!アイデアマン!
子どもを楽しませるにはどうしたらいいか?簡単です。子どもより先に本気で楽しめばいいのです。人生を楽しむことに全力を尽くし、遊ぶ金を生み出す為に馬車馬の如く働く男・田中幸介!んーでもさ、タトゥーどこにも入ってないよー?

上段中央「木曜クラス担当」 なによ自分だけエスメラルダって?ズルくない?・カラコン(あんまり写ってないけど)菅原佳絵!というやっかみを言いたくなりますが、かわいいから許す。私も首筋に描きましたが、鎖骨の凹凸など自分で描くのは至難の業。見えない部分を勘で繋げないといけないのと、キャンバス(ボディ)が動かせないので手がなかなか届かないんです。ここまで描いたことを褒めたいと思います!しかもタトゥーが似合うのはジプシー=エスメラルダと考えて、衣装を徹夜で手作りする頑張りよう。素晴らしい!

上段右「火曜クラス担当」 頭の手書きハーケンクロイツ(鉤十字)は、いつの間に着けていたの?私、授業中は全く気付いておらず、写真を編集していて初めて気付きました。真っ向からの洗脳ならまだしも、さりげない刷り込み効果で子ども達をダークサイドに導くとは恐ろしい悪魔だ・南澤孝見!
まぁそれはさておき、機械化された腕のタトゥーのクオリティーは流石芸大出!「70年代風になってしまった!」と嘆いていましたが、子ども達からは「僕にも機械の体を描いて!」と大評判♪

下段左「水曜クラス担当」 水曜のみ幼児クラス終了15分後に小学生クラスが始まる時間設定から、幼児クラスの前に描く事しかできず、ここまでのペイントしかできませんでした。親子クラスでおばけの絵本ですら泣かれた為、幼児クラスの授業が滞りなくできるように、二人共ビビッて及び腰のタトゥー。
やったもん勝ち・突っ走るタイプの人間が多いミオススタッフの中で重要な位置にいる、真面目で常識的なブレーキ人間。授業崩壊を止められるのは君たちだけだ!頼んだぞ・磯辺弥月!伊藤絵里!

下段中央「木曜クラス担当」 私が教室で写真を撮り忘れ一人だけファミレスのアホ面写真・お手伝いの北野一平!(高校1年生)。「俺のだけこんな顔イヤだ!アップしなくていい!」とほざきましたが、この角度で骸骨を描くのがどれだけ難易度が高いかわかりますか?見る人の視線を考えてデザインしたのは彼だけですし、デッサン力の高さが証明されるタトゥーであります!
小学生に「一平先輩、使えねー!クビ!」と馬鹿にされていますが、今回のタトゥーで名誉挽回できたでしょう。まぁ確かに裁縫は使えないけどね。

下段右「全曜日担当」 悪魔のイメージのつもりが、ヤンキーっぽく見えるのはなぜ?見せびらかすつもりで家からこのメイクで商店街を闊歩したのに、誰も目を合わせてくれないどころか、みんな道を開けてくれました。
タトゥーを綺麗に入れる為、眉毛まで剃って挑みましたが、メイクを落とした現在はただの眉毛のない人(しかも腕のタトゥーはもったいないので保存中)=つまり本当のヤンキーに!?後先考えない代表・小原京美!

以上、本日は小学生クラス担当のスタッフのみ紹介させて頂きました。
コメント