アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

風景画追試その14

2016-10-08 12:26:57 | 絵画制作記
 今週は暑い日が続いたので、P12号とP8号、ともに画面が乾いているので描くことにしました(本当は来週月曜の予定だったけどね)。

 写真を見てわかる通り、今日は当たり線をつけただけです。もっと細かく当たりをつけようと思ったのですが、元の絵を画集で見てみると、そんなに当たり線を入れるような絵ではない、つまり筆致で描かれている(輪郭線がかっちりとある絵ではない)ので、止めにしました。もっともこれが新規カンバスで鉛筆で下描きできるなら、細かく描きいれるんですが。

 筆致で描かれているので模写しづらいかもしれませんね。まあ今回の2枚はある程度好き勝手、つまり自由に描いてしまおう、というわけですから気楽ですが。

 写真を見て、この程度ならもっと続けて描けるのに、と疑問に思う人もいるでしょうが、模写に限らず私はいつも、ここでいったん止めて間を空けることにしています。もちろん今日描いた線が乾くのを待つということはありますが、溶き油はテレピンしか使っていないので、おそらく2、3時間もあれば乾いてしまうのでしょう。

 しかしここで数日空けることで、すっかり忘れることができるので、次回の制作時にまっさらな状態で臨め、当たり線のずれや間違いに気づいたり、模写するのに何かうまい着想を得たりすることができます。

 さて、次回は来週の木曜を予定していますが、まだちょっとわかりません。ひょっとしたら再来週の月曜になってしまうかもしれません。いずれにせよ特に急ぐ必要がないので、慌てずに進めていきたいと思っています。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲み終わったグラスの氷がも... | トップ | 第4技法テスト(油絵最終テ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

絵画制作記」カテゴリの最新記事