goo

シジュウカラが家のポストに卵を…⁈

そういえば……
今思えば、裏のポスト辺りに時々鳥の羽の音が聞こえました…

毎日手紙や新聞が出入りするこのポストに、ある日獣毛やら苔やらがタップリと入っていて、正直気味悪がっていた私……
このポストを私は滅多に開けず、主に義母が覗くくらい。
そして、先日義父が『こりゃなんだ?』と言うので、
昼間あらためて覗くと…
な~んと

そこには小さな小さな卵が3つ

もう、可愛くて愛しくて
調べたら獣毛と苔で作る、正にシジュウカラの巣と卵でした
おそらく、この重い蓋の隙間から出入りしたのでしょうね

でも、季節はもう6月も半ばを過ぎ、
孵化の時期はとっくに過ぎてしまっています
途中で危険を感じた親鳥が、巣を放棄したのかもしれません…
来年は安全なところに巣箱を設置してあげようと、
残された3つの卵に誓いました…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アトリエミチコのお庭は花盛り!

義父とコラボの薔薇のアーチが

今年も窮屈そうに満開になりました

なにせ、4種類の薔薇がひしめき合っています

その中でも女性に大人気の「ピエールドゥロンサール」は私も大好き

そして、通り沿いの花壇にはミニ薔薇です

孫が大好きな「才君の小道」

そこに、小さな花壇「才君のお花畑」

以上

アトリエミチコのマイガーデンでした

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春の嵐がつれてきた春

それにしても大変な風でした

アトリエミチコは

まるで紗がかかっているようになってしまい

お掃除が大変でした

さて、

そんな春の嵐は

たちまちマイガーデンの蕾たちを揺り起こしました

一気に 咲き始めたお花たちです

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年のクリスマスツリーは~~☆彡☆彡

毎年 本当に よくぞ新しいツリーが出現するものですね~~~

今年は、今まであるようでいてなかった

こんなツリー

オーナメントは白いどんぐりさんでおしゃれな感じですが・・

実はこのツリー 平べったいんですよ

幅の狭いコーナーや

下駄箱の上でも

ステキにおしゃれに 演出できちゃいます

流石は

われらのレケットさんでした~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小さな日本庭園~

コンコンコンコン庭石を削って作った蹲(つくばい)に

レケットさんで注文したカケヒが届きました

これでやっと小さな日本庭園が完成です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

収穫・・・ピーマン♪

今年初めての収穫は

大きな大きなピーマン

気づくと家の周りは緑でいっぱい

家の裏ではこんなにバラが咲いていました

さてと、今日のランチは・・・

採りたてピーマンの天ぷらです~~~

 

 

Atelier-Michiko ホームページをご覧ください。

アトリエ・ミチコでは楽しいオランダフォークアートの作品を紹介しています。

ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

また、自宅教室では生徒さん募集中です。

どなたでも、いつでもお気軽にお問合せ下さいませ。

お問い合わせはこちらまで

info@atelier-michiko.velvet.jp

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アーチに咲く3種類の薔薇 (#^.^#)

我が家の庭を

アトリエミチコのマイガーデンと呼んでいます

・・・が

実は義父もお花が大好きです

ですから、義父と私が競って薔薇のお手入れをしていたら・・・・

 

ついに今年は1つのアーチに3種類の薔薇が咲き始めてしまいました

レケットさぁん 助けてください~~

 ついでに

私の部屋の白い家具にもお花が咲きました~~

 

Atelier-Michiko ホームページをご覧ください。

アトリエ・ミチコでは楽しいオランダフォークアートの作品を紹介しています。

ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

また、自宅教室では生徒さん募集中です。

どなたでも、いつでもお気軽にお問合せ下さいませ。

お問い合わせはこちらまで

info@atelier-michiko.velvet.jp

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

緑の夏リースアレンジメント

夏のアレンジメントです

今回はポットのグリーンをリースに仕立てました

涼しげな緑の夏リースです  

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青空に生えるクレマチス

強い日差しで瞳まで焼けてしまいそう

今日もなんて暑い日なんでしょう!

太陽がどんなつもりでいるのかと手をかざして見上げると

そこには、そんな太陽に感謝しているかの如く

上へ上へと伸びていく喜びに満ち溢れた紫のクレマチスが

目に飛び込んできました

白いガゼボのてっぺんで

それでももっと高いところに行きたいの?

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )