モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

夢中になっているのは誰?

2010-12-02 22:41:00 | スタッフ講師
2010_12_2

すっかり雪景色になったクリスマスツリー。
こちらの作品は、2・3歳児とお母さんがペアで参加する親子クラスで作りました。

土台となっているツリーは粘土です。
粘土は、叩いて平らにしたり、つまみ出したり、丸めたり、くつけたり、容易に形に変えられるので、未就園児にも扱いやすい素材です。(油粘土は、少々固いのでもう少し大きくなってから使ってね。やわらかい粘土を選べば、できないストレスがなくて良いです!)
いつも粘土を使う時は、机に力いっぱい粘土を叩きつけるアクションから始まります。(アトリエ下のカレー屋さんに響きそうなかなりの音です・・・)アトリエに来るのが始めてでちょっぴり緊張気味の2.3歳児もこれで一気に気持ちが上がり楽しくスタートできます!

そして机にはたくさんの木の実をずらっ~と並べて、作品に使いたい素材をバイキング形式で親子でチョイス!!
松ぼっくりのような大きなものからどんぐりのような小さな木の実があり、ツリー全体の飾り付けをママと一緒に相談しながら仕上げていきました。

この日は、こども達も時間ギリギリまで制作に没頭していましたが、どちらかというとママの方が夢中!
「あと10分で終わりですよ~」という私の声も耳に入らない様子のママ達・・・・。

最後には、雪合戦の雪の玉サイズの丸い紙粘土を小原先生が用意してくれて、みんなの手のひらに雪をプレゼント。ツリーやまわりに雪を降らせて、素敵なホワイトクリスマスに完成しました。

20101130

おまけ
毎回授業の始まりと時間があれば終わりに絵本タイムがあります。
その日の制作イメージにつながる絵本をセレクトして読んでいますが、毎回お母様方からもご好評いただいています。

そして、お知らせ
毎年各クラスで、1年最後の授業でクリスマスケーキを作りますが、今年は親子クラスでもやりますよ!
12月14日(火)です。通常の定員より枠を多くしましたので、ぜひご参加くださいね!
親子クラスのお申し込みは、12月7日までです。

伊藤







コメント